詳細検索はこちら

柴田 健雄 シバタ タケオ

所属部署名産科婦人科学
職名講師
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    排卵は炎症に類似する反応で,顆粒球コロニー刺激因子(granulocyte colony-stimulating factor:G-CSF)は卵巣顆粒膜細胞内に発現し,G-CSFにより誘導される好中球もLHサージ開始後に卵巣莢膜細胞内で増加することが報告されている.そのために両者は排卵機構において重要な役割をはたしていることが推察され,我々は排卵機構でのG-CSFと白血球の役割について検討している.

専門分野

  • 産婦人科学

学歴

  • 金沢医科大学

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

  • 2011年日本産婦人科学会

経歴

  • 2011年04月金沢医科大学 産科婦人科

研究活動情報

論文

  • The promise of combining cancer vaccine and checkpoint blockade for treating HPV-related cancerTakeo Shibata, Benjamin J Lieblong, Toshiyuki Sasagawa, Mayumi NakagawaCancer Treatment Reviews78:8-162019年08月
  • Single type infection of human papillomavirus as a cause for high-grade cervical intraepithelial neoplasia and invasive cancer in JapanJ.Sakamoto, S.Kamiura, K.Okayama, M.Okodo, T.Shibata, Y.Osaka, S.Fujita, E.Takata, H.Takagi, M.Takakura, T.SasagawaPapillomavirus Res.6:46-512018年12月
  • Utility of 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography in the differential diagnosis of benign and malignant gynaecological tumoursH.Takagi, J.Sakamoto, Y.Osaka, T.Shibata, S.Fujita and T.SasagawaJournal of medical imaging and radiation oncology62:471-4792018年08月
  • Comparison of the digene hybrid capture 2 and Roche cobas 4800 HPV tests for detection of CIN2+ in a referral population in JapanT.Sasagawa, T.Maehama, Y.Osaka, J.Sakamoto, T.Shibata, S.Fujita, M.TakakuraJournal of medical virology90:972-9802018年05月
  • Association between 18F-fluorodeoxyglucose-PET/CT and grade of uterine endometrial carcinomaH.Takagi, T.Sasagawa, T.Shibata, H.Minato, T.TakahashiTaiwanese Journal of Obstetrics and Gynecology57:283-2882018年04月
  • ジエノゲストの不正出血に対す芎帰膠艾湯の止血効果高木弘明, 高田 笑, 大阪康宏, 坂本人一, 柴田健雄, 藤田智子, 高倉正博, 笹川寿之産婦人科漢方研究のあゆみ35:74-782018年04月
  • Usefulness of the maximum standardized uptake value for the diagnosis and staging of patients with cervical cancer undergoing positron emission tomography/computed tomographyH.Takagi, J.Sakamoto, Y.Osaka, T.Shibata, S.Fujita, T.SasagawaMedicine97:e98562018年02月
  • 原発性副甲状腺機能亢進を伴った多発性内分泌腺腫症1型女性の妊娠と出生児への集学的管理土岐 真, 伊藤順庸, 岡本宣浩, 小林あずさ, 山田健太郎, 下出祐造, 辻 裕之, 柴田健雄, 笹川寿之, 犀川 太日本周産期・新生児医学会雑誌53:905-9082017年09月
  • ジエノゲスト長期投与における体重増加の検討高木弘明, 大阪 康宏, 坂本人一, 柴田健雄, 藤田 智子, 笹川 寿之日本エンドメトリオーシス学会会誌38:141-1442017年07月
  • Myeloperoxidase in blood neutrophils during normal and abnormal menstrual cycles in women ofreproductive ageT.Shibata J.Sakamoto Y.Osaka N.Neyatani S.Fujita Y.Oka T.akagi H.Mori H.Fujita Y.Tanaka T.SasagawaInt J Lab Hematol39:169-1742017年04月
  • 子宮頸部・膣前癌病変に対する新しい薬物治療;フェノール組織除去療法笹川寿之, 藤田智子, 大阪康宏, 坂本人一, 柴田健雄, 富澤英樹, 高倉正博, 高木弘明金沢医科大学雑誌42:63-682017年02月
  • Myeloperoxidase in blood neutrophils during normal and abnormal menstrual cycles in women of reproductive ageT.Shibata, J.Sakamoto, Y.Osaka, N.Neyatani, S.Fujita, Y.Oka, H.Takagi, H.Mori, H.Fujita, Y.Tanaka, T.SasagawaInternational Journal of Laboratory Hematology39:169-1742016年12月
  • 寄生筋腫捻転により生じた急性腹症の一例大阪康宏, 坂本人一, 川嶋 笑, 柴田健雄, 藤田智子, 高木弘明, 笹川寿之石川産科婦人科学会雑誌5:27-302016年12月
  • Granulocyte colony-stimulating factor as a potential inducer of ovulation in infertile women with luteinized unruptured follicle syndromeT.Shibata, S.Makinoda, T.Waseda, H.Tomizawa, R.Fujii, T.UtsunomiyaTranslational Research171:63-702016年05月
  • 子宮脱・子宮下垂における補中益気湯の有効性について高木弘明, 柴田健雄, 笹川寿之, 山川淳一, 牧野田知産婦人科 漢方研究のあゆみ32:21-242015年04月
  • ジエノゲスト投与中でもE2・FSHの変化によって閉経時期を確認できる高木弘明, 柴田健雄, 山口直孝, 大阪康宏, 坂本人一, 笹川寿之, 牧野田 知産婦人科の実際63:699-7052014年05月
  • 患者背景に精神的ストレスがある過活動膀胱患者に対する清心蓮子飲の有効性の検討柴田健雄, 笹川寿之, 高木弘明, 牧野田 知産婦人科漢方研究のあゆみ30:39-422013年
  • 子宮筋腫に対する桂枝茯苓丸を中心とした待機療法笹川寿之, 柴田健雄, 高木弘明, 牧野田知産婦人科漢方研究のあゆみ30:72-752013年
  • 【不妊治療のABC-ARTの前にできること】【不妊原因診断とARTの前の対処法】多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)柴田健雄, 富澤英樹, 牧野田 知臨床婦人科産科65:1114-11202011年09月

受賞

  • 2017年07月 金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 Myeloperoxidase in blood neutrophils during normal and abnormal menstrual cycles in women of reproductive age.
    柴田健雄

競争的資金

  • PCOSに対し脂肪幹細胞を用いた新たな再生医療で卵巣機能を包括的に改善させる研究
    文部科学省:科学研究費 若手研究
    研究期間:2018年 - 2019年  
    代表者:柴田 健雄


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.