詳細検索はこちら

島田 賢一 シマダ ケンイチ

所属部署名形成外科学
職名教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    形成外科学

専門分野

  • 外科学一般
    形成外科

学歴

  • 富山医科薬科大学 医学部 医学科

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

  • - 2015年日本形成外科学会 社会保険委員会委員
  • - 2015年日本形成外科学会 評議員

研究活動情報

論文

  • 人工真皮と陰圧閉鎖療法を用いた皮膚・皮下組織欠損の治療島田賢一形成外科58:1333-13422015年12月
  • Correction of late posttraumatic enophthalmos using an antral balloonM.Yamashita, H.Daizo, A.Yamashita, M.Kishibe, K.ShimadaThe Journal of Craniofacial Surgery26:1365-13692015年06月
  • トシル酸スプラタストとインドメタシンファルネシル内服併用を試みた木村病の1例(阿部真也), 牛上 敢, 西部明子, 望月 隆, 上村百合, 島田賢一皮膚科の臨床57:439-4432015年04月
  • われわれの工夫! 手指手術における改良型鉛の手(seven fingers hand)の使用経験島田賢一形成外科58:312-3182015年03月
  • 特殊体位手術用高反発ウレタンフォームマットレスの褥瘡予防の評価熊谷あゆ美, 平内美雪, 松井優子, 紺家千津子, 島田賢一, 川上重彦, 須釜淳子日本褥瘡学会誌17:1-92015年02月
  • One-piece bone flap osteotomy using thread wire saw for fronto-orbital advancement with distraction osteogenesis in craniosynostosisM.Yamashita, T.Akai, M.Kishibe, K.ShimadaChild's Nervous System31:279-2832015年02月
  • 【陰圧閉鎖療法の理論と実際】 陰圧をかけるシステムの比較(V.A.C.、RENASYS、PICO、SNaP)島田賢一Pepars97:20-282015年01月
  • Incidence of lower eyelid complications after a transconjunctival approach: influence of repeated incisions.M.Yamashita, M.Kishibe, K.ShimadaThe Journal of craniofacial surgery.25:1183-11862014年07月
  • 眼窩底線状骨折の手術適応西尾明子, 山下昌信, 島田賢一日本頭蓋顎顔面外科学会誌30:27-352014年03月
  • プラスチック押出成形機による足部熱傷圧挫創の1例小室明人, 土井悠人, 島田賢一日本熱傷学会機関誌40:51-582014年03月
  • Repair of orbital fracture:the antral balloon with implantable reservoir techniqueM.Yamashita, A.Nishio, H.Daizo, M.Kishibe, K.ShimadaThe Journal of craniofacial surgery.25:554-5562014年03月
  • Three-dimensional computed tomography venography as a guide for cranioplasty in parietal cephaloceleM.Yamashita, H.Daizo, K.ShimadaThe Journal of craniofacial surgery.25:224-2252014年01月
  • Intraoperative acquired pressure ulcer on lower lip: a complication of rhinoplastyM.Yamashita, A.Nishio, H.Daizo, M.Kishibe, K.ShimadaThe Journal of craniofacial surgery.25:e3-e42014年01月
  • 局所陰圧閉鎖療法-私の工夫-外傷性四肢皮膚欠損創に対する陰圧閉鎖療法の応用島田賢一形成外科56:1161-11712013年10月
  • 頭蓋骨外板移植の適応と合併症の検討山下昌信, 島田賢一形成外科56:967-9742013年09月
  • Spreader graft が著効した鼻閉を伴う外鼻変形の1例山下昌信, 島田賢一形成外科56:661-6652013年06月
