詳細検索はこちら

金﨑 啓造 カナサキ ケイゾウ

所属部署名糖尿病・内分泌内科学, 寄附研究部/先制分子食料科学研究部
職名准教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    米国ではcatechol-o-methyltransferase(COMT)およびその代謝産物(2-methoxyestradiol)の欠乏が妊娠高血圧症候群の病態に中心的役割を演じる可能性を示し、世界で初めてCOMTノックアウトマウスが妊娠高血圧症候群モデルノックアウトマウスであることを見いだし報告した。妊娠高血圧症候群とメタボリック症候群には病態に共通するところが多く、現在このCOMT不全のメタボリック症候群の病態における意義を解明すべく、基礎的検討を行っている。

専門分野

  • 病態医化学
    糖尿病学、腎臓内科学、

学歴

  • 滋賀医科大学 大学院
  • 滋賀医科大学 医学部 医学科

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

  • 1996年日本内科学会 認定医
  • 1997年日本腎臓学会 会員
  • 1997年日本透析医学会 会員
  • 2005年米国腎臓学会 会員
  • 2010年日本糖尿病学会 専門医
  • 2010年日本妊娠高血圧学会 理事
  • 2010年日本臨床分子医学会 会員
  • 2010年米国糖尿病学会 会員
  • 2012年日本病態栄養学会 会員
  • 2014年日本抗加齢医学会 会員

経歴

  • 1998年05月- 1999年05月滋賀医科大学 研修医
  • 1999年06月- 2001年03月大阪労災病院 嘱託研修医
  • 2003年04月- 2005年05月滋賀医科大学 研究員その後医員
  • 2005年06月- 2010年05月ハーバード大学医学部、ベス-イスラエル医療センター Post-doc その後 Instructor
  • 2010年07月- 2010年09月金沢医科大学 助教
  • 2010年01月金沢医科大学 講師

