詳細検索はこちら

樋口 雅也 ヒグチ マサヤ

所属部署名微生物学
職名教授
 
 

研究者基本情報

基本情報

    生年月日:  19681029

連絡先等

研究

    研究の概要:
     USP10は、ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)Tax蛋白に結合する分子として我々が同定した脱ユビキチン化酵素である。USP10は、DNA修復、ストレス顆粒形成、代謝調節など、細胞ストレス応答の実に様々な局面で機能しており、細胞の恒常性維持におけるマスター的な分子と考えられている。実際に我々が作製したUSP10ノックアウトマウスは、造血幹細胞の消失を伴う骨髄不全を呈し、このことから、USP10は造血幹細胞の維持に必須の分子であることが明らかとなった。

専門分野

  • 基礎医学

学歴

  • 東北大学 大学院 医学研究科

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

  • 2016年10月日本ウイルス学会 評議員
  • 2001年06月日本癌学会 会員
  • 2016年05月日本細菌学会 会員

経歴

  • 2010年04月- 2016年04月新潟大学 医学部 准教授
  • 2006年04月- 2010年03月新潟大学 医学部 講師
  • 2001年06月- 2006年03月新潟大学 医学部 助手
  • 1998年06月- 2001年05月ハーバード大学 医学部 ポストドクター
  • 1997年04月- 1998年05月日本科学技術振興事業団 ポストドクター

研究活動情報

研究分野

  • 医歯薬学 / 基礎医学 / 脱ユビキチン化酵素USP10の機能解析
    血液内科学
    研究課題: 脱ユビキチン化酵素USP10による造血幹細胞および白血病幹細胞維持機構の解明

論文

  • USP10 Is a Driver of Ubiquitinated Protein Aggregation and Aggresome Formation to Inhibit Apoptosis(Masahiko Takahashi), Hiroki Kitaura, Akiyoshi Kakita, Taichi Kakihana, Yoshinori Katsuragi, Masaaki Nameta, Lu Zhang, Yuriko Iwakura, Hiroyuki Nawa, Masaya Higuchi, Masaaki Komatsu, Masahiro FujiiiScience9:433-4502018年11月
  • MAGI‐1 expression is decreased in several types of human T‐cell leukemia cell lines, including adult T‐cell leukemia(Takashi Kozakai), Masahiko Takahashi, Masaya Higuchi, Toshifumi Hara, Kousuke Saito, Yuetsu Tanaka, Masayoshi Masuko, Jun Takizawa, Hirohito Sone, Masahiro FujiiInternational Journal of Hematology107:337-3442018年03月
  • 多機能性脱ユビキチン化酵素USP10によるストレス応答制御樋口雅也金沢医科大学雑誌42:41-472017年09月
  • Sox2-dependent inhibition of p21 is associated with poor prognosis of endometrial cancer.(Yamawaki Kaoru);Ishiguro Tatsuya;Mori Yutaro;Yoshihara Kosuke;Suda Kazuaki;Tamura Ryo;Yamaguchi Masayuki;Sekine Masayuki;Kashima Katsunori;Higuchi Masaya;Fujii Masahiro;Okamoto Koji;Enomoto TakayukiCancer science108:632-6402017年
  • USP10 is an essential deubiquitinase for hematopoiesis and inhibits apoptosis of long-term hematopoietic stem cells.M.Higuchi, H.Kawamura, H.Matsuki, T.Hara, M.Takahashi, S.Saito, K.Saito, S.Jiang, M.Naito, H.Kiyonari, M.FujiiStem Cell Reports7:1116-11292016年12月
  • Induction of cell death in growing human T-cells and cell survival in resting cells in response to the human T-cell leukemia virus type 1 tax.(M.Mizuguchi), Y.Sasaki, T.Hara, M.Higuchi, Y.Tanaka, N.Funato, N.Tanaka, M.Fujii, M.NakamuraPLoS One11:e0148217-e01482172016年02月
  • Human T-cell leukemia virus type 1 (HTLV-1) Tax1 oncoprotein but not HTLV-2 Tax2 induces the expression of OX40 ligand by interacting with p52/p100 and RelB.(Y.Motai), M.Takahashi, T.Takachi, M.Higuchi, T.Hara, M.Mizuguchi, Y.Aoyagi, S.Terai, Y.Tanaka, M.FujiiVirus Genes52:4-132016年02月

競争的資金

  • 脱ユビキチン化酵素基質分子の新規同定法の開発
    その他:公益財団法人澁谷学術文化スポーツ振興財団大学の新技術研究に対する奨励金給付
    研究期間:2021年 - 2021年  
    代表者:樋口 雅也
  • 脱ユビキチン化酵素USP10による造血幹細胞および白血病幹細胞維持機構の解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2015年 - 2017年  
    代表者:樋口雅也
  • 脱ユビキチン化酵素USP10が司る造血幹細胞維持機構の解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2018年 - 2020年  
    代表者:樋口 雅也


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.