  • 左足に生じた true prehallux 様先天異常の1例西尾明子, 島田賢一, 山下昌信, 吉田智賀子, 川上重彦, 中田聡子, 湊  宏形成外科56:541-5452013年05月
  • Nipple- or skin-sparing mastectomy and immediate breast reconstraction by the moving window" operation"Y.Ohno, M.Noguchi, M.Yokoi-Noguchi, Y.Nakano, K.Shimada, Y.Yamamoto, S.KawakamiBreast cancer (Tokyo, Japan)20:54-612013年01月
  • Bacillus cereusによって壊死性軟部組織感染症を生じた右手不完全切断の1例柳下幹男, 門平充弘, 森田礼時, 岸邊美幸, 島田賢一, 川上重彦形成外科54:1179-11852011年11月
  • 顔面除皺術 2)眼瞼除皺術 ①上眼瞼の除皺術島田賢一, 川上重彦形成外科54:S177-S1832011年10月
  • 特集/下肢組織欠損の修復 皮膚・皮下悪性腫瘍切除後の修復―人工真皮と陰圧閉鎖療法を用いた再建―島田賢一PEPARS57:1-72011年09月
  • 腱鞘滑膜炎術後に伸筋腱皮下断裂を来たした1例宮永 亨, 島田賢一, 山下昌信形成外科54:935-9402011年08月
  • 重度外傷の初期治療島田賢一, 川上重彦形成外科54:743-7532011年07月
  • 症例 特異な形態を呈した小指多指症の1例土井悠人, 島田賢一, 置塩良政形成外科54:201-2052011年02月
  • 正中頸嚢胞との鑑別が困難であった皮様嚢腫の1例田口久雄, 山元康徳, 島田賢一, 川上重彦形成外科54:85-892011年01月
  • 形成外科の治療指針update2010 Ⅴ四肢の疾患 34. 外反母趾島田賢一形成外科53 : S191-1922010年10月
  • Ⅴ四肢の疾患 1.母指多指症島田賢一形成外科53:S152-S1532010年10月
  • V.A.C.(R)システムを用いた創傷の治療島田賢一, 川上重彦形成外科53:257-2672010年03月
  • 有利植皮術のコツとupdate -含皮下血管網遊離全層植皮-島田賢一, 川上重彦PEPARS34:7-142009年10月
  • 熱傷創より感染したガス壊疽の1例桜井梨江, 島田賢一, 川上重彦, 山本正樹日本熱傷学会機関誌35:46-512009年03月
  • 褥瘡手術治療の適応と皮弁の選択 大転子部、腸骨部に対する術式の選択島田賢一, 川上重彦形成外科51:1153-11612008年10月
  • 創傷外科における新しいアプローチ 4.細胞増殖因子による創傷治療島田賢一, 川上重彦, 小室明人形成外科51:S2367-S2722008年10月
  • 褥瘡治療の実際 急性期褥瘡の治療川上重彦, 島田賢一モダンフィジシャン28:506-5072008年04月
  • 熱傷創より感染したガス壊疽の1例櫻井 梨江, 島田 賢一, 川上 重彦, 山本 正樹日本熱傷学会機関誌35:32-372008年01月
  • Treatment for chronic abscess after cranioplasty: reconstruction of dura maters using the anterolateral tight flap with fascia lataK.Shimada, N.Ishikura, T.Heshiki, S.KawakamiThe Journal of craniofacial surgery.18:1305-13082007年11月
  • 間葉系腫瘍(脂肪,繊維,筋肉):隆起性皮膚線維肉腫,血管肉腫,脂肪肉腫,悪性線維性組織球腫島田賢一, 川上重彦形成外科50:1153-11642007年10月
  • Facial protection masks after fracture treatment of the nasal bone to prevent re-injury in contact sportsR.Morita, K.Shimada, S.KawakamiThe Journal of craniofacial surgery.18:143-1452007年10月
  • 手部熱傷の標準的手術法川上重彦, 島田賢一形成外科50:S129-1352007年06月
  • 壊死組織除去に関する新知見 (特集 創傷管理の新知見(Ⅱ))川上重彦, 岸邊美幸, 島田賢一形成外科50:619-6262007年06月
  • 側頭部の膨隆を主訴として受診した非ホジキンリンパ腫の2例氷見祐二, 山下昌信, 島田賢一, 川上重彦日本形成外科学会会誌27:386-3892007年05月
