詳細検索はこちら

笹川 寿之 ササガワ トシユキ

所属部署名産科婦人科学, 寄附研究部/産婦人科微生物・がん免疫研究部
職名教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    ヒトパピローマウイルス(HPV)感染と宿主免疫応答と尿路生殖器がん、婦人科がん免疫療法の開発、産婦人科領域における漢方薬治療

専門分野

  • 産婦人科学

学歴

  • 大阪大学 大学院 医学研究科
  • 大阪大学 医学部

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

  • 1998年アメリカ癌学会 会員
  • - 2015年国際パピローマウイルス学会 日本代表幹事
  • 2004年国際パピローマウイルス学会 評議員
  • 1989年日本癌学会 会員
  • 1983年日本産科婦人科学会 会員
  • - 2015年日本産科婦人科学会石川県支部 幹事
  • 2008年- 2015年日本思春期学会 評議員
  • - 2015年日本性感染症学会 代議員
  • 2006年日本性感染症学会 評議員
  • - 2015年日本性感染症学会北陸支部 支部長
  • 2009年日本東洋医学会 会員
  • 2007年- 2015年日本婦人科腫瘍学会 評議員
  • - 2015年日本臨床細胞診学会 評議員
  • - 2015年北陸ウイルス研究会 幹事

経歴

  • 1983年06月- 1986年06月市立豊中病院 産婦人科医師
  • 1987年07月- 1988年03月大阪大学微生物病研究所附属病院 婦人科医師
  • 1992年09月- 1992年12月吹田市民病院 産婦人科医師
  • 1993年02月- 1995年06月英国王立癌研究所・腫瘍ウイルス部門 研究者

