詳細検索はこちら

島田 ひろき シマダ ヒロキ

所属部署名医科学, 解剖学Ⅰ
職名准教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    活性酸素による細胞傷害を形態学的視点を軸に細胞化学,生化学,分子生物学の手法を用いて研究している。特にミトコンドリア傷害を引き起こす化学物質の毒性機構について解析している。

専門分野

  • 解剖学一般(含組織学・発生学)

学歴

  • 東京農工大学 大学院 農学研究科
  • 東京農工大学 農学部 農芸化学

学位

  • 博士(医学)
  • 農学修士

所属学協会

  • 2002年日本ミトコンドリア学会 会員
  • 1990年日本解剖学会 会員
  • 1992年日本電子顕微鏡学会 会員

経歴

  • 1988年04月- 1993年03月日本ハム株式会社中央研究所 研究員
  • 1995年04月- 1999年03月金沢医科大学 助手
  • 1999年04月金沢医科大学 講師

研究活動情報

論文

  • The suppression of maternal-fetal leukemia inhibitory factor signal relay pathway by maternal immune activation impairs brain development in miceT.Tsukada, E.Simamura, H.Shimada, T.Arai, N.Higashi, T.Akai, H.Iizuka, T.HattaPLoS One10:e0129011-e01290112015年
  • Melanocortins contribute to sequential differentiation and enucleation of human erythroblasts via melanocortin receptors 1, 2 and 5E.Simamura, T.Arikawa, T.Ikeda, H.Shimada, H.Shoji, H,Masuta, Y.Nakajima, H.Otani, H.Yonekura, T.HattaPLoS One10:e0123232-e01232322015年
  • Expression pattern of Galectin 4 in rat placentationTomohiro Arikawa, Eriko Simamura, Hiroki Shimada, Nozomu Nishi, Takanori Tatsuno, Yasuhito Ishigaki, Naohisa Tomosugi, Chizu Yamashiro, Toshiyuki Hata, Tsutomu Takegami, Tomonori Nakamura, Haruta Mogami, Ken Yamaguchi, Hiroki Otani, Toshihisa Hatta, Hiroki ShojiPlacenta2012 Aug 6. [Epub ahead of print]2012年08月
  • Effects of melanocortins on fetal developmentE.Simamura, H.Shimada, H.Shoji, H.Otani, T.HattaCongenital anomalies51:47-542011年
  • Maternal leukemia inhibitory factor (LIF) promotes fetal neurogenesis via a LIF-ACTH-LIF signaling relay pathwayE.Simamura, H.Shimada, N.Higashi, M.Uchishiba, H.Otani, T.HattaEndocrinology.151:1853-18622010年04月
  • 左胃動脈、脾動脈、総肝動脈が共同幹をなす腹腔動脈の分枝様式東 伸明, 島田ひろき, 島村英理子, 八田稔久解剖学雑誌84:7-102009年03月
  • Paraquat toxicity induced by voltage-dependent anion channel 1 acts as an NADH-dependent oxidoreductaseH.Shimada, K-I.Hirai, E.Simamura, T.Hatta, H.Iwakiri, K.Mizuki, T.Hatta, T.Sawasaki, S.Matsunaga, Y.Endo, S.ShimizuThe Journal of biological chemistry.284: 28642-286492009年
  • Mitochondrial voltage-dependent anion channels (VDACs) as novel pharmacological targets for anti-cancer agentsE.Simamura, H.Shimada, T.Hatta, K-I.HiraiJournal of bioenergetics and biomembranes.40:213-2172008年09月
  • Right vertebral artery as the fourth branch of the aortic archN.Higashi, H.Shimada, E.Simamura, T.HattaAnatomical science international / Japanese Association of Anatomists83:314-3182008年08月
  • Bioreductive activation of quinone antitumor drugs by mitochondrial voltage-dependent anion channel 1E.Simamura, H.Shimada, Y.Ishigaki, T.Hatta, N.Higashi, K-I.HiraiAnatomical science international / Japanese Association of Anatomists83:261-2662008年08月
  • マウス胎児子宮外発生法八田稔久, 山田真紀子, 島村英理子, 島田ひろき, 二村正行, 松本暁洋, 宇田川 潤, 橋本龍樹, 東 伸明, 大谷 浩金沢医科大学雑誌32:16-222007年06月
  • Furanonaphthoquinones cause apoptosis of cancer cells by inducing the production of reactive oxygen species by the mitochondrial voltage-dependent anion channelE.Simamura, K.-I.Hirai, H.Shimada, J.Koyama, Y.Niwa, S.ShimizuCancer biology & therapy5:1523-15292006年11月
  • 抗酸化剤による紫外線傷害の防御に関する細胞化学的研究古田 薫, 島田ひろき, Y-B.Shui金沢医科大学雑誌31:157-1642006年10月
  • Scientist His Imperial Highness Prince Hitachi in Kanazawa平井圭一, 島田ひろき, 島村英理子, 東 伸明, 井関尚一, 松村 長, 和布浦将司, 藤岡裕久, 片桐慶子Scientist His Imperial Highness Prince Hitachi in Kanazawa1-442005年01月
