詳細検索はこちら

高田 尊信 タカタ タカノブ

所属部署名先端医療研究領域
職名講師
 
 

研究者基本情報

基本情報

連絡先等

研究

    研究の概要:
    グルコースやフルクトースなどの糖と蛋白質は、終末糖化産物(AGEs)を生成します。我々は、グルコース/フルクトース代謝中間体のグリセルアルデヒド(GA)由来のAGEs(GA-AGEs)を研究しています。そして、GA-AGEsは強い細胞障害性をもち、インスリン抵抗性、高血圧、糖尿病合併症、冠動脈性疾患、痴呆、非アルコール性脂肪肝炎、アルツハイマー病、癌などの原因となるため、他のAGEsと区別する意味合いでGA-AGEsをtoxic AGEs(TAGE)と命名しています。 現在、私はヒトやラットの臓器内GA-AGEsの定量や、同定に取り組んでいます。 私は、東洋医学(伝統的インド医学、漢方、韓医学など)にも注目しています。

専門分野

  • 医化学一般
  • 病態医化学
  • 実験動物学

学歴

  • 金沢大学大学院 大学院 生命科学研究科
  • 岐阜薬科大学大学院 大学院 薬学研究科
  • 岐阜薬科大学 薬学部 厚生薬学科

学位

  • 博士(薬学)

所属学協会

  • 2018年11月日本サルコペニア・フレイル学会 会員
  • 2018年11月日本老年医学会 会員
  • 2019年04月日本基礎老化学会 会員
  • 2018年11月日本心臓病学会 会員
  • 2016年06月日本糖尿病合併症学会 会員
  • 2016年06月日本メイラード学会 会員
  • 2018年01月日本未病システム学会 会員
  • 2010年10月日本抗加齢医学会 会員
  • 2016年09月日本東洋医学会 会員
  • 2013年04月和漢医薬学会 会員
  • 2018年11月日本糖質学会 会員
  • 2018年11月日本蛋白質科学会 会員
  • 2010年10月日本プロテオーム学会 会員
  • 2004年12月日本薬学会 会員
  • 2004年09月日本生薬学会 会員
  • 2016年09月中文会 会員
  • 2016年12月韓国文化学会 会員
  • 2016年09月日本中国友好協会 (日中友好協会) 会員
  • 2016年09月日本雲南聯誼協会 (日本云南联谊协会) 会員
  • 2016年11月日韓親善協会 会員
  • 2017年02月日本ベトナム友好協会 会員

経歴

  • 2008年04月- 2011年03月金沢医科大学総合医学研究所 研究員
  • 2011年04月- 2018年03月金沢医科大学総合医学研究所 助教
  • 2018年04月金沢医科大学総合医学研究所 講師