研究活動情報

論文

  • Concerted efforts to combat diabetic complications.K.KanasakiKidney international89:269-2712016年02月
  • Linagliptin but not Sitagliptin inhibited transforming growth factor-β2-induced endothelial DPP-4 activity and the endothelial-mesenchymal transition.S.Shi, K.Kanasaki, D.KoyaBiochemical and biophysical research communications471:184-1902016年
  • The pathological significance of dipeptidyl peptidase-4 in endothelial cell homeostasis and kidney fibrosisK.KanasakiDiabetology International7:212-2202016年
  • 特集 インクレチン薬による糖尿病治療の革新―基礎と臨床の架け橋― 基礎研究 インクレチンの腎臓への作用金﨑啓造最新医学71:28-362016年01月
  • 特集 SGLT2阻害薬を再評価する―明らかになってきた効果と副作用― 6.SGLT2阻害薬の問題点金﨑啓造, 古家大祐Progress in Medicine36:229-2332016年02月
  • 特集 腎機能を悪化させない日常診療 糖尿病における腎機能のみかたと対策金﨑啓造成人病と生活習慣病46:339-3432016年03月
  • 糖尿病腎線維化分子機構を標的とした治療戦略金﨑啓造Nephrology Frontier15:45-502016年03月
  • 特集 腎保護薬update 腎保護が期待される薬剤 SGLT2阻害薬金﨑啓造, 古家大祐腎と透析80:481-4852016年04月
  • 特集 糖尿病と腎症 慢性高血糖と腎症発症メカニズム金﨑啓造メディカル・ビューポイント37:2-32016年06月
  • 特集 糖尿病性腎症の克服を目指して~up to date~ SGLT2阻害薬と腎機能金﨑啓造Pharma Medica34:55-592016年06月
  • 特集 透析導入を防ぐ 図解でわかる!糖尿病腎症の病態生理と患者指導 1 病態生理からセルフケアまで 糖尿病腎症のすべて Q7 腎臓が悪くならないためには、運動をがんばったらよいの?金﨑啓造糖尿病ケア13:612-6142016年07月
  • 特集 透析導入を防ぐ 図解でわかる!糖尿病腎症の病態生理と患者指導 1 病態生理からセルフケアまで 糖尿病腎症のすべて Q8 腎臓を悪くしないための薬はあるの?金﨑啓造糖尿病ケア13:615-6172016年07月
  • 妊娠高血圧腎症の発症機序においてCOMT不全が演じる役割(植木典和), 金﨑啓造医学のあゆみ258:327-3292016年07月
  • 受賞講演 Young Investigator Award 2) 糖尿病腎の線維化分子機構とそれを標的とした治療戦略の開発金﨑啓造糖尿病合併症30:138-1442016年07月
  • SGLT2阻害薬 5.腎機能保護の観点からの有用性金﨑啓造, 古家大祐糖尿病59:641-6442016年09月
  • 内皮細胞dipeptidyl Peptidase-4が演じる病理学的意義と腎線維化金﨑啓造糖尿病59:703-7052016年10月
  • 特集 腎と糖・エネルギー代謝 腎におけるエネルギー代謝と慢性腎臓病金﨑啓造, 古家大祐Medical Science Digest42:571-5742016年11月
  • 腎線維化治療戦略におけるアンジオテンシン変換酵素阻害の生物学的重要性新田恭子, 金崎めぐみ, 金崎啓造, 古家大祐金沢医科大学雑誌40:131-1382015年12月
  • 特集 糖尿病の診断と治療 Up To Date Ⅳ.糖尿病腎症克服に残された課題へ挑戦 インクレチン関連薬への期待髙垣雄太, 金﨑啓造, 古家大祐月刊糖尿病7:60-682015年12月
  • Anti-albuminuric effects of spironolactone in patients with type 2 diabetic nephropathy: a multicenter, randomized clinical trial(S.Kato), S.Maruyama, H.Makino, J.Wada, D.Ogawa, T.Uzu, H.Araki, D.Koya, K.Kanasaki, Y.Oiso, M.Goto, A.Nishiyama, H.Kobori, E.Imai, M.Ando, S.MatsuoClinical and Experimental Nephrology19:1098-11062015年12月
  • 特集 糖尿病は回復するだろうか Part2―腎障害は寛解するか 腎障害が止めがたいタイプとは?金﨑啓造, 古家大祐糖尿病診療マスター13:885-8902015年11月
  • 特集:腎線維化 腎線維化と内皮細胞障害金﨑啓造日本腎臓学会誌57:1200-12052015年10月
  • Interactions of DPP-4 and integrin β1 influences endothelial-to-mesenchymal transitionS.Shi, S.P.Srivastava, M.Kanasaki, J.He, M.Kitada, T.Nagai, K.Nitta, S.Takagi, K.Kanasaki, D.KoyaKidney International.88:479-4892015年09月
  • 食事療法基準2014をめぐって Q-18 たんぱく質は、CKDステージ3aでは0.8~1.0g/kg 体重/日、ステージ3b、4、5では0.6~0.8g/kg 体重/日となっていますが、この範囲より多くても少なくてもいけないのでしょうか?その厳密性や許容範囲を教えてください。金﨑啓造, 古家大祐臨床栄養別冊 栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ vol.3 CKD(慢性腎臓病)の最新食事療法のなぜに答える 基礎編3:74-772015年08月
  • 特集 糖尿病・CKD合併高血圧の降圧目標と第一選択薬~古くて新しい問題をどう考えるか~ 4.糖尿病合併症CKDの高血圧 4-2 第一選択薬金﨑啓造, 古家大祐月刊糖尿病7:66-722015年08月
  • Ⅱ糖尿病性腎症総論 7.腎症病期分類金﨑啓造, 古家大祐腎と透析78:83-882015年06月
  • The relevance of the renin-angiotensin system in the development of drugs to combat preeclampsiaN.Ueki, S.Takeda, D.Koya, K.KanasakiInternational Journal of Endocrinology [Electronic Resource]2015:1-122015年04月
  • 特集:見えてきたSGLT2阻害薬の実力と新たな糖尿病治療薬の可能性 臨床効果から見るSGLT2阻害薬の光と影:わが国における実地使用を受けて 腎機能による有効性の違いと腎保護効果の可能性髙木 晋, 金﨑啓造, 古家大祐Mebio32:32-352015年03月
  • 特集 時代とともに広がる「糖尿病合併症」の懸念 各論Ⅰ.細小血管障害の診断と治療 透析導入前後の糖尿病管理金﨑啓造診断と治療103:329-3332015年03月
  • The biological significance of angiotensin-converting enzyme inhibition to combat kidney fibrosisT.Nagai, K.Nitta, M.Kanasaki, D.Koya, K.KanasakiClinical and Experimental Nephrology19:65-742015年02月
  • 特集 患者さんの問題解決!糖尿病食事療法 I.患者さんの問題に応える 【身体の問題】腎症があるのですが……蛋白質制限と塩分制限金﨑啓造, 古家大祐糖尿病診療マスター12:695-6992014年10月
  • 糖尿病腎症の病期分類改訂と食事指導の在り方金﨑啓造, 古家大祐メディカル朝日43:22-252014年09月
  • Low-protein diet for diabetic nephropathyT.Otoda, K.Kanasaki, D.KoyaCurrent diabetes reports.14:523;1-102014年09月
  • Lipid mediators in diabetic nephropathySP.Srivastava, S.Shi, D.Koya, K.KanasakiFibrogenesis & tissue repair [electronic resource]7:1-102014年09月