  • Facial protection masks after fracture treatment of the nasal bone to prevent re-injury in contact sports.Reiji Morita, Kenichi Shimada, Shigehiko KawakamiJ Craniofac SurgJan;18(1):143-52007年01月
  • Ⅲ四肢 2.損傷部位・形態からみた処置法 2)指腹・手掌の切創,鋸創,刺創島田賢一, 川上重彦形成外科49:S137-S1422006年08月
  • 分層採皮創に対するハイドロゲル型創傷被覆材(ビューゲルR)とポリウレタンフィルム材(カテリープR)の併用効果山元康徳, 川上重彦, 岸邊美幸, 島田賢一新薬と臨床55:967-9762006年06月
  • Ⅱ各論 非手術治療 3.ケミカルピーリング2)レチノイン酸島田賢一, 川上重彦形成外科48(増刊):S79-S832005年10月
  • テレビ番組で紹介された脱毛ローション作製中の熱傷例山元康徳, 島田賢一, 石倉直敬, 川上重彦日本熱傷学会機関誌31:169-1742005年09月
  • 舟状骨結節周囲皮膚への動脈血管走行の検討-Medialis pedis flap の栄養血管解剖-島田賢一, 川上重彦金沢医科大学雑誌30:91-972005年08月
  • Vascular supply of the subcutaneous pedicle of Nagata's method in microtia reconstructionN.Ishikura, S.Kawakami, J.Yoshida, K.ShimadaBritish journal of plastic surgery.57:780-7842004年
  • 頭頸部の疾患 33.顔面骨骨折 c.鼻骨骨折川上重彦, 島田賢一形成外科46: S137-1382003年
  • 特集:小耳症の再建-最近の進歩 Tissue expanderによる小耳症の再建石倉直敬, 島田賢一, 平敷貴也, 川上重彦形成外科46: 789-7982003年
  • 幼児手に発生した横紋筋肉腫の1例島田賢一, 石倉直敬, 川上重彦, 他日本形成外科学会会誌23: 485-4912003年
  • 四肢の疾患 2.小趾列多合趾症島田賢一, 石倉直敬形成外科46: S181-1822003年
  • 【褥瘡の予防とその対策】 褥瘡の手術療法の適応と限界石倉直敬, 川上重彦, 平敷貴也, 島田賢一整形・災害外科46: 845-8512003年
  • V-Y advancement flap (口輪筋筋皮弁) にて再建した左上口唇の基底細胞癌例(山本正樹), 井本敏弘, 島田賢一石川県立中央病院医学誌25: 99-1012003年
  • 腎移植患者にみられた手指腱皮下断裂例の検討石倉直敬, 川上重彦, 平敷貴也, 吉田 純, 島田賢一日手会誌19: 126-1292002年
  • 四肢の形成外科術Ⅰ上肢,2.手の先天異常,1)分類島田賢一, 石倉直敬, 川上重彦形成外科45: S11-S182002年
  • 仙骨部褥瘡に対する殿筋穿通枝皮弁-術後問題点の検討-島田賢一, 岸邊美幸, 平敷貴也, 石倉直敬, 川上重彦日本褥瘡学会誌4: 34-412002年
  • Use of skin staplers to fix film dressings on scalp donor wounds in patients with burnsR. Morita, N. Ishikura, S. Kawakami, T. Heshiki, L. Shimada, T. KurosawaBurns28:267-2692002年
  • 褥瘡の手術治療川上重彦, 島田賢一日本褥瘡学会誌3: 251-2582001年
  • 簡単な術後創部管理法 -通院, 包交は必要なのか?-吉田 純, 島田賢一, 石倉直敬, 川上重彦日手会誌17: 633-6362001年
  • 深下腹壁動脈穿通枝皮弁 (腹直筋穿通枝皮弁) による四肢再建の経験石倉直敬, 平敷貴也, 島田賢一, 川上重彦形成外科44: 103-1082001年
  • Free Flapの術後結構モニタリング-穿通枝Doppler Flowmeterの有用性-平敷貴也, 石倉直敬, 島田賢一, 畷 宗久, 川上重彦日本形成外科学会会誌21: 225-2292001年
  • Carpenter症候群の1症例岸邊美幸, 島田賢一, 石倉直敬, 川上重彦, *赤井卓也, *飯塚秀明日本形成外科学会会誌21: 112-1172001年
  • 駆血下での逆行性橈骨動脈造影の有用性石倉直敬, 平敷貴也, 島田賢一, 吉田 純, 川上重彦日手会誌17:336-3402000年
  • 短血管茎皮弁による指末節および爪欠損の再建石倉直敬, 川上重彦, 島田賢一, 畷 宗久形成外科43:689-6952000年
  • 下眼窩再建における経結膜法の有用性川上重彦, 岸邊美幸, 平敷貴也, 島田賢一, 畷 宗久, 吉田 純, 石倉直敬日本頭蓋顎顔面外科学会誌16:46-532000年
  • MRSA能胸に対する開窓術後に遊離腹直筋皮弁充鎮が有効であった1例(清水淳三), 石倉直敬, 島田賢一, 他北陸外科学会雑誌19:13-162000年