研究活動情報

論文

  • Impact of intracellular glyceraldehyde-derived advanced glycation end-products on human hepatocyte cell deathAkiko Sakasai-Sakai,Takanobu Takata,Jun-ichi Takino,Masayoshi TakeuchiScientific Reports7:142822017年10月
  • Generation of glyceraldehyde-derived advanced glycation end-products in pancreatic cancer cells and the potential of tumor promotionTakanobu Takata, Tadashi Ueda, Akiko Sakasai-Sakai, Masayoshi TakeuchiWorld Journal of Gastroenterology23:4910-49192017年07月
  • Toxic AGE (TAGE) Theory for the Pathophysiology of the Onset/Progression of NAFLD and ALDMasayoshi Takeuchi, Jun-ichi Takino, Akiko Sakasai-Sakai, Takanobu Takata, Mikihiro TsutsumiNutrients9:6342017年06月
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の発症・進展におけるToxic AGEs(TAGE)の関与竹内正義, 逆井亜紀子, 高田尊信, 上田忠司, 瀧野純一日本未病システム学会雑誌23:20-302017年
  • 抗がん剤により膵癌細胞に誘導されるEMT促進因子の同定と機能解析島崎猛夫, 山本聡子, 石垣靖人, 高田尊信, 有沢富康, 元雄良治, 友杉直久, 源 利成膵臓31:76-842016年
  • Toxic AGEs (TAGE) theory in the pathogenesis of NAFLD and ALDM.Takeuchi, A.Sakasai-Sakai, J.Takino, T.Takata, T.Ueda, M.TsutsumiInternational Journal of Diabetes and Clinical Researsh2:1-52015年07月
  • 生活習慣病の発症・進展におけるToxic AGEs (TAGE) の関与 -新たな予防戦略- ~食事性AGEsおよび糖毒性の真実~竹内正義, 瀧野純一, 逆井(坂井)亜紀子, 高田尊信, 上田忠司金沢医科大学雑誌40:95-1032015年
  • Serum levels of toxic AGEs (TAGE) may be a promising novel biomarker in development and progression of NASH.M.Takeuchi, A.Sakasai-Sakai, T.Takata, T.Ueda, J.Takino, M.Tsutsumi, H.Hyogo, S.YamagishiMedical Hypotheses84:490-4932015年
  • Involvement of the TAGE-RAGE system in non-alcoholic steatohepatitis: Novel treatment strategies.M.Takeuchi, J.Takino, A.Sakasai-Sakai, T.Takata, T.Ueda, M.Tsutsumi, H.Hyogo, S.YamagishiWorld journal of hepatology [electronic resource]6:880-8932014年12月
  • Effect of saikokeishito, a kampo medicine, on hydrogen peroxide-induced premature senescence of normal human dermal fibroblastsT. Takata, Y. Motoo, N. TomosugiJournal of integrative medicine.12:495-5032014年11月
  • Inhibition of mTORC2 but not mTORC1 up-regulates E-cadherin expression and inhibits cell motility by blocking HIF-2α expression in human renal cell carcinoma.(S.Maru), Y.Ishigaki, N.Shinohara, T.Takata, N.Tomosugi, K.NonomuraThe Journal of urology.189:1921-1929.2013年05月
  • Meaning of tumor protein 53-induced nuclear protein 1 in the molecular mechanism of gemcitabine sensitivity.N.Nakaya, Y.Ishigaki, H.Nakajima, M.Murakami, T.Shimasaki, T.Takata, M.Ozaki, NJ.Dusetti, JL.Iovanna, Y.MotooMolecular and clinical oncology.1:100-1042013年01月
  • Chk1-mediated phosphorylation of receptor-associated late transducer at serine 250 increases its stability by stimulating its interaction with 14-3-3.K.Takeda, T.Takata, Y.Kawai, Y.Ishigaki, K.KajinamiGenes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms18:369-3862013年
  • 石川県市内の民家近辺における蚊の発生状況調査(2009-2011年)村上 学, 高田尊信, 前田雅代, 竹上 勉都市有害生物管理2:109-1132012年12月
  • Characterization of proteins secreted by pancreatic cancer cells with anticancer drug treatment in vitroT.Takata, Y.Ishigaki, T.Shimasaki, H.Tsuchida, Y.Motoo, A.Hayashi, N.TomosugiOncology reports.28:1968-19762012年12月
  • Glycogen synthase kinase 3βinhibition sensitizes pancreatic cancer cells to gemcitabineT.Shimasaki, Y.Ishigaki, Y.Nakamura, T.Takata, N.Nakaya, H.Nakajima, I.Sato, X.Zhao, A.Kitano, K.Kawakami, T.Tanaka, T.Takegami, N.Tomosugi, T.Minamoto, Y.MotooJournal of gastroenterology.47:321-3332012年03月
  • Ultraviolet B-induced expression of amphiregulin and growth differentiation factor 15 in human lens epithelial cellsH.Osada, Y.Yoshitake, T.Ikeda, Y.Ishigaki, T.Takata, N.Tomosugi, H.Sasaki, H.YonekuraMolecular vision17:159-1692011年01月
  • Ultrastructural localization of Upf2 and its binding to mRNA molecules in human cellsY.Ishigaki, T.Kurihara, Y.Nakamura, X.Zhao, T.Takata, S.Izumi, T.Takegami, N.Tomosugi, H.Nakagawa医学生物学電子顕微鏡技術学会誌24:8-132010年11月
  • Induction of HITS, a newly identified family with sequence similarity 107 protein (FAM107B), in cancer cells by heat shock stimulationH.Nakajima, Y.Ishigaki, QI-S.Xia, T.Ikeda, Y.Yoshitake, H.Yonekura, T.Nojima, T.Tanaka, H.Umehara, N.Tomosugi, T.Takata, T.Shimasaki, N.Nakaya, I.Sato, K.Kawakami, K.Koizumi, T.Minamoto, Y.MotooInternational journal of oncology37:583-5932010年
  • 基礎生物学研究所大型スペクトログラフ石垣靖人, 高田尊信, 友杉直久, 竹上 勉, 中川秀昭日本レーザー治療学会誌8:15-182009年12月
  • Isolation of N-acetylneuraminic acid and N-glycolylneuraminic acid from Pleurocybella porrigens.T.Takata, T.Hasegawa, T.Tatsuno, J.Date, Y.Ishigaki, Y.Nakamura, N.Tomosugi, F.Takano, T.OhtaJournal of health science55:373-3792009年03月
  • The Kampo Medicines Orengedokuto, Bofutsuhosan and Boiogito Have Different Activities to Regulate Gene expressions in differentiated Rat White Adipocytes : Comprehensive Analysis of Genetic Profiles.J.Yamakawa, Y.Ishigaki, F. Takano, T. Takahashi, J. Yoshida, J.Moriya, T.Takata, T. Tatsuno, K. Sasaki, T. Ohta, T.Takegami, F. YoshizakiBiological & pharmaceutical bulletin31: 2083-20892008年11月
  • The Liquid Culture of Entomogenous fungus Paecilomyces tenuipes and Its Glycoprotein Costituent Protects against Anemia in Mice Treated with 5-fluorouracil.T.Takata, T. Tanaka, N. Yahagi, R. Yahagi, H. Tsuchida, Y.Ishigaki, N.Tomosugi, S. Fushiya, F. Takano, T. OhtaBiological & pharmaceutical bulletin31 : 1561-15732008年08月
  • Bioactive monoterpene glycosides conjugated with galic acid from the leaves of Eucalyptus globulus(T. Hasegawa), F. Takano, T.Takata, M. Niyama, T. OhtaPhytochemistry.69 : 747-7532008年02月
  • Cytotoxic Fatty Acid from Pleurocybella porrigens(T. Hasegawa), M. Ishibashi, T.Takata, F. Takano, T. OhtaChem. Pharm. Bull.55 : 1748-17492007年12月
  • Aqueous Extract of Peanut Skin and Its main Constituent Procyanidin A1 Suppress Serum IgE and IgG1 Levels in Mice-Immunized with Ovalbumin(F. Takano), T.Takata, A. Yoshihara, Y. Nakamura, Y. Arima, T. OhtaBiological & pharmaceutical bulletin30 : 922-9272007年05月
  • Melanogenesis Stimulation in Murine B16 Melanoma Cells by Kava (Piper metysticum) Rhizome Extract and Kavalactonens.(H. Matsuda), N. Hirata, Y. Kawaguchi, S. Naruto, T.Takata, M. Oyama, M. Iinuma, M. KuboBiological & pharmaceutical bulletin294:8342006年04月
  • Generation of glyceraldehyde-derived advanced glycation end-products in pancreatic cancer cells and the potential of tumor promotion.Takata Takanobu;Ueda Tadashi;Sakasai-Sakai Akiko;Takeuchi MasayoshiWorld journal of gastroenterology232017年
  • Impact of intracellular glyceraldehyde-derived advanced glycation end-products on human hepatocyte cell death.Sakasai-Sakai Akiko;Takata Takanobu;Takino Jun-Ichi;Takeuchi MasayoshiScientific reports72017年

