詳細検索はこちら

川﨑 康弘 カワサキ ヤスヒロ

所属部署名精神神経科学
職名教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    統合失調症、感情障害の病態解明のため、脳科学的な臨床研究をおこなっている。領域としては認知神経科学、神経心理学、神経画像、精神薬理学、神経生理学がある。

専門分野

  • 医化学一般

学位

  • 医学博士

所属学協会

  • 2013年社)日本心身医学会 代議員
  • - 2015年日本サイコオンコロジー学会 代議員
  • - 2015年日本心身医学会 代議員
  • 2011年日本生物学的精神医学会 評議員
  • 2011年日本精神科診断学会 評議員
  • 2013年日本精神神経学会 代議員
  • 2009年日本精神保健・予防学会 評議員

経歴

  • 1990年06月金沢大学医学部附属病院(神経科精神科) 医員
  • 1992年04月金沢大学医学部(神経精神医学) 助手
  • 1995年01月ドイツ連邦共和国デュッセルドルフ大学 客員研究員
  • 1998年04月福井県立精神病院 医長
  • 2000年07月富山医科薬科大学医学部附属病院(精神科神経科) 講師
  • 2000年11月英国ロンドン大学精神医学研究所 客員研究員
  • 2007年04月富山大学附属病院(神経精神科) 臨床准教授
  • 2009年04月富山大学附属病院(神経精神科) 臨床教授
  • 2010年07月金沢医科大学精神神経科学 教授