  • 外陰部に発症した稀な類上皮肉腫の1例島田 賢一スキンキャンサー1998年
  • Epithelioid sarcoma of the valva : a case reportSHIMADA KenichiSKIN CANCER1998年
  • 鼻骨骨折のキルシュナー鋼線固定法とCT像による評価島田 賢一日本形成外科学会会誌1996年
  • Evaluation of K-Wire Fixation for Nasal Bone Fractures Using CT ImagesSHIMADA Kenichi1996年
  • 眼窩内骨膜下血腫の1例島田 賢一形成外科1994年
  • A Subperiosteal Hematoma of Orihit : A Case ReportSHIMADA KenichiThe Japanese Journal of Plastic & Reconstructive Surgery1994年
  • Perifascial areolar tissue grafting for treating syndactyly with bone fusion in patients with Apert syndrome.T.Miyanaga, K.Shimada, M.Kishibe, H.Daizo, A.KomuroJournal of plastic surgery and hand surgery50:40-432016年
  • PRPを用いた難治性潰瘍の治療山下明子, 山下昌信, 岸邊美幸, 島田賢一形成外科59:936-9432016年09月
  • 乳幼児筋線維腫症(Infantile Myofibromatosis)の2例米沢みなみ, 山元康徳, 上村百合, 島田賢一, 川上重彦日本形成外科学会会誌36:74-812016年02月
  • リンパ漏を伴う難治性潰瘍に対する局所陰圧閉鎖療法の使用経験(牧本和彦), 山元康徳, 氷見祐二, 森本弥生, 島田賢一日本形成外科学会会誌36:315-3202016年07月
  • Cross finger flapにおける皮弁採取部の検討柳下幹男, 台蔵晴久, 宮永 亨, 島田賢一日本手外科学会雑誌34:400-4042017年03月
  • perifascial areolar tissue (PAT) による難治性潰瘍の治療 - 腱・骨露出創に対する低侵襲手術宮永 亨,岸邊美幸,島田賢一形成外科60:5124-51302017年10月
  • デュピュイトラン拘縮に対する酵素注射法の経験川村 亮,米沢みなみ,上村百合,岸邊美幸,島田賢一形成外科60:1080-10872017年09月
  • Step up!―マイクロサージャリー-血管・リンパ管吻合、神経縫合応用編-乳房再建における血管吻合のコツ島田賢一PEPARS128:37-452017年08月
  • 外国文献抄訳 Vol.137 No.5島田賢一形成外科60:119-1322017年01月
  • 外国文献抄訳 Vol.138 No.4島田賢一形成外科60:717-7242017年06月
  • 「形成外科って何するとこ?」島田賢一BCSG石川50:1-132017年03月
  • The Double Volar Flap Technique for Aesthetic Repair of Syndactyly and Polysyndactyly of Toe without Skin GraftingToru Miyanaga, Kenichi Shimada, Miyuki Kishibe, Masanobu Yamashita, Akiko YamashitaPLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY5:e12932017年04月
  • A novel oncoplastic technique for breast cancer localized in the lower pole of the breastMasakuni.Noguchi, Yukako.Ohno, Emi.Morioka, Miki.Noguchi, Yasuharu.Nakano, Takeo.Kosaka, Ken-ichi.ShimadaJournal of Surgical Oncology177:137-1412018年02月
  • 【四肢外傷対応マニュアル】 四肢デグロービング損傷の治療島田賢一PEPARS134:58-712018年02月
  • perifascial areolar tissueを用いた手指皮膚欠損創の新たな治療戦略山下明子, 宮永 亨, 山下昌信, 岸邊美幸, 島田賢一, 川上重彦形成外科61:1546-15542018年
  • 創内持続陰圧洗浄療法にて組織拡張器挿入後の感染をコントロールできた乳房再建の1例東山麻伊子, 台蔵晴久, 柳下幹男, 島田賢一形成外科61:1576-15812018年