  • Combating kidney fibrosisK.Kanasaki, A.Maeshima, G.Taduri, I.RevueltaBioMed research international [electronic resource]2014:679154;1-22014年09月
  • 特集 糖尿病薬物療法における新たな展望 3. DPP4阻害薬金﨑啓造, 古家大祐動脈硬化予防13:19-252014年08月
  • 妊娠高血圧腎症と糖代謝異常・インスリン抵抗性金﨑啓造医学のあゆみ250:561-5652014年08月
  • The role of ubiquitination and sumoylation in diabetic nephropathy(C.Gao), W.Huang, K.Kanasaki, Y.XuBioMed research international [electronic resource]2014:160692;1-112014年06月
  • Linagliptin-mediated DPP-4 inhibition ameliorates kidney fibrosis in streptozotocin-induced diabetic mice by inhibiting endothelial-to-mesenchymal transition in a therapeutic regimenK.Kanasaki, S.Shi, M.Kanasaki, J.He, T.Nagai, Y.Nakamura, Y.Ishigaki, M.Kitada, SP.Srivastava, D.KoyaDiabetes.63:2120-21312014年06月
  • Feature 糖尿病治療薬Q&A SGLT-2阻害薬 SGLT-2阻害薬の作用機序について教えてください金﨑啓造, 古家大祐治療96:992-9932014年06月
  • Clinical therapeutic strategies for early stage of diabetic kidney diseaseM.Kitada, K.Kanasaki, D.KoyaWorld journal of diabetes [electronic resource]5:342-3562014年06月
  • ACE阻害薬の糖尿病性腎症治療における重要性の再検証:抗線維化ペプチドAcSDKP集積の観点より金﨑啓造, 永井貴子, 金﨑めぐみ, 古家大祐臨床薬理の進歩35:79-852014年06月
  • 特集 糖尿病性腎不全患者の腎代替療法 4. ライフスタイルカウンセリング(井村淳子), 金﨑啓造透析フロンティア24:20-262014年05月
  • Evidence-based clinical practice guideline for CKD 2013(Japanese Society of Nephrology), K.Kanasaki, M.Kitada, D.KoyaClinical and experimental nephrology18:346-4232014年05月
  • Cancer biology in diabetesS.Shi, Y.He, D.Koya, K.KanasakiJournal of diabetes investigation5:251-2642014年05月
  • Specific activation of K-rasG12D allele in the bladder urothelium results in lung alveolar and vascular defects(FA.Pena), K.Kanasaki, M.Kanasaki, S.Vong, C.Rovira, R.KalluriPloS one9:e95888;1-92014年04月
  • N-acetyl-seryl-asparatyl-lysyl-proline: a valuable endogenous anti-fibrotic peptide for combating kidney fibrosis in diabetesK.Kanasaki, T.Nagai, K.Nitta, M.Kitada, D.KoyaFrontiers in pharmacology [electronic resource]5:1-112014年04月
  • Interventions against nutrient-sensing pathways represent an emerging new therapeutic approach for diabetic nephropathyD.Koya, M.Kitada, S.Kume, K.KanasakiClinical and experimental nephrology18:210-2132014年04月
  • N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline inhibits diabetes-associated kidney fibrosis and endothelial-mesenchymal transitionT.Nagai, M.Kanasaki, SP.Srivastava, Y.Nakamura, Y.Ishigaki, M.Kitada, S.Shi, K.Kanasaki, D.KoyaBioMed research international [electronic resource]2014:696475;1-122014年03月
  • Combat diabetic nephropathy: from pathogenesis to treatment(T.Gohda), A.Mima, JY.Moon, K.KanasakiJournal of diabetes research.2014:207140;1-22014年03月
  • Pathophysiology of the aging kidney and therapeutic interventions.K.Kanasaki, M.Kitada, D.KoyaHypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension.35:1121-11282013年12月
  • Eplerenone ameliorates the phenotypes of metabolic syndrome with NASH in liver-specific SREBP-1c Tg mice fed high-fat and high-fructose diet.(T.Wada), Y.Miyashita, M.Sasaki, Y.Aruga, Y.Nakamura, Y.Ishii, M.Sasahara, K.Kanasaki, M.Kitada, D.Koya, H.Shimano, H.Tsuneki, T.SasaokaAmerican journal of physiology. Endocrinology and metabolism.305:E1415-E14252013年12月
  • 特集 糖尿病における心腎連関 Ⅵ.治療薬 Ⅵ-4 インクレチン製剤乙田敏城, 金﨑啓造, 古家大祐糖尿病11:106-1162013年11月
  • The biological consequence of obesity on the kidney.K.Kanasaki, M.Kitada, M.Kanasaki, D.KoyaNephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association.28suppl 4;1-72013年11月
  • 特集 CKDにおける高血圧治療‐ガイドラインから見る考え方 糖尿病合併CKD金﨑啓造, 古家大祐腎と透析75:507-5142013年10月
  • Ketogenic essential amino acids replacement diet ameliorated hepatosteatosis with altering autophagy-associated molecules.L.Xu, M.Kanasaki, J.He, M.Kitada, K.Nagao, H.Jinzu, Y.Noguchi, H.Maegawa, K.Kanasaki, D.KoyaBiochimica et biophysica acta.1832:1605-16122013年10月
  • Calorie restriction in overweight males ameliorates obesity-related metabolic alterations and cellular adaptations through anti-aging effects, possibly including AMPK and SIRT1 activation.M.Kitada, S.Kume, A.Takeda-Watanabe, S.Tsuda, K.Kanasaki, D.KoyaBiochimica et biophysica acta.1830:4820-48272013年10月