研究活動情報

論文

  • Genetic correlations between subcortical brain volumes and psychiatric disordersOhi K, Shimada T, Kataoka Y, Yasuyama T, Kawasaki Y, Shioiri T, Thompson PMThe British journal of psychiatry216:280-2832020年05月
  • 多職種によるSMARPPと薬物療法の併用が奏功した覚せい剤依存症の一例嶋田貴充, 西念奈津江, 前田珠美, 長谷川充, 川﨑康弘, 前田義樹日本アルコール関連問題学会雑誌22:41-452020年
  • Polygenetic Risk Scores for Major Psychiatric Disorders Among Schizophrenia Patients, Their First-Degree Relatives, and Healthy Participants.Ohi K, Nishizawa D, Shimada T, Kataoka Y, Hasegawa J, Shioiri T, Kawasaki Y, Hashimoto R, Ikeda K.International Journal of Neuropsychopharmacology23:157-1642020年03月
  • 計算論的神経科学について川﨑康弘精神療法46:4-52020年02月
  • Differences in Fxecutive Function Among Patients With Schizophrenia,Their Unaffected First-Degree Relatives, and Healthy Participants.Yuzuru Kataoka, Takamitsu Shimada, Yoko Koide, Hiroaki Okubo, Takashi Uehara, Toshiki Sioiri, Yasuhiro Kawasaki, Kazutaka Ohi.International Journal of Neuropsychopharmacology23:731-7372020年11月
  • Open-label study of cognitive behavioural therapy for individuals with at-risk mental state: Feasibility in the Japanese clinical setting(Kazunori Matsumoto), Noriyuki Ohmuro, Naohisa Tsujino, Shimako Nishiyama, Koichi Abe, Yumiko Hamaie, Masahiro Katsura, Naomi Inoue, Hiroo Matsuoka, Yasuhiro Kawasaki, Toshifumi Kishimoto, Michio Suzuki, Masafumi MizunoEarly Intervention in Psychiatry13:137-1412019年02月
  • Smoking Rates and Number of Cigarettes Smoked per Day in Schizophrenia: A Large Cohort Meta-Analysis in a Japanese PopulationKazutaka Ohi, Takamitsu Shimada, Aki Kuwata, Yuzuru Kataoka, Hiroaki Okubo, Kohei Kimura, Toshiki Yasuyama, Takashi Uehara, Yasuhiro KawasakiThe international journal of neuropsychopharmacology22:19-272019年01月
  • Meta-analysis of physical activity and effects of social function and quality of life on the physical activity in patients with schizophreniaKazutaka Ohi, Yuzuru Kataoka, Takamitsu Shimada, Aki Kuwata, Hiroaki Okubo, Kohei Kimura, Toshiki Yasuyama, Takashi Uehara, Yasuhiro KawasakiEuropean Archives of Psychiatry and Clinical Neurosciences269:517-5272019年08月
  • Intelligence decline between present and premorbid IQ in schizophrenia: Schizophrenia Non-Affected Relative Project (SNARP)Ohi Kazutaka, Shimada Takamitsu, Kataoka Yuzuru, Koide Yoko, Yasuyama Toshiki, Uehara Takashi, Okubo Hiroaki, Kawasaki YasuhiroEuropean neuropsychopharmacology29:653-6612019年05月
  • Genome-Wide Variants Shared Between Smoking Quantity and Schizophrenia on 15q25 Are Associated With CHRNA5 Expression in the BrainKazutaka Ohi, Aki Kuwata, Takamitsu Shimada, Yuzuru Kataoka, Toshiki Yasuyama, Takashi Uehara, Yasuhiro KawasakiSchizophrenia Bulletin45:813-8232019年06月
  • Altered neural basis of self-reflective processing in schizophrenia: An fMRI study(Furuichi Atsushi), Kawasaki Yasuhiro, Takahashi Tsutomu, Nakamura Kazue, Tanino Ryoichiro, Noguchi Kyo, Kurachi Masayoshi, Suzuki MichioAsian Journal of Psychiatry45:53-602019年10月
  • Relationship of neighborly ties with cognitive decline and total mood disturbances in older adult residents of depopulated areas in Japan: The Ninchisho (Dementia) Supporter Caravan Himi StudyYoneyama Satoko, Tanaka Koji, Matsuda Yukihisa, Hashimoto Reiko, Ishizaki Masao, Tamai Akira, Kawasaki YasuhiroPsychiatry and clinical neurosciences73:763-7652019年12月
  • Spatial and temporal expression patterns of genes around nine neuroticism-associated lociOhi, Kazutaka;Shimada, Takamitsu;Yasuyama, Toshiki;Kimura, Kohei;Uehara, Takashi;Kawasaki, YasuhiroPROGRESS IN NEURO-PSYCHOPHARMACOLOGY & BIOLOGICAL PSYCHIATRY77:164-1712017年07月