  • The participation of voltage dependent anion channel (VDAC) protein in NADH-quinone oxidoreductasem activity on paraquat cytotoxicityH. Shimada, K.-I. Hirai, E. Simamura, et al.8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy,2004PROC.:1229-12302004年
  • The participation of mitochondrial membrane permeable protein in mitochondrial damage by an anticancer agent furanonaphthoquinoneE. Simamura, H. Shimada, K.-I. Hirai, et al.8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy,2004PROC.:1274-12752004年
  • Defense of UV-induced cell death by antioxidantsK. Furuta, K.-I. Hirai, H. Shimada, E. Simamura, et al.8th Asia-Pacific Conference on Electron Microscopy,2004PROC.:1179-11802004年
  • Mitochondrial damage prior to apoptosis in furanonaphthoquinone treated lung cancer cellsE. Simamura, K.-I. Hirai, H. Shimada, et al.Cancer detection and prevention.27: 5-132003年
  • Paraquat detoxicative system in the mouse liver postmitochondrial fractionH. Shimada, K.-I. Hirai, E. SimamuraArchives of biochemistry and biophysics.402: 149-1572002年
  • Alpha-tocopherol protects cultured human cells from the acute lethal cytotoxicity of dioxinK.-I. Hirai, E. Simamura, H. Shimada, et al.International journal for vitamin and nutrition research. Internationale Zeitschrift fur Vitamin- und Ernahrungsforschung. Journal international de vitaminologie et de nutrition.72: 147-1532002年
  • Paraquat: Electron microscopic evidence regarding new mechanisms of acute cytotoxicity, detoxification and possible therapyK. -I. Hirai, H. ShimadaJ. Electron Microsc. Thailand15: 8-92001年
  • Apoptosis and epithelial phagocytosis in mitomycin C-treated human pulmonary adenocarcinoma A549 cellsE. Shimamura, K. -I. Hirai, H. Shimada, et al.Tissue & cell33: 161-1682001年
  • 顎関節内障の病態形成に関わる滑液中白血球の研究*西村正彰, *瀬上夏樹, 島田ひろき金沢医科大学雑誌25:194-2012000年
  • Propofol improves recovery from paraquat acute toxicity in vitro and in vivo*J.Ariyama, H.Shimada, *M.Aono, *H.Tsuchida, K.-I.HiraiIntensive care medicine.26:981-9872000年
  • Mitochondrial injury followed by apoptosis and necrosis in 2-methylnaphtho[2, 3-b]furan-4, 9-dione-treated human lung adenocarcinoma cellsSHIMADA Hiroki7th Asia-Pacific Electron Microscopy Conference2000年
  • Induced apoptosis and necrosis by 2-methylfuranonaphthoquinone in human cervical cancer HeLa cellsJ.Pan, E.Simamura, H.Shimada, K.-I.Hirai, et al.Cancer detection and prevention.24:266-2742000年
  • Energy-filter analytical electron microscopy applied to cancer researchSHIMADA Hiroki3rd Japanese-Polish Joint Seminar on Materials Analysis2000年
  • Defence of UV-Induced cell death by antioxidant nutrientsSHIMADA Hiroki10th Biennial Meeting of the International Society for Free Radical Research2000年
  • Defence of UV-Induced cell death by antioxidant nutrients島田 ひろき10th Biennial Meeting of the International Society for Free Radical Research2000年
  • 顎関節症におけるフリーラジカルの生成機序と炎症性サイトカインの役割金山景錫, 島田ひろき, 瀬上夏樹金沢医科大学雑誌24:327-3361999年12月
  • 末梢神経異種移植における免疫抑制FK506の有用性について奥田鉄人, 桝谷厚志, 東田紀彦, 平井圭一, 島田ひろき日手会誌15:555-5581999年11月
  • Furanonaphthoquinone analogs possessing preferential antitumor activity compared to normal cellsK.-I. Hirai, J. Koyama, J. Pang, H. Shimada, E. Simamura, T. Yamori, S. Sato, K. Tagahara, T. TsuruoCancer Detection & Prevention23:539-5501999年06月
  • Cytochemical energy-filtering transmission electron microscopy of mitochondrial free radical formation in paraquant cytotoxicityK.-I. Hirai, J. Pang, H. Shimada, T. Izuhara, T. Kurihara, K. MoriguchiJournal of Electron Microscopy48:289-2961999年06月