  • Angiogenic defects in preeclampsia: what is known, and how are such defects relevant to preeclampsia pathogenesis?K.Kanasaki, M.KanasakiHypertension research in pregnancy : official journal of the Japan Society for the Study of Hypertension in Pregnancy1:57-652013年10月
  • Role of the endothelial-to-mesenchymal transition in renal fibrosis of chronic kidney disease.J.He, Y.Xu, D.Koya, K.KanasakiClinical and experimental nephrology17:488-4972013年08月
  • MicroRNAs in kidney fibrosis and diabetic nephropathy: roles on EMT and EndMT.SP.Srivastava, D.Koya, K.KanasakiBioMed research international [electronic resource]2013:125469;1-102013年08月
  • Reply to regarding the mechanism of action of a proposed peptide agonist of the bone morphogenetic protein receptor activin-like kinase3(H.Sugimoto), V.S.Lebleu, D.Bosukonda, P.Keck, G.Taduri, W.Bechtel, H.Okada, W.Carlson, P.Bey, M.Rusckowski, B.Tampe, D.Tampe, K.Kanasaki, M.Zeisberg, R.KalluriNature medicine19:810-8112013年07月
  • Matrix metalloproteinase-9 deficiency phenocopies features of preeclampsia and intrauterine growth restriction.(V.Plaks), J.Rinkenberger, J.Dai, M.Flannery, M.Sund, K.Kanasaki, W.Ni, R.Kalluri, Z.WerbProceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America110:11109-111142013年07月
  • 特集:2型糖尿病診療における15のコントロバシー Ⅲ 糖尿病の慢性合併症 糖尿病性腎症に対するたんぱく質制限食と運動制限 異論/争論,私の意見金﨑啓造, 古家大祐糖尿病診療マスター11:369-3742013年05月
  • Three ileus cases associated with the use of dipeptidyl peptidase-4 inhibitors in diabetic patients.K.Kanasaki, K.Konishi, R.Hayashi, H.Shiroeda, T.Nomura, A.Nakagawa, T.Nagai, A.Takeda-Watanabe, H.Ito, S.Tsuda, M.Kitada, M.Fujii, M.Kanasaki, M.Nishizawa, Y.Nakano, Y.Tomita, N.Ueda, T.Kosaka, D.KoyaJournal of diabetes investigation4:673-6752013年05月
  • Loss of β1-integrin from urothelium results in overactive bladder and incontinence in mice: a mechanosensory rather than structural phenotype.K.Kanasaki, W.Yu, M.von Bondungen, JD.Larigakis, M.Kanasaki, F.Ayala de la Pena, R.Kalluri, WG. HillThe FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology27:1950-19612013年05月
  • The administration of pitavastatin augments creatinine clearance associated with reduction in oxidative stress parameters: acute and early effects.(H.Kakuda), K.Kanasaki, D.Koya, N.TakekoshiClinical and experimental nephrology17:240-2472013年04月
  • Sirtuins and renal diseases: relationship with aging and diabetic nephropathy.M.Kitada, S.Kume, A.Takeda-Watanabe, K.Kanasaki, D.KoyaClinical science124:153-1642013年02月
  • Diabetic nephropathy: the role of inflammation in fibroblast activation and kidney fibrosis.K.Kanasaki, G.Taduri, D.KoyaFrontiers in endocrinology [electronic resource]4:1-152013年02月
  • Anti-aging molecule, Sirt1: a novel therapeutic target for diabetic nephropathy.(S.Kume), M.Kitada, K.Kanasaki, H.Maegawa, D.KoyaArchives of pharmacal research.36:230-2362013年02月
  • 糖尿病合併高血圧患者を対象としたロサルタン/ヒドロクロロチアジド配合錠の腎機能保護効果とメタボリックシンドロームの関与小西一典, 中野 茂, 永井貴子, 渡邉 愛, 伊藤弘樹, 津田真一, 北田宗弘, 金﨑啓造, 西澤 誠, 中川 淳, 古家大祐血圧20:100-1052013年01月
  • Sirtuins as possible drug targets in type 2 diabetes.M.Kitada, S.Kume, K.Kanasaki, A.Takeda-Watanabe, D.KoyaCurrent drug targets14:622-6362013年01月
  • 特集:糖尿病とその合併症の成因-最新の知見- 各論 糖尿病細小血管症の成因とその予防・治療への応用金﨑啓造, 古家大祐最新医学67:77-862012年01月
  • Elevation of the antifibrotic peptide N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline: a blood pressure-independent beneficial effect of angiotensin I-converting enzyme inhibitorsM.Kanasaki, T.Nagai, M.Kitada, D.Koya, K.KanasakiFibrogenesis & tissue repair [electronic resource]4:25;1-122011年12月
  • 特集1 腎における内分泌関連トピックス VEGF・Flt1と蛋白尿・糸球体病変金﨑啓造腎と透析71:673-6792011年11月
  • Reversal of redox-dependednt inhibition of diacylglycerol kinase by antioxidants in mesangial cells exposed to high glucoseH.Astumi, M.Kitada, K.Kanasaki, D.KoyaMolecular medicine reports.4:923-9272011年09月
  • Dietary restriction ameliorates diabetic nephropathy through anti-inflammatory effects and regulation of the autophagy via restoration of Sirt1 in diabetic Wistar fatty (fa/fa) rats: a model of type 2 diabetesM.Kitada, A.Takeda, T.Nagai, H.Ito, K.Kanasaki, D.KoyaExperimental diabetes research [electronic resource]2011/908185;1-112011年09月