研究活動情報

論文

  • 子宮筋腫, 子宮腺筋症に対するGn-RH agonist sequential 療法の検討高木弘明, 笹川寿之, 牧野田知産婦人科の実際64:1961-19662015年11月
  • 子宮脱・子宮下垂における補中益気湯の有効性について高木弘明, 柴田健雄, 笹川寿之, 山川淳一, 牧野田知産婦人科 漢方研究のあゆみ32:21-242015年04月
  • 子宮脱に対するペッサリー使用で誘発される非特異的膣炎に対する竜胆瀉肝湯の効果笹川寿之, 高木弘明, 山川淳一, 牧野田知産婦人科 漢方研究のあゆみ32:25-272015年04月
  • Human papillomavirus infection and pathogenesis in urothelial cells: a mini-review(K.Shigehara), T.Sasagawa, M.NamikiJournal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy.20:741-7472014年12月
  • 子宮筋腫,子宮腺筋症に対するGn-RH agonist sequential療法の検討高木弘明, 山口直孝, 坂本人一, 藤田智子, 笹川寿之, 牧野田 知エンドメトリオージス研究会会誌35:170-1732014年07月
  • 子宮内膜症および機能性月経困難症に対する漢方薬の効果笹川寿之, 山口直孝, 坂本人一, 藤田智子, 高木弘明, 牧野田 知エンドメトリオージス研究会会誌35:166-1692014年07月
  • Cytological evaluation using liquid-based cytology in the male urogenital tract infected with human papillomavirus(K.Shigehara), T.Sasagawa, S.Kawaguchi, K.Nakashima, T.Nakashima, M.Shimamura, K.Furubayashi, M.NamikiDiagnostic cytopathology.42:491-4972014年06月
  • ジエノゲスト投与中でもE2・FSHの変化によって閉経時期を確認できる高木弘明, 柴田健雄, 山口直孝, 大阪康宏, 坂本人一, 笹川寿之, 牧野田 知産婦人科の実際63:699-7052014年05月
  • 女性と感染症 Up to Date 13. HPV感染と子宮頸癌-免疫学的観点からの自然史笹川寿之産科と婦人科81:492-4992014年04月
  • 免疫学的視点から考えるHPV関連腫瘍の予防と治療笹川寿之, 山口直孝, 藤田智子, 高木弘明, 牧野田 知日本性感染症学会誌25:27-362014年
  • Detection of high-risk human papillomavirus subtypes in cervical glandular neoplasia by in situ hybridization.Z.Shang, H.Minato, T.Sasagawa, S.Nakada, E.Kinoshita, N.Kurose, T.Nojima, S.MakinodaInternational journal of clinical and experimental pathology6:2168-21772013年10月
  • Significance of Kampo, traditional Japanese medicine, in supportive care of cancer patients.J.Yamakawa, Y.Motoo, J.Moriya, M.Ogawa, H.Uenishi, S.Akazawa, T.Sasagawa, M.Nishio, J.KobayashiEvidence-based complementary and alternative medicine : eCAM.2013,746486;1-102013年03月
  • Role of Kampo medicine in integrative cancer therapy.J.Yamakawa, Y.Motoo, J.Moriya, M.Ogawa, H.Uenishi, S.Akazawa, T.Sasagawa, M.Nishio, J.KobayashiEvidence-based complementary and alternative medicine : eCAM.2013:570848;1-62013年03月
  • 【性感染症と母子感染-最新の診断と管理】性感染症 ヒトパピローマウイルス笹川寿之臨床婦人科産科67:32-402013年01月
  • 患者背景に精神的ストレスがある過活動膀胱患者に対する清心蓮子飲の有効性の検討柴田健雄, 笹川寿之, 高木弘明, 牧野田 知産婦人科漢方研究のあゆみ30:39-422013年
  • 尖圭コンジローマ患者のQOL調査:多施設共同研究(J-HERTS Study)(入江琢也), 出田和久, 前濱俊之, 神藤巳佳, 東 哲徳, 山口幸俊, 野村真康, 笹川寿之日本性感染症学会誌24:103-1092013年
  • 子宮頸癌予防ワクチンに求められる製剤技術-AS04アジュバントによる免疫増強がもたらす臨床上のベネフィット-笹川寿之Pharma Medica31:109-1242013年
  • 子宮筋腫に対する桂枝茯苓丸を中心とした待機療法笹川寿之, 柴田健雄, 高木弘明, 牧野田知産婦人科漢方研究のあゆみ30:72-752013年
  • 【生殖と自然免疫】HPV感染と自然免疫笹川寿之HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY20:71-792013年
  • 【キャンパスにおける感染症の管理】若者に多い性(行為媒介)感染(STI)とその予防法笹川寿之CAMPUS HEALTH50:44-492013年
  • HPVが原因の病気~予防から治療のUp to date笹川寿之愛知県小児科医会会報98:30-402013年
  • E6 and E7 variants of human papillomavirus-16 and -52 in Japan, the philippines, and vietnam.(A.Ishizaki), K.Matsushita, HTT.Hoang, DM.Agdamag, CH.Nguyen, VT.Tran, T.Sasagawa, K.Saikawa, R.Lihana, HV.Pham, X.Bi, VT.Ta, TV.Pham, H.IchimuraJournal of medical virology.85:1069-10792013年
  • 【子宮頸癌の予防と検査】各論 <検査手技・判定の実際> ヒトパピローマウイルス(HPV)DNA検査-Hybrid CaptureR法,PCR法の特徴笹川寿之臨床検査55:1433-14432011年12月
  • High prevalence of intermediate-risk human papillomavirus infection in uterine cervices of Kenyan women infected with human immunodeficiency virusM.Rahman, T.Sasagawa, R.Yamada, A.Kingoro, H.Ichimura, S.MakinodaJournal of medical virology.83:1988-19962011年11月
  • 【HPV関連腫瘍】女性性器(子宮頸部)におけるHPV感染と免役笹川寿之細胞43:241-2462011年07月
