詳細検索はこちら

島崎 猛夫 シマサキ タケオ

所属部署名先端医療研究領域, 消化器内科学, 寄附研究部/天然変性蛋白質創薬科学研究部
職名准教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    がん細胞の転移浸潤に関するメカニズム、抗がん剤の作用増強、副作用軽減に関する分子生物学的解析、バイオインフォマティクス

専門分野

  • 内科学一般(含心身医学)
    腫瘍内科学

学歴

  • 金沢大学 大学院

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

  • - 2015年消化器癌発生学会 評議員
  • 2008年日本医療情報学会 会員
  • 1996年日本肝臓学会 会員
  • 2009年日本消化器癌発生学会 会員
  • 1996年日本消化器内視鏡学会 会員
  • 1998年日本消化器病学会 会員
  • 2005年日本膵臓学会 会員

研究活動情報

論文

  • Long-term administration and efficacy of oxaliplatin with no neurotoxicity in a patient with rectal cancer: Association between neurotoxicity and the GSTP1 polymorphism.(H.Kitade), T.Shimasaki, S.Igarashi, H.Sakuma, M.Mori, N.Tomosugi, M.NakaiOncology letters7:1499-15022014年05月
  • GSK3β阻害作用を持つ医薬品を用いた難治性膵癌の新規治療法の開発島崎猛夫, 上田順彦, 有沢富康, 源 利成財団法人がん集学的治療研究財団 一般研究報告書「がん治療のあゆみ」33:42-512014年03月
  • The *1244A>G polymorphism of MyD88(rs7744)is closely associated with susceptibility to ulcerative colitisK.Matsunaga, T.Tahara, H.Shiroeda, T.Otsuka, M.Nakamura, T.Shimasaki, N.Toshikuni, N.Kawada, T.Shibata, T.ArisawaMolecular medicine reports.9:28-322014年01月
  • Aberrant glycogen synthase kinase 3β is involved in pancreatic cancer cell invasion and resistance to therapy.(A.Kitano), T.Shimasaki, Y.Chikano, M.Nakada, M.Hirose, T.Higashi, Y.Ishigaki, Y.Endo, T.Takino, H.Sato, Y.Sai, K.Miyamoto, Y.Motoo, K.Kawakami, T.MinamotoPloS one8:e55289;1-122013年02月
  • Meaning of tumor protein 53-induced nuclear protein 1 in the molecular mechanism of gemcitabine sensitivity.N.Nakaya, Y.Ishigaki, H.Nakajima, M.Murakami, T.Shimasaki, T.Takata, M.Ozaki, NJ.Dusetti, JL.Iovanna, Y.MotooMolecular and clinical oncology.1:100-1042013年01月
  • Functional promoter polymorphisms of NFKB1 influence susceptibility to the diffuse type of gastric cancer.T.Arisawa, T.Tahara, H.Shiroeda, K.Yamada, T.Nomura, H.Yamada, R.Hayashi, K.Matsunaga, T.Otsuka, M.Nakamura, T.Shimasaki, N.Toshikuni, N.Kawada, T.ShibataOncology reports.30:3013-30192013年
  • Depletion of RNA-binding protein RBM8A (Y14) causes cell cycle deficiency and apoptosis in human cells.Y.Ishigaki, Y.Nakamura, T.Tatsuno, M.Hashimoto, T.Shimasaki, K.Iwabuchi, N.TomosugiExperimental biology and medicine (Maywood, N.J.)238:889-8972013年
  • Characterization of proteins secreted by pancreatic cancer cells with anticancer drug treatment in vitroT.Takata, Y.Ishigaki, T.Shimasaki, H.Tsuchida, Y.Motoo, A.Hayashi, N.TomosugiOncology reports.28:1968-19762012年12月
  • FOLFIRI 再投与が有効であった慢性腎不全を合併した結腸癌の1 例(北出紘規), 島崎猛夫, 吉光 裕, 奥田実穂, 北国憲剛, 森 光恵, 新宅君子, 佐久間寛, 上田 博, 仲井培雄癌と化学療法39:1267-12702012年08月