  • 特集 患者さんのQuestion 合併症の種類,発症の原因の指導方法は?永井貴子, 金﨑啓造, 古家大祐Q&Aでわかる肥満と糖尿病10:393-3952011年05月
  • 特集 糖尿病合併症の心血管疾患-focusすべき病態を識る-識る 心血管病の基盤となる分子病態と将来の臨床応用への展望 6慢性高血糖と血管新生異常金﨑啓造, 金﨑めぐみ, 古家大祐Heart View15:256-2612011年03月
  • Biology of obesity: lessons from animal models of obesityK.Kanasaki, D.KoyaJournal of biomedicine & biotechnology2011/735297;1-112011年
  • Biology of Obesity: Lessons from Animal Models of ObesityK.KanasakiJournal of Biomedicine and Biotechnologyin Press2011年
  • ビタミンB群大量投与による糖尿病性腎症進展に対する効果の検討:無作為化対照試験金﨑啓造, 古家大祐Angiology Frontier9:394-3952010年12月
  • 特集 糸球体疾患―腎炎からネフローゼまで,最高の診療を目指して 子癇前症の病態における新たな手がかり―子癇前症発症モデルマウスから得られた知見金﨑めぐみ, 金崎啓造内科106:95-972010年07月
  • The biology of preeclampsiaK.KanasakiKidney Int.76(8):831-72009年10月
  • Deficiency in catechol-O-methyltransferase and 2-methoxyoestradiol is associated with pre-eclampsia.K.KanasakiNature453(7198):1117-212008年06月
  • Integrin beta1-mediated matrix assembly and signaling are critical for the normal development and function of the kidney glomerulus.K.KanasakiDev Biol313(2):584-932008年01月
  • 特集 腎臓とエネルギー代謝 糖尿病腎症金﨑啓造, 古家大祐腎臓内科・泌尿器科2:131-1372015年08月
  • A very-low-protein diet ameliorates advanced diabetic nephropathy through autophagy induction by suppression of the mTORC1 pathway in Wistar fatty rats, an animal model of type 2 diabetes and obesity.M.Kitada, Y.Ogura, T.Suzuki, S.Sen, S.M.Lee, K.Kanasaki, S.Kume, D.KoyaDiabetologia59:1307-13172016年06月
  • Dipeptidyl peptidase-4 and kidney fibrosis in diabetes.S.Shi, D.Koya, K.KanasakiFibrogenesis & tissue repair9:1-12016年02月
  • Oral administration of N-Acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline ameliorates kidney disease in both type 1 and type 2 diabetic mice via a therapeutic regimen.K.Nitta, S.Shi, T.Nagai, M.Kanasaki, M.Kitada, S.P.Srivastava, M.Haneda, K.Kanasaki, D.KoyaBioMed research international2016:9172157-91721572016年03月
  • Restoration of the hypothalamic-pituitary-adrenal response to hypoglycemia in type 2 diabetes by avoiding chronic hypoglycemia.S.Tsuda, K.Konishi, T.Otoda, T.Nagai, A.Takeda-Watanabe, M.Kanasaki, M.Kitada, A.Nakagawa, M.Nishizawa, K.Kanasaki, D.KoyaInternal medicine55:3471-34732016年
  • シンポジウム2:糖尿病合併症の疫学と最新の診断法について 糖尿病腎症の疫学と診断―最近の話題―古家大祐, 北田宗弘, 金﨑啓造糖尿病合併症30:39-412016年06月
  • Effect of antifibrotic microRNAs crosstalk on the action of N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline in diabetes-related kidney fibrosis.S.P.Srivastava, S.Shi, M.Kanasaki, T.Nagai, M.Kitada, J.He, Y.Nakamura, Y.Ishigaki, K.Kanasaki, D.KoyaScientific reports6:29884-298842016年07月
  • Dipeptidyl peptidase-4 inhibition and renoprotection: the role of antifibrotic effectsYuta.Takagaki, Daisuke.Koya, Keizo.KanasakiCURRENT OPINION IN NEPHROLOGY AND HYPERTENSION26:56-662017年01月
  • Catechol-O-Methyltransferase Deficiency Leads to Hypersensitivity of the Pressor Response Against Angiotensin II.Norikazu.Ueki, Keizo.Kanasaki, Megumi.Kanasaki, Satoru.Takeda, Daisuke.KoyaHypertension69:1156-11642017年06月
  • Anagliptin ameliorates albuminuria and urinary liver-type fatty acid-binding protein excretion in patients with type 2 diabetes with nephropathy in a glucose-lowering-independent manner.Munehiro.Kitada, Shin-ichi.Tsuda, Kazunori.Konishi, Ai.Takeda-Watanabe, Mizue.Fujii, Keizo.Kanasaki, Makoto.Nishizawa, Atsushi.Nakagawa, Daisuke.KoyaBMJ Open Diabetes Research & Care5:e0003912017年07月
  • Cyclic and intermittent very low-protein diet can have beneficial effects against advanced diabetic nephropathy in Wistar fatty (fa/fa) rats, an animal model of type 2 diabetes and obesityMunehiro.Kitada, Yoshio.Ogura, Taeko.Suzuki, Itaru.Monno, Keizo.Kanasaki, Ai.Watanabe, Daisuke.KoyaNEPHROLOGY22:1030-10342017年12月
  • Deficiency in catechol-o-methyltransferase is linked to a disruption of glucose homeostasis in miceMegumi.Kanasaki, Swayam Prakash.Srivastava, Fan.Yang, Ling.Xu, Sumiyo.Kudoh, Munehiro.Kitada, Norikazu.Ueki, Hyoh.Kim, Jinpeng.Li, Satoru.Takeda, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaSCIENTIFIC REPORTS7:79272017年08月
