詳細検索はこちら

八田 稔久 ハッタ トシヒサ

所属部署名解剖学Ⅰ
職名教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    中枢神経発生における各種サイトカイン、成長因子の役割について、神経-免疫-内分泌ネットワークの視点から研究を行っている。マウス胎児子宮外発生法および新生児完全人工哺育システムを駆使した発生工学的方法論が実験の基盤である。

専門分野

  • 解剖学一般(含組織学・発生学)
    中枢神経の発生、先天異常学

学歴

  • 島根大学 医学部 医学科

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

  • 1997年人類形態科学研究会 会員
  • 2004年- 2015年日本解剖学会 評議員
  • - 2015年日本顕微鏡学会 関西支部評議員
  • 1992年日本重水素科学研究会 幹事
  • 1989年日本先天異常学会 会員
  • - 2015年日本先天異常学会 広報委員会委員長
  • - 2015年日本先天異常学会 評議員
  • 1992年日本組織細胞化学会 会員
  • 1991年日本発生生物学会 会員
  • 1997年米国神経科学会 会員

経歴

  • 2002年02月- 2007年03月島根大学医学部 助教授

研究活動情報

論文

  • Three-dimensional structure of seminiferous tubules in the adult mouse(N.Nakata), T.Wakayama, T.Sonomura, S.Honma, T.Hatta, S.IsekiJournal of Anatomy227:686-6942015年
  • The suppression of maternal-fetal leukemia inhibitory factor signal relay pathway by maternal immune activation impairs brain development in miceT.Tsukada, E.Simamura, H.Shimada, T.Arai, N.Higashi, T.Akai, H.Iizuka, T.HattaPLoS One10:e0129011-e01290112015年
  • Melanocortins contribute to sequential differentiation and enucleation of human erythroblasts via melanocortin receptors 1, 2 and 5E.Simamura, T.Arikawa, T.Ikeda, H.Shimada, H.Shoji, H,Masuta, Y.Nakajima, H.Otani, H.Yonekura, T.HattaPLoS One10:e0123232-e01232322015年
  • In vivo analysis of Arg-Gly-Asp Sequence/Integrin α5β1-mediated signai involvement in embryonic enchondral ossification by exo utero development system.(T.Inoue), RHashimoto, A.Matsumoto, E.Jahan, AM.Rafiq, J.Udagawa, T.Hatta, H.OtaniJournal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research.29:1554-632014年07月
  • Significance of sugar chain recognition by galectins and its involvement in disease-associated glycosylationT.Arikawa, E.Simamura, H.Shimada, T.Nakamura, T.Hatta, H.ShojiCongenital anomalies54:77-812014年
  • Expression pattern of Galectin 4 in rat placentationTomohiro Arikawa, Eriko Simamura, Hiroki Shimada, Nozomu Nishi, Takanori Tatsuno, Yasuhito Ishigaki, Naohisa Tomosugi, Chizu Yamashiro, Toshiyuki Hata, Tsutomu Takegami, Tomonori Nakamura, Haruta Mogami, Ken Yamaguchi, Hiroki Otani, Toshihisa Hatta, Hiroki ShojiPlacenta2012 Aug 6. [Epub ahead of print]2012年08月
  • Effects of melanocortins on fetal developmentE.Simamura, H.Shimada, H.Shoji, H.Otani, T.HattaCongenital anomalies51:47-542011年
  • Direct and indirect effects of neuropeptide Y and neurotrophin 3 on myelination in the neonatal brains(R.Hashimoto), J.Udagawa, Y.Kagohashi, A.Matsumoto, T.Hatta, H.OtaniBrain research.1373:55-662011年
  • Maternal leukemia inhibitory factor (LIF) promotes fetal neurogenesis via a LIF-ACTH-LIF signaling relay pathwayE.Simamura, H.Shimada, N.Higashi, M.Uchishiba, H.Otani, T.HattaEndocrinology.151:1853-18622010年04月
  • Ror2 is required for midgut elongation during mouse development(M.Yamada), J.Udagawa, A.Matsumoto, R.Hashimoto, T.Hatta, M.Nishita, Y.Minami, H.OtaniDevelopmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists239:941-9532010年03月
  • Individual variation in organ histogenesis as a causative factor in the developmental origins of health and disease: unnoticed congenital anomalies?(H.Otani), J.Udagawa, T.Hatta, Y.Kagohashi, R.Hashimoto, A.Matsumoto, F.Satow, M.NimuraCongenital anomalies50:205-2112010年
  • 左胃動脈、脾動脈、総肝動脈が共同幹をなす腹腔動脈の分枝様式東 伸明, 島田ひろき, 島村英理子, 八田稔久解剖学雑誌84:7-102009年03月
  • Quantitative analysis of delayed neuronal death in the hippocampal subfields of SHRSP and SHR(M.Daisu), T.Hatta, Y.Sakurai-Yamashita, T.Nabika, K.MoritakeCellular and molecular neurobiology29:557-5622009年
  • Paraquat toxicity induced by voltage-dependent anion channel 1 acts as an NADH-dependent oxidoreductaseH.Shimada, K-I.Hirai, E.Simamura, T.Hatta, H.Iwakiri, K.Mizuki, T.Hatta, T.Sawasaki, S.Matsunaga, Y.Endo, S.ShimizuThe Journal of biological chemistry.284: 28642-286492009年
  • Mouse exo utero development system: Protocol and troubleshooting(M.Yamada), T.Hatta, H.OtaniCongenital anomalies48:183-1872008年11月