  • がんに関わる心の諸問題川﨑康弘, 木村美代, 永田若菜, 橋本玲子, 山口節枝いしかわ精神保健58:1-252017年06月
  • Impact of Familial Loading on Prefrontal Activation in Major Psychiatric Disorders: A Near-Infrared Spectroscopy (NIRS) StudyK.Ohi, T.Shimada, H.Kihara, T.Yasuyama, K.Sawai, Y.Matsuda, K,Oshima, H.Okubo, Y.Nitta, T.Uehara, Y.KawasakiScientific Reports7:442682017年04月
  • Response to benzodiazepines and the clinical course in malignant catatonia associated with schizophrenia: A case report.Ohi Kazutaka;Kuwata Aki;Shimada Takamitsu;Yasuyama Toshiki;Nitta Yusuke;Uehara Takashi;Kawasaki YasuhiroMedicine96:e65662017年04月
  • がん終末期の難治性せん妄を理由に開始された持続的な深い鎮静を中止した結果、せん妄が改善した1例小川真生, 道渕路子, 我妻孝則, 西川美香子, 川崎康弘, 土田英昭, 寺口奏子Palliative Care Research12:501-5052017年03月
  • Olfactory function in neuropsychiatric disordersY.Ryo, M.Takeuchi, N.Ueda, K.Ohi, H.Kihara, T.Shimada, T.Uehara, Y.KawasakiPSYCHIATRY RESEARCH252:175-1792017年03月
  • Variability of 128 schizophrenia-associated gene variants across distinct ethnic populationsK.Ohi, T.Shimada, T.Yasuyama, H.Kihara, T.Uehara, Y.KawasakiTranslational Psychiatry7:1-62017年01月
  • Differences in social functioning among patients with major psychiatric disorders: Interpersonal communication is impaired in patients with schizophrenia and correlates with an increase in schizotypal traits.T.Yasuyama, K.Ohi, T.Shimada, T.Uehara, Y.KawasakiPsychiatry research249:30-342017年01月
  • Cognitive clustering in schizophrenia patients, their first-degree relatives and healthy subjects is associated with anterior cingulate cortex volume.Ohi Kazutaka;Shimada Takamitsu;Nemoto Kiyotaka;Kataoka Yuzuru;Yasuyama Toshiki;Kimura Kohei;Okubo Hiroaki;Uehara Takashi;Kawasaki YasuhiroNeuroImage. Clinical16:248-2562017年
  • 認知症サポーターキャラバン・スキルアップ編講座による認知症の知識向上に対する学習効果(松田幸久), 上原 隆, 石崎昌夫, 橋本玲子, 竹本早知子, 川﨑康弘日本認知症予防学会誌6:12-202017年
  • The Role of Family Variables in the Length of Stay of Psychiatric In-patients(S.Yoneyama), Y.Makita, K.Miyazu, K.Katsukawa, E.Yoneyama, S.Masuda, Y.Nakajima, Y.Kawasaki, K.MiyazuClinical practice and epidemiology in mental health12:87-932016年12月
  • Schizophrenia risk variants in ITIH4 and CALN1 regulate gene expression in the dorsolateral prefrontal cortexK.Ohi, T.Shimada, Y.Nitta, H.Kihara, H.Okubo, T.Uehara, Y.KawasakiPsychiatric Genetics26:142-1432016年06月
  • Structural alterations of the superior temporal gyrus in chizophrenia: Detailed subregional differencesK.Ohi, Y.Matsuda, T.Shimada, T.Yasuyama, K.Oshima, K.Sawai, H. Kihara, Y.Nitta, H.Okubo, T.Uehara, Y.KawasakiEuropean Psychiatry35:25-312016年05月
  • Abnormal asymmetries in subcortical brain volume in schizophrenia.(N.Okada), M.Fukunaga, F.Yamashita, D.Koshiyama, H.Yamamori, K.Ohi, Y.Yasuda, M.Fujimoto, Y.Watanabe, N.Yahata, K.Nemoto, Hibar D P, van Erp T G M, H.Fujino, M.Isobe, S.Isomura, T.Natsubori, H.Narita, N.Hashimoto, J.Miyata, S.Koike, T.Takahashi, H.Yamasue, K.Matsuo, T.Onitsuka, T.Iidaka, Y.Kawasaki, R.Yoshimura, Y.Watanabe, M.Suzuki, Turner J A, M.Takeda, Thompson P M, N.Ozaki, K.Kasai, R.HashimotoMolecular psychiatry21:1460-14662016年
  • Specific gene expression patterns of 108 schizophrenia-associated loci in cortexK.Ohi, T.Shimada, Y.Nitta, H.Kihara, H.Okubo, T.Uehara, Y.KawasakiSchizophrenia research174:35-382016年
  • The Five-Factor Model personality traits in schizophrenia: A meta-analysis.K.Ohi, T.Shimada, Y.Nitta, H.Kihara, H.Okubo, T.Uehara, Y.KawasakiPsychiatry research240:34-412016年
  • 統合失調症を考える川﨑康弘こころの科学180:132-1322015年03月
  • うつ病・躁うつ病におけるNIRSデータの時空間特性を活用した機械的鑑別補助法の作成松田幸久, 渡辺健一郎, 木原弘晶, 川﨑康弘信学技報40:259-2622015年
