詳細検索はこちら

逆井 亜紀子 サカサイ アキコ

所属部署名先端医療研究領域
職名助教
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    生体内で生成される終末糖化産物(AGEs)の中でも、毒性を持つAGEs(TAGE)が生活習慣病の発症・進展に強く関わっていることが明らかになってきている。本研究では特に肝臓でのTAGEの生成・蓄積と非アルコール性脂肪肝炎の発症・進展との関連性について詳細な解析を行う。疾患の新規ターゲット分子としてのTAGEの関与とその阻止に関する研究を進め、生活習慣病の発症・進展予防及び治療に関する新たな概念を提唱することを目的としている。

学位

  • バイオサイエンス博士

経歴

  • 2006年04月- 2006年07月大阪大学タンパク質研究所 博士研究員
  • 2006年08月- 2009年05月Department of Biochemistry, University of Wisconsin-Madison Research Associate
  • 2009年06月- 2010年04月東京大学大学院新領域創成科学研究科 特任研究員
  • 2010年04月- 2012年03月九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点 特任助教
  • 2012年04月- 2013年08月京都大学大学院生命科学研究科 研究員
  • 2013年09月金沢医科大学総合医学研究所 特定助教

研究活動情報

論文

  • Contribution of the toxic advanced glycation end-products-receptor axis in nonalcoholic steatohepatitis-related hepatocellular carcinoma(J.Takino), K.Nagamine, T.Hori, A.Sakasai-Sakai, M.TakeuchiWorld Journal of Hepatology7:2459-24692015年08月
  • Toxic AGEs (TAGE) theory in the pathogenesis of NAFLD and ALDM.Takeuchi, A.Sakasai-Sakai, J.Takino, T.Takata, T.Ueda, M.TsutsumiInternational Journal of Diabetes and Clinical Researsh2:1-52015年07月
  • 不妊治療バイオマーカーとしてのToxic AGEs(TAGE)の有用性逆井(坂井)亜紀子, 神野正雄, 竹内正義日本未病システム学会雑誌21:932015年03月
  • 生活習慣病の発症・進展におけるToxic AGEs (TAGE) の関与 -新たな予防戦略- ~食事性AGEsおよび糖毒性の真実~竹内正義, 瀧野純一, 逆井(坂井)亜紀子, 高田尊信, 上田忠司金沢医科大学雑誌40:95-1032015年
  • Serum levels of toxic AGEs (TAGE) may be a promising novel biomarker in development and progression of NASH.M.Takeuchi, A.Sakasai-Sakai, T.Takata, T.Ueda, J.Takino, M.Tsutsumi, H.Hyogo, S.YamagishiMedical Hypotheses84:490-4932015年
  • Involvement of the TAGE-RAGE system in non-alcoholic steatohepatitis: Novel treatment strategies.M.Takeuchi, J.Takino, A.Sakasai-Sakai, T.Takata, T.Ueda, M.Tsutsumi, H.Hyogo, S.YamagishiWorld journal of hepatology [electronic resource]6:880-8932014年12月
  • PARP and CSB modulate the processing of transcription-mediated DNA strand breaks.A.Sakai, R.Sakasai, Y.Kakeji, H.Kitao, Y.MaeharaGenes & genetic systems.87:265-2722012年12月
  • CtIP- and ATR-dependent FANCJ phosphorylation in response to DNA strand breaks mediated by DNA replication.R.Sakasai, A.Sakai, M.Iimori M, Y.Kakeji, H.Kitao, Y.MaeharaGenes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms17:962-9702012年12月
  • RecFOR and RecOR as distinct RecA loading pathways.A.Sakai, M.M.CoxJournal of biochemistry.284:3264-32722009年01月
  • SSB limits RecOR binding onto single strand DNA.(M.D.Hobbs), A.Sakai, M.M.CoxJournal of biochemistry.282:11058-110672007年04月
  • Roles of RecA protein in spontaneous mutagenesis in Escherichia coli.(S.Kanie), K.Horibata, M.Kawano, A.Isogawa, A.Sakai, N.Matsuo, M.Nakanishi, K.Hasegawa, K.Yoshiyama, H.MakiGenes & genetic systems.82:99-1082007年04月
  • Impact of reactive oxygen species on spontaneous mutagenesis in Escherichia coli.A.Sakai, M.Nakanishi, K.Yoshiyama, H.MakiGenes to cells11:767-7872006年07月
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の発症・進展におけるToxic AGEs(TAGE)の関与竹内正義, 逆井亜紀子, 高田尊信, 上田忠司, 瀧野純一日本未病システム学会雑誌23:20-302017年
  • Gene Expression Changes Associated with the Loss of Heterogeneous Nuclear Ribonucleoprotein M Function(Jun-ichi Takino), Kentaro Nagamine, Mikoto Suzuki, Akiko Sakasai-Sakai, Masayoshi Takeuchi, Takamitsu HoriAmerican Journal of Molecular Biology7:87-982017年04月
  • Generation of glyceraldehyde-derived advanced glycation end-products in pancreatic cancer cells and the potential of tumor promotionTakanobu Takata, Tadashi Ueda, Akiko Sakasai-Sakai, Masayoshi TakeuchiWorld Journal of Gastroenterology23:4910-49192017年07月
  • Toxic AGE (TAGE) Theory for the Pathophysiology of the Onset/Progression of NAFLD and ALDMasayoshi Takeuchi, Jun-ichi Takino, Akiko Sakasai-Sakai, Takanobu Takata, Mikihiro TsutsumiNutrients9:6342017年06月

書籍等出版物

  • AGEsとアルツハイマー病との関連性について教えて下さい
    老化物質AGEsワールドに迫る! アンチエイジングのための100の質問
    逆井(坂井)亜紀子, 竹内正義
    メディカルレビュー社 2014年06月

競争的資金

  • 生活習慣病を予見する新しい糖化蛋白質の同定、および疾患予防食品成分の探索
    文部科学省:科学研究費 若手研究(B)
    研究期間:2015年 - 2017年  
    代表者:逆井亜紀子


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.