  • Mitochondrial NADH-quinone oxidoreductase(NQOm)produces reactive oxygen species in the chemical injury of rat liver mitochondriaK.-I. Hirai, H. Shimada, J. Pang, S. Kato, E. SimamuraActa Histochemica et Cytochemica32:239-2421999年05月
  • 細胞膜透過性フリーラジカルスカベンジャーによるパラコート毒性の抑制(有山淳), 島田ひろき, 青野允金沢医科大学雑誌23:218-2241999年
  • チトクロームP450によるパラコート解毒作用(古野英典), 島田ひろき, 平井圭一金沢医科大学雑誌23:275-2811998年10月
  • 末梢神経異種移植におけるneurotrophic factorの付加及び免疫FK506の影響奥田鉄人, 桝谷厚志, 東田紀彦, 平井圭一, 島田ひろき中部整災誌41:1221-12221998年09月
  • Mitochondrial NADH-quinone oxidoreductase of the outer membrane is responsible for paraquat cytotoxicity in rat livers.H. Shimada, K.-I. Hirai, E. Simamura, J. PangArchives of biochemistry and biophysics.351:75-811998年03月
  • 末梢神経異種移植における界面活性剤処理及び免疫抑制剤FK506の影響奥田鉄人, 桝谷厚志, 東田紀彦, 平井圭一, 島田ひろき中部整災誌41:807-8081998年
  • 末梢神経異種移植における免疫抑制FK506の有用性について-第1報-奥田鉄人, 桝谷厚志, 東田紀彦, 平井圭一, 島田ひろき日手会誌4:555-5581998年
  • パラコート細胞毒性の電子顕微鏡細胞化学的研究(加藤世一), 島田ひろき, 平井圭一金沢医科大学雑誌23:1-81998年
  • 不安定酵素反応保存のための固定法平井圭一, 潘杰紅, 島田ひろき, 島村英理子, 東田紀彦電子顕微鏡32:173-1751997年08月
  • Mitochondrial damage by a new antitumour agent furanonaphthoquinone derivative in human cervical cancer Hela cells.(J. Pang), K.-I. Hirai, E. Simamura, H. Shimada, S. KuwabaraJournal of Electron Microscopy46:181-1871997年04月
  • 末梢神経異種移植に対する凍結融解処理および界面活性剤処理の影響島田ひろき, 桝谷厚志, 水谷善弘金沢医科大学雑誌21:417-4261996年12月
  • FGFとそのファミリー(FGF Family)島田ひろき, 吉竹佳乃, 西川克三細胞27:233-2391995年08月
  • Sciatic nerve regeneration navigated by laminin-fibronectin double coated biodegradable collagen grafts in rats.(X.-J. Tong), K.-I. Hirai, H. Shimada, Y. Mizutani, T. Izumi, N. Toda, P. YuBrain research.633:155-1621994年
  • Induction of peripheral nerve regeneration using laminin-fibronectin double coated collagen fiber grafts.H. Shimada, K.-I. Hirai, H. SeguchiArtificial Organs Today4:1-111993年
  • ラミニン-フィブロネクチン二重コーティングコラーゲン糸を用いた神経再生補助グラフトによる末梢神経再生の誘導島田ひろき, 平井圭一人工臓器22:359-3631993年
  • Mitochondrial breakage induced by the herbicide paraquat in cultured human lung cells(G.-Y. Wang), K.-I. Hirai, H. ShimadaJournal of Electron Microscopy4:181-1841992年06月
  • Behavior of axons, Schwann cells and perineurial cells in nerve grafts : effects of anti-laminin and anti-fibronectin antisera.(G.-Y. Wang), K.-I. Hrai, H. Shimada, S.-Z. ZangBrain research.583:216-2261992年06月
  • The role of laminin, a component of Schwann cell basal lamina in rat sciatic nerve regeneration within antiserum-treated nerve grafts.(G.-Y. Wang), K.-I. Hirai, H. ShimadaBrain research.570:116-1251992年01月
  • ミトコンドリアにおけるパラコート毒性機構(池田一雄), 田出ひろき, 王国英金沢医科大学雑誌16:362-3701991年12月
  • The spread of human lung cancer cells on collagen and its inhibition by the type III collagen.K.-I. Hirai, H. Shimada, T. Ogawa, S. TajiClinical and Experimental Metastasis9:515-5251991年06月
  • Analysis of unsaturated disaccharides from glycosaminoglycans by high performance liquid chromatography.(Y. Nomura), H. Tade, K. Takahashi, K. WadaAgricultural Biological Chemistry53:3313-33151989年12月
  • Extracranial outflow of particles solved in cerebrospinal fluid: Fluorescein injection study(Akai Takuya);Hatta Toshihisa;Shimada Hiroki;Mizuki Keiji;Kudo Nae;Hatta Taizo;Otani HirokiCongenital Anomalies58:93-982017年10月
  • A rapid and nondestructive protocol for whole-mount bone staining of small fish and XenopusSakata-Haga, Hiromi;Uchishiba, Maimi;Shimada, Hiroki;Tsukada, Tsuyoshi;Mitani, Mayumi;Arikawa, Tomohiro;Shoji, Hiroki;Hatta, ToshihisaSCIENTIFIC REPORTS8:74532018年05月
  • 小型魚類とアフリカツメガエルのための新規迅速骨染色法とその応用坂田ひろみ, 内芝舞実, 島田ひろき, 塚田剛史, 三谷 真弓, 有川智博, 東海林博樹, 八田稔久日本毒性学会学術年会45:1612018年