  • Glycogen synthase kinase 3βinhibition sensitizes pancreatic cancer cells to gemcitabineT.Shimasaki, Y.Ishigaki, Y.Nakamura, T.Takata, N.Nakaya, H.Nakajima, I.Sato, X.Zhao, A.Kitano, K.Kawakami, T.Tanaka, T.Takegami, N.Tomosugi, T.Minamoto, Y.MotooJournal of gastroenterology.47:321-3332012年03月
  • 在宅患者が導尿を行うに当たり抱いた不安や経験したトラブルの有無とその内容久司一葉, 前田修子, 森山 学, 島崎猛夫, 神田享勉, 河野由美子癌と化学療法38(supplⅠ): 103-1052011年12月
  • 在宅導尿患者への医療機関からの物品供給状況に関する研究前田修子, 森山 学, 島崎猛夫, 神田享勉, 河野由美子, 久司一葉癌と化学療法38(supplⅠ):109-1112011年12月
  • 在宅導尿患者における使用物品の自己購入状況とその負担感に関する実態河野由美子, 前田修子, 森山 学, 島崎猛夫, 神田享勉, 久司一葉癌と化学療法38(supplⅠ):106-1082011年12月
  • 心タンポナーデを伴った心臓原発血管肉腫の1例中谷直喜, 佐藤 到, 島崎猛夫, 中島日出夫, 黒瀬 望, 野島孝之, 元雄良治癌と化学療法38:1353-13552011年08月
  • 連載がん薬物療法専門医講座: がん薬物療法専門医のための模擬テスト14 - 解答と解析 -島崎猛夫, 佐藤 到, 元雄良治腫瘍内科7:298-3022011年03月
  • 連載がん薬物療法専門医講座: がん薬物療法専門医のための模擬テスト14島崎猛夫, 佐藤 到, 元雄良治腫瘍内科7:215-2162011年03月
  • Metabolic disorder, inflammation, and deregulated molecular pathways converging in pancreatic cancer development: Implications for new therapeutic strategiesY.Motoo, T.Shimasaki, Y.Ishigaki, H.Nakajima, K.Kawakami, T.MinamotoCancers3:446-4602011年01月
  • Human SMG-1 is involved in gemcitabine-induced primary microRNA-155/BIC up-regulation in human pancreatic cancer PANC-1 cells(QS.Xia), Y.Ishigaki, X.Zhao, T.Shimasaki, H.Nakajima, H.Nakagawa, T.Takegami, ZH.Chen, Y.MotooPancreas.40:55-602011年01月
  • ホルモン不応性前立腺癌に対するドセタキセル/UFT療法島崎猛夫, 宮澤克人, 森山 学, 田中達朗, 佐藤 到, 中谷直喜, 中島日出夫, 久保杏奈, 鈴木孝治, 元雄良治泌尿器科紀要57:163-1662011年
  • Scanning electron microscopy with an ionic liquid reveals the loss of mitotic protrusions of cells during the epithelial-mesenchymal transitionY.Ishigaki, Y.Nakamura, T.Takehara, T.Shimasaki, T.Tatsuno, F.Takano, Y.Ueda, Y.Motoo, T.Takegami, H.Nakagawa, S.Kuwabata, N.Nemoto, N.Tomosugi, S.MiyazawaMicroscopy research and technique74:1024-10312011年
  • S-1単剤によるダウンステージ後、治癒切除し得た多発性肝転移を伴う非機能性膵神経内分泌癌の1例佐藤 到, 上田順彦, 木下英里子, 湊 宏, 大野健次, 中谷直喜, 島崎猛夫, 中島日出夫, 小坂健夫, 元雄良治癌と化学療法37:1341-13442010年07月
  • 膵癌治療への分子標的薬の応用島崎猛夫, 石垣靖人, 源 利成, 元雄良治膵臓25:35-452010年01月
  • Molecular analysis on responses of TP53INP1-knockout mouse embryonic fibroblasts to anti-cancer agents(Q.Bian), Y.Motoo, H.Nakajima, T.Shimasaki, Y.Ishigaki日中笹川医学奨学金制度研究報告書2009年度版125-1282010年
  • Induction of HITS, a newly identified family with sequence similarity 107 protein (FAM107B), in cancer cells by heat shock stimulationH.Nakajima, Y.Ishigaki, QI-S.Xia, T.Ikeda, Y.Yoshitake, H.Yonekura, T.Nojima, T.Tanaka, H.Umehara, N.Tomosugi, T.Takata, T.Shimasaki, N.Nakaya, I.Sato, K.Kawakami, K.Koizumi, T.Minamoto, Y.MotooInternational journal of oncology37:583-5932010年
  • An emerging strategy for cancer treatment targeting aberrant glycogen synthase kinase 3beta.(K.Miyashita), M.Nakada, K.Shakoori, Y.Ishigaki, T.Shimasaki, Y.Motoo, Kawakami K, T.MinamotoAnti-cancer agents in medicinal chemistry9:1114-11222009年12月
