詳細検索はこちら

西部 明子 ニシブ アキコ

所属部署名皮膚科学
職名准教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    皮膚免疫学

専門分野

  • 皮膚科学

学歴

  • 福島県立医科大学 大学院

学位

  • 博士(医学)

研究活動情報

論文

  • 表在性皮膚真菌症の再発予防指導 西部明子薬局71:2554-25572020年05月
  • 脂腺母斑より発生したspindle cell squamous cell carcinomaの1例石倉祐貴, 宮森睦月, 山口礼門, 和泉勝彦, 八田順子, 西部明子, 望月 隆, 山田壮亮臨床皮膚科74:55-602020年01月
  • Itching in a trichophytin contact dermatitis mouse model and the antipruritic effect of antifungal agentsT.Nakamura, N.Yoshida, K.Anzawa, A.Nishibu, T.MochizukiClinical and experimental dermatology44:381-3892019年06月
  • 右大腿に生じた成人単発性筋線維腫の1例牛上 敢, 和泉勝彦, 望月弘和, 藤井俊樹, 西部明子, 望月 隆皮膚科の臨床61:105-1092019年01月
  • A mouse model of Trichophyton inflammation based on trichophytin-induced contact hypersensitivityTomoya Nakamura, Naoki Yoshida, Akiko Nishibu, Takashi MochizukiMedical Mycology Journal60:65-702019年
  • A case of cutaneous mycosis caused by Scedosporium dehoogii on an immunocompromised patient.Sakata Yuichi;Taga Fumiaki;Ushigami Tsuyoshi;Takeda Kiminobu;Anzawa Kazushi;Nishibu Akiko;Mochizuki TakashiMycopathologia183:465-4702018年04月
  • Case of inflammatory tinea corporis affecting the dorsal surface of the thumb in a nail salon technician(Y.Kawakami), S.Hirano, S.Mistui, M.Kuyama, A.Nishibu, K.Anzawa, T.MochizukiThe Journal of Dermatology44:e294-e2952017年
  • Glycyrrhetinic acid inhibits contact hypersensitivity induced by trichophytin via dectin-1.T.Nakamura, A.Nishibu, N.Yoshida, M.Yasoshima, K.Anzawa, Y.Watanabe, Y.Nagai, K.Takatsu, K.Ogawa, T.MochizukiExperimental Dermatology25:299-3042016年
  • 足白癬および皮膚カンジダ症に対するルリコナゾール軟膏の有効性および患者満足度に関する調査.(阿部真也), 牛上 敢, 藤井俊樹, 竹田公信, 西部明子, 望月 隆診療と新薬52:795-8022015年08月
  • トシル酸スプラタストとインドメタシンファルネシル内服併用を試みた木村病の1例(阿部真也), 牛上 敢, 西部明子, 望月 隆, 上村百合, 島田賢一皮膚科の臨床57:439-4432015年04月
  • アトピー性皮膚炎様の皮疹を呈したTrichophyton tonsuransによる汎発性白癬竹田公信, 望月弘和, 坂田祐一, 牛上  敢, 西部明子, 安澤数史, 望月  隆, 花川博義, 柳原 誠日本小児皮膚科学会雑誌34:29-332015年
  • これがヘルペスのGiemsa染色像と蛍光抗体染色像だ西部明子Visual Dermatology14:1174-11752015年
  • 石川県における中学校柔道部のTrichophyton tonsurans感染症の集団検診坂田祐一, 坂元とも子, 北山明日香, 牛上 敢, 安澤数史, 藤井俊樹, 阿部真也, 西部明子, 望月 隆日本小児皮膚科学会雑誌32:121-1262013年06月
  • 水疱形成を伴った遺伝性血管性浮腫の1例小島清登, 藤井俊樹, 西部明子, 望月 隆, 新井田要皮膚の科学12:190‐1942013年06月
  • 皮膚疾患患者・家族のためのより良いコミュニケーションのために「アトピー性皮膚炎」西部明子Clinical derma15:9-102013年
  • Case of phaeohyphomycosis producing sporotrichoid lesions.M.Hasei, K.Takeda, K.Anzawa, A.Nishibu, H.Tanabe, T.MochizukiThe Journal of dermatology.40:638-6402013年
  • 金沢医科大学皮膚科において1998年から2007年に経験されたtinea capitis の23例竹田公信, 牛上 敢, 寺田麻衣子, 若松伸彦, 西部明子, 田邉 洋, 柳原 誠, 安澤数史, 河崎昌子, 望月 隆, 石崎 宏日本皮膚科学会雑誌121:1057-10612011年05月
  • Molecular epidemiology of Trichophyton tonsurans strains isolated in Japan between 2006 and 2010 and their susceptibility to oral antimycoticsK.Anzawa, T.Mochizuki, A.Nishibu, H.Ishizaki, K.Kamei, Y.Takahashi, M.Fujihiro, H.ShinodaJapanese journal of infectious diseases.64:458-4622011年
  • Letter:Two cases of metastases to the scalp bone mimicking epidermoid cyst(Y.Kato), N.Kikuchi, A.Nishibu, M.Ohtsuka, T.YamamotoDermatology Online Journal0.7173611112011年

書籍等出版物

  • 1年中出没して消えることのない口腔アフタ
    皮膚科トラブル対応テキスト(出光俊郎)
    西部明子
    文光堂  2019年
  • スポロトリコーシス
    皮膚疾患 最新の治療2019-2020(古川福実, 佐伯秀久)
    西部明子
    南江堂  2019年
  • 広範囲の体部白癬 [免疫不全, 糖尿病]
    口腔粘膜・皮膚症状から「見抜く」全身疾患(出光俊郎, 神部芳則)
    西部明子
    南江堂 2020年10月

競争的資金

  • 接触アレルギーにおける角化細胞接着分子と皮膚ランゲルハンス細胞の経時的解析
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2010年 - 2012年  
    代表者:西部 明子


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.