  • FGFR1 is critical for the anti-endothelial mesenchymal transition effect of N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline via induction of the MAP4K4 pathwayJinpeng.Li, Sen.Shi, Swayam Prakash.Srivastava, Munehiro.Kitada, Takako.Nagai, Kyoko.Nitta, Miyuki.Kohno, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaCELL DEATH and DISEASE8:e29652017年08月
  • Linagliptin and its effects on hyperglycaemia and albuminuria in patients with type 2 diabetes and renal dysfunction: the randomized MARLINA-T2D trial(Per-Henrik.Groop), Mark E.Cooper, Vlado.Perkovic, Berthold.Hocher, Keizo.Kanasaki, Masakazu.Haneda, Guntram.Schernthaner, Kumar.Sharma, Robert C.Stanton, Robert.Toto, Jessica.Cescutti, Maud.Gordat, Thomas.Meinicke, Audrey.Koitka-Weber, Sandra.Thiemann, Maximilian.von EynattenDIABETES OBESITY & METABOLISM19:1610-16192017年11月
  • The Effect of Piceatannol from Passion Fruit (Passiflora edulis) Seeds on Metabolic Health in HumansMunehiro.Kitada, Yoshio.Ogura, Hiroko.Maruki-Uchida, Masahiko.Sai, Taeko.Suzuki, Keizo.Kanasaki, Yuna.Hara, Hiromi.Seto, Yuka.Kuroshima, Itaru.Monno, Daisuke.KoyaNUTRIENTS9:11422017年10月
  • 特集 糖尿病性腎症の現況と進展阻止対策―生活習慣の修正と薬物療法 糖尿病性腎症の治療―血糖コントロールの意義と新しい血糖降下薬への期待―金﨑啓造Current Therapy35:42-472017年01月
  • 特集 CKD患者のトータルケア:古典的リスク管理のup-dateと新規リスク因子管理の可能性 CKDにおける糖尿病管理金﨑啓造腎・高血圧の最新治療6:11-172017年01月
  • SGLT・レッスン SGLT2阻害薬が腎に及ぼす影響の可能性金﨑啓造, 古家大祐Diabetes Update6:36-422017年01月
  • 特集 迫る超高齢社会の糖尿病医療を考える 高齢者糖尿病における腎機能低下の病態と対策平井太郎, 金﨑啓造Diabetes Frontier28:45-512017年02月
  • 特集 高尿酸血症・糖尿病の臓器(腎)障害と治療 Up to Date SGLT2阻害薬と尿酸,腎臓金﨑啓造, 古家大祐尿酸と血糖3:89-932017年04月
  • 解説 妊娠高血圧腎症病態解析のための動物モデル(植木典和), 金﨑啓造腎臓内科・泌尿器科5:428-4362017年04月
  • 特集 食塩感受性高血圧UPDATE 妊娠高血圧がもたらす高血圧の新知見金﨑啓造, 植木典和医学のあゆみ261:824-8282017年05月
  • 特集 糖尿病診療のtrends & topics 2017 インクレチン関連薬の可能性新田恭子, 金﨑啓造Mebio34:68-752017年05月
  • 特集:上市から3年―SGLT2阻害薬の位置づけ SGLT2阻害薬と糖尿病合併症の発症抑制効果への期待金﨑啓造, 古家大祐日本医事新報4860:41-482017年06月
  • 顕性腎症を有する2型糖尿病患者におけるAST-120の血管内皮機能および動脈硬化改善効果小西一典, 中野 茂, 永井貴子, 渡邉 愛, 北田宗弘, 金﨑啓造, 西澤 誠, 中川 淳, 古家大祐Diabetes Frontier28:461-4662017年08月
  • 特集 SGLT2と心腎連関 EMPA-REG腎アウトカム金﨑啓造, 古家大祐循環器内科82:344-3502017年10月
  • 特集:高齢者糖尿病―病態・臨床の最新知見― Ⅳ.高齢者糖尿病患者の合併症の管理 細小血管合併症 高齢者の糖尿病腎症金﨑啓造日本臨牀75:1724-17322017年11月
  • 特集 糖尿病介入研究と動脈硬化 2.CANVAS:SGLT2阻害薬カナグリフロジンの心血管安全性島田圭司, 金﨑啓造動脈硬化予防16:12-172017年12月
  • Renal mitochondrial oxidative stress is enhanced by the reduction of Sirt3 activity, in Zucker diabetic fatty ratsYoshio.Ogura, Munehiro.Kitada, Itaru.Monno, Keizo,Kanasaki, Ai.Watanabe, Daisuke.KoyaRedox Report23:153-1592018年12月
  • FGFR1 is essential for N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline regulation of mitochondrial dynamics by upregulating microRNA let-7b-5pQiongying.Hu, Jinpeng.Li, Kyoko.Nitta, Munehiro.Kitada, Takako.Nagai, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaBiochemical and Biophysical Research Communications495:2214-22202018年01月
  • A low-protein diet exerts a beneficial effect on diabetic status and prevents diabetic nephropathy in Wistar fatty rats, an animal model of type 2 diabetes and obesityMunehiro.Kitada, Yoshio.Ogura, Taeko.Suzuki, Itaru.Monno, Keizo.Kanasaki, Ai.Watanabe, Daisuke.KoyaNutrition & Metabolism15:15:20.doi: 10.1186/s12986-018-0255-1. eCollection 2108.2018年03月
  • Severe electrolytes disorders with the interstitial kidney alterations in the patient with the history of total thyroidectomy and parathyroidectomy: possible role of vitamin D deficiencyEmi.Kawakita, Keizo.Kanasaki, Taro.Hirai, Shin-ichi.Tsuda, Ai.Watanabe, Kyoko.Nitta, Munehiro.Kitada, Yoshio.Ogura, Yuta.Takagaki, Mizue.Fujii, Takako.Nagai, Keiji.Shimada, Susumu.Takagi, Yuiko.Mizunuma, Itaru.Monno, Shino.Fujimoto, Hiroshi.Minato, Nobuhiko.Miyatake, Atsushi.Nakagawa, Daisuke.KoyaClinical Case Reports6:983-9892018年04月