  • Mitochondrial voltage-dependent anion channels (VDACs) as novel pharmacological targets for anti-cancer agentsE.Simamura, H.Shimada, T.Hatta, K-I.HiraiJournal of bioenergetics and biomembranes.40:213-2172008年09月
  • Congenital deformities and developmental abnormalities of the mandibular condyle in the temporomandibular jointK.Kaneyama, N.Segami, T.HattaCongenital anomalies48:118-1252008年09月
  • Right vertebral artery as the fourth branch of the aortic archN.Higashi, H.Shimada, E.Simamura, T.HattaAnatomical science international / Japanese Association of Anatomists83:314-3182008年08月
  • Bioreductive activation of quinone antitumor drugs by mitochondrial voltage-dependent anion channel 1E.Simamura, H.Shimada, Y.Ishigaki, T.Hatta, N.Higashi, K-I.HiraiAnatomical science international / Japanese Association of Anatomists83:261-2662008年08月
  • Morphometric study on the characteristic external features of normal and abnormal human embryosH.Otani, J.Udagawa, T. Lundh, T.Hatta, R.Hashimato, A.Masumoto, F.SatowCongenital anomalies48:18-282008年02月
  • Partial functional overlap of the three ras genes in mouse embryonic development(K.Nakamura), H.Ichise, K.Nakao, T.Hatta, H.Otani, H.Sakagami, H.Kondo, M.KatsukiOncogene.420122007年10月
  • マウス胎児子宮外発生法八田稔久, 山田真紀子, 島村英理子, 島田ひろき, 二村正行, 松本暁洋, 宇田川 潤, 橋本龍樹, 東 伸明, 大谷 浩金沢医科大学雑誌32:16-222007年06月
  • Fetal jaw movement affects development of articular disk in the temporomandibular joint(H.Habib), T.Hatta, Omar Ibna Faizur Rahman, Y.Yoshimura, H.OtaniCongenital anomalies47:53-572007年06月
  • Development of the pons in human fetusesT.Hatta, F.Satow, J.Hatta, R.Hashimoto, J.Udagawa, A.Matsumoto, H.OtaniCongenital anomalies47:63-672007年06月
  • Roles of leptin in prenatal and perinatal brain development(J.Udagawa), T.Hatta, R.Hasimoto, H.OtaniCongenital anomalies47:77-832007年
  • Quantitative analyses of leukemia inhibitory factor in the cerebrospinal fluid in mouse embryos.八田 稔久, Matsumoto A, Ono A, Udagawa J, Nimura M, Hashimoto R, Otani HNeuroreport.17:1863-18662006年01月
  • JunB regulates angiogenesis and neurovascular parallel alignment in mouse embryonic skinY.Yoshitomi,T.Ikeda,H.Saito,Y.Yoshitake,Y.Ishigaki,T.Hatta,N.Kato,H.YonekuraJonal of Cell Science130:916-9262017年01月
  • Extracranial outflow of particles solved in cerebrospinal fluid: Fluorescein injection study(Akai Takuya);Hatta Toshihisa;Shimada Hiroki;Mizuki Keiji;Kudo Nae;Hatta Taizo;Otani HirokiCongenital Anomalies58:93-982017年10月
  • Lactosylceramide synthases encoded by B4galt5 and 6 genes are pivotal for neuronal generation and myelin formation in mice(Yoshihara T), Satake H, Nishie T, Okino N, Hatta T, Otani H, Naruse C, Suzuki H, Sugihara K, Kamimura E, Tokuda N, Furukawa K, Fururkawa K, Ito M, Asano MPLOS Genetics14:e10075742018年08月
  • A rapid and nondestructive protocol for whole-mount bone staining of small fish and XenopusSakata-Haga, Hiromi;Uchishiba, Maimi;Shimada, Hiroki;Tsukada, Tsuyoshi;Mitani, Mayumi;Arikawa, Tomohiro;Shoji, Hiroki;Hatta, ToshihisaSCIENTIFIC REPORTS8:74532018年05月
  • Molecular mechanisms underlying the models of neurodevelopmental disorders in maternal immune activation relevant to the placentaTsuyoshi Tsukada, Hiroki Shimada, Hiromi Sakata-Haga, Hideaki Iizuka, Toshihisa HattaCongenital anomalies59:81-872019年05月
  • Effects of tokishakuyakusan on regeneration of murine olfactory neurons in vivo and in vitroTakuya Noda, Hideaki Shiga, Kentaro Yamada, Masayuki Harita, Yukari Nakamura, Tomoko Ishikura, Masami Kumai, Zenji Kawakami, Atsushi Kaneko, Toshihisa Hatta, Hiromi Sakata-Haga, Hiroki Shimada, Takaki MiwaChemical Senses44:327-3382019年05月
  • 臓器の透明化の原理と実際坂田ひろみ, 八田稔久病理と臨床37:588-5942019年07月
  • Leukemia inhibitory factor induces corticotropin-releasing hormone in mouse trophoblast stem cellsHe Wang, Tsuyoshi Tsukada, Hiroki Shimada, Hiromi Sakata-Haga, Yasuo Iida, Shitai Zhang, Hiroki Shoji, Toshihisa HattaBiochemical and biophysical research communications522:81-872020年01月