  • 富山県氷見市のへき地居住者に対する認知症スクリーニング調査松田幸久, 竹本早知子, 橋本玲子, 玉井 顕, 神田享勉, 石﨑昌夫, 三輪高喜, 森本茂人, 北村 修, 川﨑康弘金沢医科大学雑誌39:67-742014年12月
  • 計算論的精神医学におけるNMDA受容体機能の意義と可能性川﨑康弘臨床精神薬理17:1475-14832014年11月
  • 高齢者における嫉妬妄想の臨床的検討紋川友美, 紋川明和, 渡辺健一郎, 川﨑康弘精神科24:135-1402014年01月
  • Increased pituitary volume in subjects at risk for psychosis and patients with first-episode schizophrenia.(T.Takahashi), K.Nakamura, S.Nishiyama, A.Furuichi, E.Ikeda, M.Kido, Y.Nakamura, Y.Kawasaki, K.Noguchi, H.Seto, M.SuzukiPsychiatry and clinical neurosciences67:540-5482013年11月
  • レビー小体型認知症の臨床診断基準を満たしながらMIBG心筋シンチグラフィーでの集積低下を認めなかった1例嶋田 貴充, 紋川 明和, 渡辺 健一郎, 窪田 孝, 川﨑 康弘精神科22(3):333-3402013年03月
  • レビー小体型認知症の臨床診断基準を満たしながらMIBG心筋シンチグラフィーでの集積低下を認めなかった1例嶋田貴充, 紋川明和, 渡邉健一郎, 窪田 孝, 川﨑康弘精神科22:333-3402013年03月
  • 医学統計における感染症学入門川﨑康弘精神医学55:102-1032013年02月
  • Mismatch negativity and cognitive performance for the prediction of psychosis in subjects with at-risk mental state.(Y.Higuchi), T.Sumiyoshi, T.Seo, T.Miyanishi, Y.Kawasaki, M.SuzukiPloS one8:e54080;1-102013年01月
  • Effect of individual placement and support"with psychoeducational approach for schizophrenics."T.Terai, R.Hashimoto, Y.Nitta, T.Monkawa, Y.Kawasaki, K.KagechikaProceeding of the 7th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine212-2142013年
  • Longitudinal MRI study of the midline brain regions in first-episode schizophrenia.(T.Takahashi), K.Nakamura, E.Ikeda, A.Furuichi, M.Kido, Y.Nakamura, Y.Kawasaki, K.Noguchi, H.Seto, M.SuzukiPsychiatry research.212:150-1532012年
  • Altered depth of the olfactory sulcus in first-episode schizophrenia.(T.Takahashi), Y.Nakamura, K.Nakamura, E.Ikeda, A.Furuichi, M.Kido, Y.Kawasaki, K.Noguchi, H.Seto, M,SuzukiProgress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry40:167-1722012年
  • 統合失調症を脳画像で診断するためのVBM川﨑 康弘日磁医誌32:41-462012年
  • 構造MRIによる統合失調症の補助診断の可能性(鈴木道雄), 川﨑 康弘, 高柳陽一郎, 中村主計, 高橋 努精神神経科学雑誌114:807-8102012年
  • Reduced white matter fractional anisotropy and clinical symptoms in schizophrenia: a voxel-based diffusion tensor imaging study.(K.Nakamura), 川﨑 康弘, T.Takahashi, A.Furuichi, K.Noguchi, H.Seto, M.SuzukiPsychiatry Res.202:233-2382012年
  • Mismatch negativity and cognitive performance for the prediction of psychosis in subjects with at-risk mental state(Y.Higuchi), T.Sumiyoshi, Seo.T, T.Miyanishi, 川﨑 康弘, M.SuzukiPLoS One8:e540802012年
  • Longitudinal MRI study of the pituitary volume in chronic schizophrenia(T.Takahashi), M.Kido, K.Nakamura, A.Furuichi, SY.Zhou, Y.Kawasaki, K.Noguchi, H.Seto, H.Kurachi, M.Suzukia preliminary report. Psychiatry Res202:84-872012年
  • Longitudinal MRI study of the midline brain regions in first-episode schizophrenia.(T.Takahachi), K.Nakamura, E.Ikeda, A.Furuichi, M.Kido, Y.Nakamura, Y.Kawasaki, K.Noguchi, H.Seto, M.SuzukiPsychiatry Res.(in press)2012年
  • Altered depth of the olfactory sulcus in first-episode schizophrenia.(T.Takahashi), Y.Nakamura, K.Nakamura, E.Ikeda, A.Furuichi, M.Kido, Y.Kawasaki, K.Noguchi, H.Seto, M.SuzukiProg Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry.40:167-1722012年
  • A follow-up MRI study of the fusiform gyrus and middle and inferior temporal gyri in schizophrenia spectrum(Takahashi T), Zhou SY, Nakamura K, Tanino R, Furuichi A, Kido M, Y.Kawasaki, Noguchi K, Seto H, Kurachi M, Suzuki MProg Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry1;35(8):1957-64.2011年12月
  • 産褥期発症の強迫性障害患者に対する認知行動療法の適用例小泉葉月, 渡辺健一郎, 川﨑康弘北陸神経精神医学雑誌25:62-692011年11月
  • 鑑別診断に123I-MIBG心筋シンチグラフィーが有用であった幻覚妄想を伴った認知症の2症例紋川明和, 渡辺健一郎, 窪田 孝, 川﨑康弘臨床精神医学40:1297-13042011年10月
  • 緩和ケアについて川﨑康弘精神科19:286-2912011年09月