  • A ketogenic amino acid rich diet benefits mitochondrial homeostasis by altering the AKT/4EBP1 and autophagy signaling pathways in the gastrocnemius and soleusJinpeng.Li, Megumi.Kanasaki, Ling.Xu , Munehiro.Kitada, Kenji.Nagao, Yusuke.Adachi, Hiroko.Jinzu, Yasushi.Noguchi, Miyuki.Kohno, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaBiochimica et Biophysica Acta-General Subjects1862:1547-15552018年07月
  • Ipragliflozin improves mitochondrial abnormalities in renal tubules induced by a high-fat dietSusumu.Takagi, Jinpeng.Li, Yuta.Takagaki, Munehiro.Kitada, Kyoko.Nitta, Toshiyuki.Takasu, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaJournal of Diabetes Investigation9:1025-10322018年09月
  • AMP-Activated Protein (AMPK) in pathophysiology of Pregnancy ComplicationsAsako.Kumagai, Atsuo.Itakura, Daisuke.Koya, Keizo.KanasakiInternational journal of molecular sciences19:19(10). Pii: E3076; doi:10.3390/ijms19103076.2018年10月
  • The role of renal dipeptidyl peptidase-4 in kidney disease: renal effects of dipeptidyl peptidase-4 inhibitors with a focus on linagliptinKeizo.KanasakiClinical Science132:489-5072018年02月
  • SIRT3 deficiency leads to induction of abnormal glycolysis in diabetic kidney with fibrosisSwayam Prakash.Sirvastava, Jinpeng.Li, Munehiro.Kitada, Hiroki.Fujita, Yuichiro.Yamada, Julie E. Goodwin, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaCell Death & Disease9:doi:10.1038/s41419-018-1057-02018年09月
  • 特集:腎臓学 この一年の進歩 糖尿病性腎症(腎臓病)金﨑啓造日本腎臓学会誌60:6-142018年01月
  • 特集 腎と糖尿病:変革期の診断と治療 DKD変革期の治療 SGLT2阻害薬金﨑啓造, 古家大祐腎と透析84:265-2712018年02月
  • 糖尿病の最新治療 6.糖尿病薬と腎疾患治療金﨑啓造BIO Clinica33:30-352018年11月
  • 特集 糖尿病性腎臓病 糖尿病と血管内皮障害金﨑啓造腎臓内科・泌尿器科8:326-3332018年10月
  • Review Article I 糖尿病腎線維化においてDPP-4が演じる病理的意義金﨑啓造DIABETES JOURNAL46:1-62018年12月
  • SGLT2阻害薬の最新のエビデンスと予期せぬ功罪 SGLT2阻害薬とDKD金﨑啓造, 古家大祐内分泌・糖尿病・代謝内科46:259-2652018年04月
  • 選択的血漿交換が奏効した甲状腺クリーゼの1例髙木 晋, 中川 淳, 山崎恵大, 横山 仁, 青木洋文, 梶波康二, 新田恭子, 金﨑啓造, 古家大祐日本内分泌学会雑誌94 Suppl.Update:17-192018年06月
  • 特集 糖尿病性腎症と糖尿病性腎臓病:最近の進歩 DPP-4阻害薬の腎保護効果金﨑啓造月刊糖尿病10:61-662018年11月
  • Correction: The role of renal dipeptidyl peptidase-4 in kidney disease: renal effects of dipeptidyl peptidase-4 inhibitors with a focus on linagliptinKeizo KanasakiClinical Science133:1512019年01月
  • Inhibition of Dipeptidyl Peptidase-4 Accelerates Epithelial-Mesenchymal Transition and Breast Cancer Metastasis via the CXCL12/CXCR4/mTOR AxisYang Fan, Takagaki Yuta, Yoshitomi Yasuo, Ikeda Takayuki, Li Jinpeng, Kitada Munehiro, Kumagai Asako, Kawakita Emi, Shi Sen, Kanasaki Keizo, Koya DaisukeCancer research79:735-7462019年02月
  • N-Acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline is a potential biomarker of renal function in normoalbuminuric diabetic patients with eGFR ≥ 30 ml/min/1.73 m2Nitta Kyoko, Nagai Takako, Mizunuma Yuiko, Kitada Munehiro, Nakagawa Atsushi, Sakurai Masaru, Toyoda Masao, Haneda Masakazu, Kanasaki Keizo, Koya DaisukeClinical and Experimental Nephrology23:1004-10122019年08月
  • Relevance of Autophagy Induction by Gastrointestinal Hormones: Focus on the Incretin-Based Drug Target and Glucagon.Kanasaki Keizo, Kawakita Emi, Koya DaisukeFrontiers in pharmacology10:4762019年05月
  • Dipeptidyl peptidase-4 plays a pathogenic role in BSA-induced kidney injury in diabetic miceTakagaki Yuta, Shi Sen, Katoh Makoto, Kitada Munehiro, Kanasaki Keizo, Koya DaisukeScientific reports9:75192019年05月
  • βklotho is essential for the anti-endothelial mesenchymal transition effects of N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-prolineGao Rongfen, Kanasaki Keizo, Li Jinpeng, Kitada Munehiro, Okazaki Toshiro, Koya DaisukeFEBS open bio9:1029-10382019年05月
  • Effect of switching to teneligliptin from other dipeptidyl peptidase-4 inhibitors on glucose control and renoprotection in type 2 diabetes patients with diabetic kidney diseaseKitada Munehiro, Ogura Yoshio, Nitta Kyoko, Fujii Mizue, Kanasaki Keizo, Konishi Kazunori, Iida Yasuo, Nakagawa Atsushi, Koya DaisukeJournal of diabetes investigation10:706-7132019年05月
  • 特集 慢性腎臓病における心血管障害 【CKDにおけるCVDの発症予防】 血糖管理平井太郎, 金﨑啓造, 古家大祐腎と透析86:41-462019年01月
  • 特集 心不全と糖尿病:基礎と臨床―膨らむ知見と大きな期待― SGLT2阻害薬の腎保護作用―エビデンスをもとに川北恵美, 金﨑啓造循環器内科85:348-3542019年03月
  • 特集 腎疾患の新規治療薬 SGLT2阻害薬の糖尿病性腎症に対する効果金﨑啓造日本腎臓学会誌61:465-4712019年05月