  • 洗浄療法中に著明な低ナトリウム血症を呈した熱傷を伴う化学損傷の1例曽川亜紀子, 坂上陽彦, 杉下和之, 山下昌信, 島田賢一, 川上重彦形成外科61:333-3382018年03月
  • 【創傷のデブリードマン】 特殊なデブリードマン マゴットを用いたデブリードマン宮永 亨, 岸邊美幸, 島田賢一形成外科61:669-6572018年06月
  • 【創傷被覆材-私の選択-】 採皮創における創傷被覆材使用法(解説/特集)島田賢一形成外科61:937-9482018年08月
  • A Perifascial Areolar Tissue Graft With Topical Administration of Basic Fibroblast Growth Factor for Treatment of Complex Wounds With Exposed Tendons and/or BonesToru Miyanaga, Yasuo Haseda, Haruhisa Daizo, Masanobu Yamashita, Akiko Yamashita, Miyuki Kishibe, Kennichi ShimadaThe Journal of Foot and Ankle Surgery57:104-1102018年
  • MRIを用いた母指多指症形態評価―関節軟骨,内在筋,外在筋のより効果的な描出―島田賢一, 柳下幹男, 川村 亮, 宮永 亨, 岸邊美幸日本手外科学会雑誌35:475-4792018年
  • PATを用いた腱・骨露出創に対するwound bed preparation宮永 亨, 岸邊美幸, 島田賢一形成外科62:949-9552019年09月
  • 持続洗浄型NPWTと間欠洗浄型NPWTの使い分け(1)島田賢一, 浅田佳奈形成外科62:1095-11072019年10月
  • Sternal resection and reconstruction for metastasis due to breast cancer: the Marlex sandwich technique and implantation of a pedicled latissimus dorsi musculocutaneous flapMotono Nozomu, Shimada Kenichi, Kamata Toru, Uramoto HidetakaJournal of cardiothoracic surgery14:792019年04月
  • 眼瞼下垂症で行う上眼瞼余剰皮膚切除岸邊美幸, 島田賢一, 川上重彦形成外科62:745-7502019年07月
  • 術後にケロイドを生じた巨趾症を伴う合趾症の1例島田良浩, 山下昌信, 岸邊美幸, 島田賢一形成外科62:801-8092019年07月
  • カテーテル穿刺部位から発症を繰り返し死に至ったガス壊疽の1例(吉田智香子), 山城 薫, 井川祐一, 岸邊美幸, 島田賢一形成外科62:311-3172019年03月
  • 11.四肢損傷 f.手指高圧注入損傷牧本和彦, 島田賢一形成外科2019年増刊62:S372019年06月
  • 15.外反母趾島田賢一形成外科2019年増刊62:S1642019年06月
  • 18.ガングリオン,指(̪趾)粘液嚢腫柳下幹男, 島田賢一形成外科2019年増刊62:S1672019年06月
  • Minced Skin Grafting for Promoting Wound Healing and Improving Donor-Site Appearance after Split-Thickness Skin Grafting: A Prospective Half-Side Comparative TrialMiyanaga Toru, Kishibe Miyuki, Yamashita Masanobu, Kaneko Takayoshi, Kinoshita Fumiya, Shimada KenichiPlastic and reconstructive surgery144:475-4832019年08月
  • 分層植皮におけるNPWT機器を用いた固定法と従来法の比較検討黒田友集, 池田憲一, 宮永 亨, 山下昌信, 岸邊美幸, 島田賢一創傷11:13-192020年

書籍等出版物

  • 壊死組織・不活性化組織を除去する
    治りにくい創傷の治療とケア
    島田賢一
    照林社 2011年09月
  • 褥瘡・皮膚潰瘍-特定看護師としての創傷へのかかわりは?-
    専門医でも聞きたい皮膚科診療100の質問(宮地良樹)
    島田賢一
    株式会社メディカルレビュー社 2017年06月
  • 第Ⅲ編 後天性疾患 第4章 外傷 熱傷 B.局所療法
    標準形成外科学 第7版(監修:平林慎一, 編集:鈴木茂彦, 岡崎 睦)
    島田賢一
    医学書院 2019年01月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.