  • LORETA analysis of three-dimensional distribution of δ band activity in schizophrenia: relation to negative symptoms(Itoh T), Sumiyoshi T, Higuchi Y, Suzuki M, Y.KawasakiNeurosci Res70(4):442-82011年08月
  • Classification of first-episode schizophrenia patients and healthy subjects by automated MRI measures of regional brain volume and cortical thickness.(Takayanagi Y), Takahashi T, Orikabe L, Mozue Y, Y.Kawasaki, Nakamura K, Sato Y, Itokawa M, Yamasue H, Kasai K, Kurachi M, Okazaki Y, Suzuki MPLoS One.;6(6):e210472011年06月
  • 赤ひげ先生の行方川﨑康弘精神医学53:212-2132011年03月
  • Longitudinal volume changes of the pituitary gland in patients with schizotypal disorder and first-episode schizophrenia(Takahashi T), Zhou SY, Nakamura K, Tanino R, Furuichi A, Kido M, Y.Kawasaki, Noguchi K, Seto H, Kurachi M, Suzuki MProg Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry15;35(1):177-832011年01月
  • リエゾンと緩和 赤ひげ先生の行方川﨑康弘精神科17:528-5322010年10月
  • サイコーシス早期段階における生物学的所見(住吉太幹), 川﨑康弘, 高橋努, 中村主計, 樋口悠子, 瀬尾友徳, 伊東 徹, 古市厚志, 西山志満子, 倉知正佳, 鈴木道雄精神神経学雑誌112:346-3472010年10月
  • Volume reduction and altered sulco-gyral pattern of the orbitofrontal cortex in first-episode schizophrenia.(Takayanagi Y), Takahashi T, Orikabe L, Masuda N, Mozue Y, Nakamura K, Kawasaki Y, Itokawa M, Sato Y, Yamasue H, Kasai K, Okazaki Y, Suzuki MSchizophrenia research121: 55-65,2010年10月
  • Superior temporal gyrus volume in teenagers with first-presentation borderline personality disorder.(Takahashi T), Chanen A.M, Wood S.J.,, Kawasaki Y, Yucel M.,, McGorry P.D, Suzuki M, Velakoulis D, Pantelis CPsychiatry Res. Neuroimaging,182: 73-76,2010年10月
  • Superior temporal gyrus volume in antipsychotic-naive people at risk of psychosis.(Takahashi T), Wood S.J, Yung A.R, Walterfang M, Phillips L.J, Soulsby B, Kawasaki Y, McGorry P.D, Suzuki M, Velakoulis D, Pantelis CBr. J. Psychiatry,196: 206-2112010年10月
  • Lack of progressive gray matter reduction of the superior temporal subregions in chronic schizophrenia.(Takahashi T), Wood S.J, Kawasaki Y, Suzuki M, Velakoulis D, Pantelis CSchizophrenia research117: 101-102, 20102010年10月
  • Gray matter reduction of the superior temporal gyrus in patients with established bipolar I disorder.(Takahashi T..,), Malhi G.S, Wood S.J, Yucel M, Walterfang M, Kawasaki Y, Suzuki M, Pantelis CJ. Affect. Disord.123: 276-2822010年10月
  • Effect of tandospirone on mismatch negativity and cognitive performance in schizophrenia: A case report.(Higuchi Y), Sumiyoshi T, Kawasaki Y, Itoh T, Seo T, Suzuki MJournal of clinical psychopharmacology30: 732-4,2010年10月
  • Differentiation of first-episode schizophrenia patients from healthy controls using ROI-based multiple structural brain variables.(Takayanagi Y), Kawasaki Y, Nakamura K, Takahashi T, Orikabe, L., Toyoda E, Mozue Y, Sato Y, Itokawa I, Yamasue H, Kasai K., Kurachi M, Okazaki Y, Matsushita M., Suzuki MProgress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry34:10-172010年10月
  • An MRI study of the superior temporal subregions in patients with current and past major depression(T.Takahashi), M.Yucel, V.Lorenzetti, M.Walterfang, Y.Kawasaki, S.Whittle, M.Suzuki, C.Pantelis, N.B.AllenProgress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry34: 98-103, 2010.2010年10月
  • 統合失調症の早期発見・介入の試み―特殊外来の現状と課題―(西山志満子), 川﨑康弘, 住吉太幹, 田仲耕大, 高橋 努, 樋口悠子, 古市厚志, 松井三枝, 倉知正佳, 数川 悟, 鈴木道雄精神科17:230-2352010年08月
  • A follow-up MRI study of the superior temporal subregions in schizotypal disorder and first-episode schizophrenia.(Takahashi T), Suzuki M, Zhou S.Y, Tanino R, Nakamura K, Kawasaki Y, Seto H, Kurachi M.Schizophrenia research119: 65-74,2010年05月