書籍等出版物

  • パラコート毒性とミトコンドリア障害
    新ミトコンドリア (内海耕慥, 井上正康, 監修)
    平井圭一, 島田ひろき
    共立出版 2001年

競争的資金

  • 長寿のメニューってできるんけ?2017~食品の「活性酸素」を消す力を測定しよう~
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2017年 - 2017年  
    代表者:島田 ひろき
  • 長寿のメニューってできるんけ?2016~食品の「活性酸素」を消す力を測定しよう~
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:島田ひろき
  • 胎盤を介した分子シグナルリレーによる血液脳関門形成制御機構の解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2015年 - 2017年  
    代表者:島田ひろき
  • 長寿のメニューってできるんけ?2015~食品の「活性酸素」を消す力を測定しよう~
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2015年 - 2015年  
    代表者:島田ひろき
  • 長寿のメニューってできるんけ?2014~食品の「活性酸素」消去能力を測定しよう~
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:島田ひろき
  • 長寿のメニューってできるんけ?2013~食品の「活性酸素」消去能力を測定しよう~
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2013年 - 2013年  
    代表者:島田ひろき
  • 母胎間シグナル伝達による胎児大脳新皮質の好気的誘導
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2012年 - 2014年  
    代表者:島田ひろき
  • 長寿のメニューってできるんけ?2012~食品の「活性酸素」消去能力を測定しよう~
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2012年 - 2012年  
    代表者:島田ひろき
  • 長寿のメニューってできるんけ?~食品の「活性酸素」消去能力を測定しよう~
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2011年 - 2011年  
    代表者:島田ひろき
  • 活性酸素って知っとる?-不老長寿の献立はできるのか-
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2009年 - 2009年  
    代表者:島田ひろき
  • 酸素が毒やって知っとった?-酸素となかよく生きていくには-
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2008年 - 2008年  
    代表者:島田ひろき
  • パラコート急性毒性機構に関わるNADH-キノンオキシドリダクターゼmの研究
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2005年 - 2006年  
    代表者:島田ひろき
  • パラコートの急性毒性機構に関与する新規ミトコンドリア酵素の研究
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2003年 - 2004年  
    代表者:島田ひろき
  • 農薬パラコートの生体内解毒機構の研究
    文部科学省:科学研究費 奨励研究(A)→若手研究(B)
    研究期間:2001年 - 2002年  
    代表者:島田ひろき
  • 生体内吸収型神経再生補助グラフトの開発研究
    文部科学省:科学研究費 奨励研究(A)
    研究期間:1996年 - 1996年  
    代表者:島田ひろき


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.