  • 特集 肝胆膵 難治がんに挑む Gemcitabineの解析中谷直喜, 島崎猛夫, 元雄良治肝・胆・膵59:981-9852009年11月
  • がん薬物療法専門医のための模擬テスト9-解答と解説-島崎猛夫, 元雄良治腫瘍内科4:482-4882009年11月
  • Deregulated GSK3β Sustains Gastrointestinal Cancer Cells Survival by Modulating Human Telomerase Reverse Transcriptase and Telomerase(W.Mai), K.Kawakami, A.Shakoori, S.Kyo, K.Miyashita, K.Yokoi, M.Jin, T.Shimasaki, Y.Motoo, T.MinamotoClinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research.15:6810-68192009年11月
  • がん薬物療法専門医のための模擬テスト9-問題-島崎猛夫, 元雄良治腫瘍内科4(4):392-3932009年10月
  • がん化学療法に伴う疲労感に対する補中益気湯の有用性元雄良治, 中谷直喜, 島崎猛夫, 中島日出夫財団法人がん集学的治療研究財団 一般研究報告書「がん治療のあゆみ」420092009年
  • 膵癌細胞における塩酸ゲムシタビンによるアポトーシス関連遺伝子発現の変化島崎猛夫, 石垣靖人, 源 利成, 元雄良治膵臓22:14-202007年03月
  • 抗がん剤により膵癌細胞に誘導されるEMT促進因子の同定と機能解析島崎猛夫, 山本聡子, 石垣靖人, 高田尊信, 有沢富康, 元雄良治, 友杉直久, 源 利成膵臓31:76-842016年
  • Regulation of soluble Flt-1(VEGFR-1) production by hnRNP D and protein arginine methylationT.Ikeda, Y.Yoshitomi, H.Saito, T.Shimasaki, H.Yamaya, T.Kobata, Y.Ishigaki, N.Tomosugi, Y.Yoshitake, H.YonekuraMolecular and Cellular Biochemistry413:155-1642016年
  • Glycogen synthase kinase-3β is a pivotal mediator of cancer invasion and resistance to therapy.(T.Domoto), Pyko Ilya V, T.Furuta, K.Miyashita, M.Uehara, T.Shimasaki, M.Nakada, T.MinamotoCancer science107:1363-13722016年
  • Genetic polymorphisms of MAFK, encoding a small Maf protein, are associated with susceptibility to ulcerative colitis in JapanArisawa, Tomiyasu;Nakamura, Masakatsu;Otsuka, Toshimi;Jing, Wu;Sakurai, Naoko;Takano, Hikaru;Hayashi, Tasuku;Ota, Masafumi;Nomura, Tomoe;Hayashi, Ranji;Shimasaki, Takeo;Tahara, Tomomitsu;Shibata, TomoyukiWORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY23:5364-53702017年08月
  • 膵癌の増殖,浸潤と治療不応性をつなぐ治療標的GSK3β島崎猛夫, 堂本貴寛, 宮下知治, 中田光俊, 元雄良治, 太田哲生, 源利 成肝胆膵75:769-7752017年10月
  • Association between receptor interacting serine/threonine kinase 2 polymorphisms and gastric cancer susceptibilityMasafumi Ota,Tomomitu Tahara, Toshimi Otsuka, Wu Jing,Tomoe Nomura,Ranji Hayashi,Takeo Shimasaki,Masakatsu Nakamura,Tomoyuki Shibata,Tomoyasu ArisawaONCOLOGY LETTERS15:3772-37782018年
  • Polymorphism rs7521584 in miR-429 is associated with the severity of atrophic gastritis in patients with Helicobacter pylori infectionToshimi Otsuka,Tomomitu Tahara,Masakatsu Nakamura, Wu Jing,Masafumi Ota, Tomoe Nomura, Ranji Hayashi, Takeo Shimasaki, Tomoyuki Shibata, Tomiyasu ArisawaMolecular Medicine Reports18:2381-23862018年
  • Exosome Research and Co-culture StudyTakeo.Shimasaki, Satoko.Yamamoto, Tomiyasu.ArisawaBIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN41:1311-13212018年09月