書籍等出版物

  • AGEsと筋委縮性側索硬化症,パーキンソン病,クロイツフェルトヤコブ病との間には,何か関連性が指摘されていますか.
    老化物質AGEsワールドに迫る! アンチエイジングのための100の質問
    高田尊信, 竹内正義
    メディカルレビュー社 2014年06月

受賞

  • 2017年11月 日本未病システム学会 優秀演題賞 生活習慣病の発症・進展における新規バイオマーカーとしてのToxic AGEs (TAGE)
    高田尊信
  • 2016年10月 日本東洋医学会北陸支部 日本東洋医学会北陸支部奨励賞 皮膚線維芽細胞の早期老化に対する柴胡桂枝湯の抑制作用
    高田尊信
  • 2010年11月 日本消化器癌発生学会 日本消化器癌発生学会 学会賞 熱ショック誘導性新規がん抑制遺伝子の解析
    中島日出夫,石垣靖人,高田尊信,元雄良治,
  • 2008年05月 日本生薬学会 小城海外派遣助成 The 4th KSP-JSP-CCTNM Joint symposium on Pharmacognosy での発表のための助成
    高田尊信
  • 2008年02月 日刊工業新聞社 第5回キャンパスベンチャーグランプリ中部奨励賞 食品加工廃棄物を利用した動物用シャンプー
    高田尊信など
  • 2007年01月 日刊工業新聞社 第4回キャンパスベンチャーグランプリ中部日刊工業新聞社賞 廉価なリュウマチ検査用ELISAキット
    高田尊信

競争的資金

  • 終末糖化産物に着目した糖尿病併発膵癌促進蛋白質の同定及び柑橘類含有化合物の作用
    文部科学省:科学研究費 若手研究(B)
    研究期間:2014年 - 2015年  
    代表者:高田尊信

社会貢献活動情報

社会貢献活動