書籍等出版物

  • うつ病 (上)セルフチェックでまず自覚/(中)脳の血流量を測り診断/(下)病状似た病気も判別
    丈夫がいいね40 検査を知ろう・下(北國新聞社編集局)
    川﨑康弘
    北國新聞社 2013年02月
  • うつ病
    新「名医」の最新治療2014(山口浩司、酒井寛史、杉村 健、小倉宏弥、山本真由)
    川﨑康弘
    朝日新聞出版 2013年12月
  • 頭部MRI画像における形態異常の簡便な評価法
    精神疾患診断のための脳形態・機能検査法
    川﨑康弘, 鈴木道雄
    株式会社 新興医学出版社 2012年02月
  • 緩和ケアと精神保健
    精神保健福祉士養成セミナー 第2巻/精神保健学-精神保健の課題と支援
    川﨑康弘
    株式会社 へるす出版 2012年01月
  • 構造MRI画像を用いた統合失調症の診断法
    精神疾患診断のための脳形態・機能検査法
    (鈴木道雄), 川﨑康弘, 高橋 努, 高柳陽一郎, 中村主計
    株式会社新興医学出版 2012年02月
  • MRIを用いた多施設共同研究へ向けた技術開発
    精神疾患診断のための脳形態・機能検査法
    (笠井清登), 川﨑康弘, 鈴木道雄, 根本清貴, 橋本龍一郎, 八幡憲明, 山下典生
    株式会社新興医学出版社 2012年02月
  • 総論/幻覚
    脳とこころのプライマリケア 6 幻覚と妄想
    川﨑康弘
    シナジー 2011年11月
  • Electrophysiological Imaging Evaluation of Schizophrenia and Treatment Response
    Handbook of Schizophrenia Spectrum Disorders VolumeⅢ
    (T. Sumiyoshi), Y.Higuchi, T.Ito, Y.Kawasaki
    Springer 2011年03月
  • 精神病未治療期間:定義,測定および転帰との関連. 「早期精神病の診断と治療」
    ヘンリー J. ジャクソン,パトリック D. マクゴーリ 編,水野雅文他監訳
    (住吉太幹), 川﨑康弘, 鈴木道雄
    医学書院 2010年09月
  • 精神病未治療期間:定義、測定、および転帰との関連
    早期精神病の診断と治療
    川﨑 康弘
    医学書院 2010年05月
  • 精神疾患の早期介入・支援
    今日の治療指針 2019年版(福井次矢, 高木 誠, 小室一成)
    川﨑康弘
    医学書院 2019年01月

受賞

  • 2015年09月 教育功労賞 日本サイコオンコロジー学会
    川﨑康弘

競争的資金

  • 児童・思春期における心の健康発達・成長支援に関する研究
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 分担研究 長寿・障害総合研究事業 障害者対策総合研究開発事業
    研究期間:2017年 - 2019年  
    代表者:水野雅文(東邦大学)分担・連携研究者:川﨑康弘
  • 精神疾患患者に対する早期介入とその体制の確立のための研究
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 分担研究 障害者対策総合研究開発事業
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:水野雅文(東邦大学)分担・連携研究者:川﨑康弘
  • 統合失調症患者の顔認知障害の時間-空間的解析
    その他:2016年度ノバルティスファーマ研究助成
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:川﨑康弘
  • 石川県における早期介入のための地域連携モデル構築に関する研究(金沢におけるデータ収集と解析)
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 分担研究 障害者対策総合研究開発事業
    研究期間:2015年 - 2015年  
    代表者:水野雅文(東邦大学)分担・連携研究者:川﨑康弘
  • 精神疾患患者に対する早期介入とその体制の確立のための研究
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金 分担研究 障害者対策総合研究事業
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:水野雅文(東邦大学)分担・連携研究者:川崎康弘
  • 磁気共鳴画像を用いた統合失調症患者にみられる上側頭回形態異常の多面的評価
    その他:統合失調症研究会 研究助成
    研究期間:2013年 - 2013年  
    代表者:川﨑康弘
  • 統合失調症の発症臨界期における社会認知障害の臨床研究
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2012年 - 2014年  
    代表者:川﨑康弘
  • 精神疾患患者に対する早期介入とその普及啓発に関する研究
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金 分担研究 障害者対策総合研究事業
    研究期間:2012年 - 2013年  
    代表者:水野雅文(東邦大学)分担・連携研究者:川﨑康弘
  • 統合失調症発症に関わる社会性獲得障害と心理社会的治療に関する生物学的研究
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2008年 - 2010年  
    代表者:川﨑康弘


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.