  • 【婦人科内分泌療法 病態の理解と正しい診断に基づく対処・治療のポイント】[不妊・避妊] 9. IUD閨谷奈津子, 高木弘明, 笹川寿之, 牧野田知臨床婦人科産科65:517-5202011年04月
  • Prevalence of genital Mycoplasma, Ureaplasma, Gardnerella, and human papillomavirus in Japanese men with urethritis, and risk factors for detection of urethral human papillomavirus infection(K.Shigehara), S.Kawaguchi, T.Sasagawa, K.Furubayashi, M.Shimamura, Y.Maeda, H.Konaka, A.Mizokami, E.Koh, M.NamikiJournal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy.17:487-4922011年04月
  • Etiological role of human papillomavirus infection for inverted papilloma of the bladder(K.Shigehara), T.Sasagawa, J.Doorbar, S.Kawaguchi, Y.Kobori, T.Nakashima, M.Shimamura, Y.Maeda, T.Miyagi, Y.Kitagawa, Y.Kadono, H.Konaka, A.Mizokami, E.Koh, M.NamikiJournal of medical virology.83:277-2852011年02月
  • Oral and cervical human papillomavirus infection among female sex workers in Japan(K.Matsushita), T.Sasagawa, M.Miyashita, A.Ishizaki, A.Morishita, N.Hosaka, K.Saikawa, S.Hoshina, X.Bi, H.IchimuraJapanese journal of infectious diseases.64:34-392011年01月
  • パピローマウイルスワクチンのキャンペーンのありかた -誤解を生まないために笹川寿之, 牧野田 知臨床とウイルス38:303-3112010年10月
  • 3.子宮頸がん検診とHPV検査笹川寿之, 牧野田 知産科と婦人科77:1023-10312010年09月
  • HPVワクチンによる子宮頸癌撲滅の戦略笹川寿之臨床とウイルス38:179-1872010年06月
  • HPV-L1-VLPワクチン:ウイルス様粒子(VLP)生成から臨床応用まで笹川寿之産婦人科の実際59:615-6222010年04月
  • 子宮頸癌手術と妊孕能温存笹川寿之産婦人科治療100:246-2522010年03月
  • Etiologic role of human papillomavirus infection in bladder carcinoma(K.Shigehara), T.Sasagawa, S.Kawaguchi, T.Nakashima, M.Shimamura, Y.Maeda, H.Konaka, A.Mizokami, E.Koh, M.NamikiCancer117:2067-20762010年
  • 子宮内膜症に対するジェノゲスト使用経験の検討高木弘明, 藤田智子, 岡 康子, 早稲田智夫, 富澤英樹, 藤井亮太, 笹川寿之, 牧野田 知日本エンドメトリオーシス学会会誌31:180-1832010年
  • 正しく理解したい子宮頸がんの基礎知識笹川寿之看護技術55:10-162009年12月
  • 性感染症と発癌笹川寿之Urology View.7:33-402009年11月
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの現状と課題笹川寿之モダンメディア55:269-2752009年10月
  • これからの子宮頚癌検診;HPVと細胞診笹川寿之臨床病理57:905-9122009年09月
  • .地域の健康な高齢者の健康度自己評価と病気・障害の有無に関連する因子の検討(秋月仁美), 坂本奈穂, 西あずさ, 榊友希, 出戸亜沙子, 永田真由美, 吉田有希, 笹川寿之, 平松 知子, 正源寺美穂日本老年看護学会誌11(1):79-852006年11月
  • Population-based study for human papillomavirus (HPV) infection in young women in Japan: A multicenter study by the Japanese human papillomavirus disease education research survey group (J-HERS)T.Sasagawa, T.Maehama, K.Ideta, T.Irie, F.Itoh, J-HERS Study GroupJournal of medical virology88:324-3352016年02月
  • Myeloperoxidase in blood neutrophils during normal and abnormal menstrual cycles in women of reproductive ageT.Shibata, J.Sakamoto, Y.Osaka, N.Neyatani, S.Fujita, Y.Oka, H.Takagi, H.Mori, H.Fujita, Y.Tanaka, T.SasagawaInternational Journal of Laboratory Hematology39:169-1742016年12月
  • 特集 機能温存と撲滅を目的とした子宮頸がんの診療ストラテジー 宿主免疫応答の視点からのHPV発癌メカニズム笹川寿之産婦人科の実際65:1471-14802016年10月
  • 寄生筋腫捻転により生じた急性腹症の一例大阪康宏, 坂本人一, 川嶋 笑, 柴田健雄, 藤田智子, 高木弘明, 笹川寿之石川産科婦人科学会雑誌5:27-302016年12月
  • 原発性副甲状腺機能亢進を伴った多発性内分泌腺腫症1型女性の妊娠と出生児への集学的管理土岐 真, 伊藤順庸, 岡本宣浩, 小林あずさ, 山田健太郎, 下出祐造, 辻 裕之, 柴田健雄, 笹川寿之, 犀川 太日本周産期・新生児医学会雑誌53:905-9082017年09月
  • Myeloperoxidase in blood neutrophils during normal and abnormal menstrual cycles in women ofreproductive ageT.Shibata J.Sakamoto Y.Osaka N.Neyatani S.Fujita Y.Oka T.akagi H.Mori H.Fujita Y.Tanaka T.SasagawaInt J Lab Hematol39:169-1742017年04月
  • ジエノゲスト長期投与における体重増加の検討高木弘明, 大阪 康宏, 坂本人一, 柴田健雄, 藤田 智子, 笹川 寿之日本エンドメトリオーシス学会会誌38:141-1442017年07月
  • 産婦人科で直面する最新知識 HPV感染 シリーズで学ぶ最新知笹川寿之産婦人科の実際66:17542017年11月