書籍等出版物

  • Stress responses of pancreatic cancer cells and their significance in invasion and metastasis
    The Primo Vascular System: Its Role in Cancer and Regeneration
    Y.Motoo, QS.Xia, N.Nakaya, T.Shimasaki, H.Nakajima
    Springer 2012年
  • コラム④: ステージ分類とは?,第7章がんについてよくある質問: がん登録とは?
    図説カラダ大辞典②がん
    島崎猛夫
    金沢医科大学 2010年06月

受賞

  • 2013年 金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 Glycogen synthase kinase 3β inhibition sensitizes pancreatic cancer cells to gemcitabine. J Gastroenterol, 47(3):321-33, 2012.
    島崎猛夫,

競争的資金

  • 抗がん剤による膵がん細胞の浸潤形質獲得の分子機構の解明とがん治療への応用
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2015年 - 2017年  
    代表者:島崎猛夫
  • 進行膵癌とそのエキソソームをダブルターゲットとした治療薬の開発
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 橋渡し研究加速ネットワークプログラム
    研究期間:2015年 - 2015年  
    代表者:島崎猛夫
  • 進行膵癌とそのエキソソームをダブルターゲットとした治療薬の開発
    その他公的機関:橋渡し研究加速ネットワークプログラム
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:島崎猛夫
  • GSK3βを標的治療とした既存医薬品による膵がんの新規治療
    その他:(財)北國がん研究振興財団北國がん基金研究助成金
    研究期間:2013年 - 2013年  
    代表者:島崎猛夫
  • GSK3β阻害作用を持つ医薬品を用いた難治性膵癌の新規治療法の開発
    その他:(財)がん集学的治療研究財団一般研究助成
    研究期間:2012年 - 2012年  
    代表者:島崎猛夫
  • 化学療法により誘発されるEMT誘導因子の同定とその制御による膵がん治療法の開発
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2011年 - 2013年  
    代表者:島崎猛夫
  • GSK3βのがん促進機能の分子機構解明とその阻害に基づく消化器がん治療法の開発
    文部科学省:科学研究費 分担研究 特定領域研究研究
    研究期間:2008年 - 2009年  
    代表者:源 利成(金沢大学)分担・連携研究者:島崎猛夫
  • 塩酸ゲムシタビンによる膵がん細胞のEMT誘導の検証と分子細胞機構の解明
    文部科学省:科学研究費 萌芽研究
    研究期間:2007年 - 2008年  
    代表者:島崎 猛夫
  • 膵癌における塩酸ゲムシタビン耐性克服法の開発
    その他:(財)膵臓病研究財団助成金
    研究期間:2006年 - 2006年  
    代表者:島崎猛夫
  • 膵がん細胞のexosomeを介した浸潤性伝播の解明とその抑制剤の開発
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2018年 - 2020年  
    代表者:島崎 猛夫

研究シーズ

  • オントロジーによるがん登録システムの開発
  • 膵癌における塩酸ゲムシタビン耐性誘導メカニズムの分子機構の解明及び克服薬剤の探索


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.