書籍等出版物

  • 第7章 皮膚と皮膚に由来する構造物の発生
    カラー版 ラーセン人体発生学第4版(Gary C.Schoenwolf、Steven B.Bleyl、Phillip R.Brauer、Phillipa H.Francis-West (仲村春和監訳))
    (仲村春和), 大谷 浩, 八田稔久, 勝部憲一, 福井義浩, 青山裕彦, 福田公子, 荒木正介, 舟橋淳一, 田村浩治, 米井小百合
    西村書店 2013年05月

受賞

  • 2003年 日本先天異常学会 日本先天異常学会奨励賞
    八田 稔久,

競争的資金

  • からだを透かして見てみよう -透明人間できるかな?-2017
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2017年 - 2017年  
    代表者:八田 稔久
  • 母胎間シグナル伝達による胎児大脳皮質インターニューロンの産生誘導機構
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間:2016年 - 2019年  
    代表者:八田稔久
  • からだを透かして見てみよう -透明人間できるかな?-2016
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:八田稔久
  • 母胎間シグナルトランスミッターの構造解析
    文部科学省:科学研究費 挑戦的萌芽研究
    研究期間:2015年 - 2017年  
    代表者:八田稔久
  • からだを透かして見てみよう -透明人間できるかな?-2015
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2015年 - 2015年  
    代表者:八田稔久
  • レチノイン酸の濃度変化を引き起して催奇形性を示す化学物質のスクリーニング法の開発と催奇形性発症の分子機構の解明
    内閣府:食品健康影響評価技術研究(内閣府)
    研究期間:2014年 - 2015年  
    代表者:永田 清(東北薬科大学)分担・連携研究者:八田稔久
  • からだを透かして見てみよう -透明人間できるかな?-2014
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:八田稔久
  • レチノイン酸合成・代謝酵素発現抑制による催奇形性の確認
    内閣府:食品健康影響評価技術研究(内閣府)
    研究期間:2014年 - 2015年  
    代表者:永田 清(東北薬科大学)分担・連携研究者:八田稔久
  • 母胎児間シグナルチューニング機構の分子基盤解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間:2013年 - 2015年  
    代表者:八田稔久
  • からだを透かして見てみよう -透明人間できるかな?-2013
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2013年 - 2013年  
    代表者:八田稔久
  • 母胎間シグナル伝達から迫る精神・神経疾患スペクトラムの胎児起源仮説
    文部科学省:科学研究費 挑戦的萌芽研究
    研究期間:2012年 - 2014年  
    代表者:八田稔久
  • からだを透かして見てみよう -透明人間できるかな?-
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2012年 - 2012年  
    代表者:八田稔久
  • 器官・組織形成期の発生異常に基づく上皮管腔組織形成障害
    文部科学省:科学研究費 分担研究 新学術領域研究
    研究期間:2011年 - 2015年  
    代表者:大谷 浩(島根大学)分担・連携研究者:八田稔久
  • 母-胎児間シグナル伝達を担う組織構築の解明
    私学事業団:学術研究振興資金
    研究期間:2011年 - 2013年  
    代表者:八田稔久
  • 母胎間シグナルリレーの大脳皮質発生における生理学的意義
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間:2010年 - 2012年  
    代表者:八田 稔久
  • はやく大きくなあれ~我が子に贈るメッセージ~'09
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2009年 - 2009年  
    代表者:八田稔久
  • 赤血球脱核誘導方法の開発
    その他公的機関:(独)科学技術振興機構・地域イノベーション創出総合支援事業
    研究期間:2009年 - 2009年  
    代表者:八田稔久
  • はやく大きくなあれ~我が子に贈るメッセージ~
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2008年 - 2008年  
    代表者:八田稔久
  • 経胎盤的母胎間シグナル伝達による胎児脳の発育調節
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(B)
    研究期間:2007年 - 2009年  
    代表者:八田稔久
  • ヒト脳全域を網羅的イメージングする超高速ブレインスキャナの開発
    文部科学省:科学研究費 挑戦的研究(萌芽)
    研究期間:2019年 - 2021年  
    代表者:八田 稔久
  • からだを透かして見てみよう -透明人間できるかな?-2018
    日本学術振興会:ひらめき☆ときめきサイエンス委託事業
    研究期間:2019年 - 2019年  
    代表者:八田 稔久


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.