  • 子宮頸部・膣前癌病変に対する新しい薬物治療;フェノール組織除去療法笹川寿之, 藤田智子, 大阪康宏, 坂本人一, 柴田健雄, 富澤英樹, 高倉正博, 高木弘明金沢医科大学雑誌42:63-682017年02月
  • Utility of 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography in the differential diagnosis of benign and malignant gynaecological tumoursH.Takagi, J.Sakamoto, Y.Osaka, T.Shibata, S.Fujita and T.SasagawaJournal of medical imaging and radiation oncology62:471-4792018年08月
  • Usefulness of the maximum standardized uptake value for the diagnosis and staging of patients with cervical cancer undergoing positron emission tomography/computed tomographyH.Takagi, J.Sakamoto, Y.Osaka, T.Shibata, S.Fujita, T.SasagawaMedicine97:e98562018年02月
  • Association between 18F-fluorodeoxyglucose-PET/CT and grade of uterine endometrial carcinomaH.Takagi, T.Sasagawa, T.Shibata, H.Minato, T.TakahashiTaiwanese Journal of Obstetrics and Gynecology57:283-2882018年04月
  • Comparison of the digene hybrid capture 2 and Roche cobas 4800 HPV tests for detection of CIN2+ in a referral population in JapanT.Sasagawa, T.Maehama, Y.Osaka, J.Sakamoto, T.Shibata, S.Fujita, M.TakakuraJournal of medical virology90:972-9802018年05月
  • Single type infection of human papillomavirus as a cause for high-grade cervical intraepithelial neoplasia and invasive cancer in JapanJ.Sakamoto, S.Kamiura, K.Okayama, M.Okodo, T.Shibata, Y.Osaka, S.Fujita, E.Takata, H.Takagi, M.Takakura, T.SasagawaPapillomavirus Res.6:46-512018年12月
  • ジエノゲストの不正出血に対す芎帰膠艾湯の止血効果高木弘明, 高田 笑, 大阪康宏, 坂本人一, 柴田健雄, 藤田智子, 高倉正博, 笹川寿之産婦人科漢方研究のあゆみ35:74-782018年04月
  • Malignant Transformation of an Ovarian Endometrioma during Endometriosis Treatment:A Case ReportH.Takagi, E.Takata, J.Sakamoto, S.Fujita, M.Takakura, T.SasagawaCase reports in obstetrics and gynecology4:62101722018年09月
  • Uniplex E6/E7 PCR method detecting E6 or E7 genes in 39 human papillomavirus typesMitsuaki Okodo, Kaori Okayama, Koji Teruya, Toshiyuki SasagawaJournal of medical virology90:981-9882018年05月
  • The promise of combining cancer vaccine and checkpoint blockade for treating HPV-related cancerTakeo Shibata, Benjamin J Lieblong, Toshiyuki Sasagawa, Mayumi NakagawaCancer Treatment Reviews78:8-162019年08月
  • Long-term treatment of endometriosis with dienogest for up to five yearsTakagi H, Sakamoto J, Sasagawa TClinical and Experimental Obstetrics & Gynecology46:398-4022019年06月
  • ヒトパピローマウイルス感染の実態笹川寿之検査と技術47:22-262019年01月
  • HPVワクチンと肛門性器疣贅(尖圭コンジローマを含む)笹川寿之デルマ Monthly Book Derma285:47-542019年07月
  • ヒトパピローマウイルスワクチン笹川寿之調剤と情報25:42-452019年11月
  • Adenosquamous carcinoma of the uterine cervix displaying tumor-associated tissue eosinophiliaNozomu Kurose, Seiya Mizuguchi, Yoshiiku Ohkanemasa, Manabu Yamashita, Mariko Nakano, Xin Guo, Akane Aikawa, Satoko Nakada, Toshiyuki Sasagawa, Sohsuke YamadaSAGE Open Medical Case Reports7:2050313X198282352019年02月
  • 女性性器感染におけるOne HPV type in one wart原則の検証笹川寿之性の健康18:22-262019年03月
  • 腟上皮におけるHPV感染と癌化笹川寿之性の健康18:12-162019年05月

書籍等出版物

  • 尖圭コンジローマ
    STI 性感染症アトラス(再校:編集 安元慎一郎, 今福信一)
    笹川寿之
    学研メディカル秀潤社 2016年10月
  • HPV感染と子宮頸癌、HPVワクチン
    STI 性感染症アトラス(再校:編集 安元慎一郎, 今福信一)
    笹川寿之
    学研メディカル秀潤社 2016年10月
  • 産婦人科疾患;性感染症
    今日の治療指針(総編集:福井次矢、高木誠、小室一成)
    笹川寿之
    医学書院 2016年01月

競争的資金

  • アジアにおけるヒトパピローマウイルス遺伝子型・亜型の分布と癌化リスクの解明
    文部科学省:科学研究費 分担研究 基盤研究(C)
    研究期間:2013年 - 2015年  
    代表者:市村宏(金沢大学)分担・連携研究者:笹川寿之
  • 子宮頸癌に対する新しい免疫療法の開発とその効果発現機序の解明
    その他:(財)北國がん研究振興財団北國がん基金研究助成金
    研究期間:2011年 - 2011年  
    代表者:笹川寿之


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.