書籍等出版物

  • Ⅱ.Clinical nephrology B.尿細管・間質障害 2.腎線維化と内皮細胞間葉細胞分化
    Annual Review 腎臓 2016(冨野康日己, 柏原直樹, 成田一衛編集)
    金﨑啓造
    中外医学社 2016年01月
  • 第2章 糖尿病のリスク・合併症の患者説明シート16 6 透析になったら何がどうなる?~生活・症状~
    糖尿病ケア 2016年春季増刊(通巻161号) ダウンロードでそのまま使える!患者さんがみるみる変わる!魔法の糖尿病患者説明シート50+α 唱えて変身!魔法の言葉つき♪(細井雅之編集)
    金﨑啓造, 古家大祐
    メディカ出版 2016年03月
  • 9.腎疾患 糖尿病性腎症
    今日の治療指針 2015年版(Volume 57)(福井次矢,高木 誠,小室一成総編集)
    金﨑啓造
    医学書院 2015年01月
  • 糖尿病における心腎連関 インクレチン製剤
    月刊糖尿病(野出孝一企画編集)
    乙田敏城, 金﨑啓造, 古家大祐
    医学出版 2013年11月
  • 第5章 CKDの治療 Q50 糖尿病を合併するCKD患者の食事指導について教えてください
    CKD診療ガイド2012 Q&A(今井圓裕)
    金﨑啓造, 古家大祐
    診断と治療社 2013年01月
  • I.糖尿病 B.臨床分野での進歩 4.糖尿病性腎症チーム医療
    Annual Review 糖尿病・代謝・内分泌2013(寺内康夫、伊藤 裕、石橋 俊)
    金﨑啓造, 古家大祐
    中外医学社 2013年01月
  • 糖尿病検査シリーズ 尿中微量アルブミン排泄量
    月刊糖尿病別冊Vo3 No.2 脂質異常症と糖尿病UPDATE(及川眞一企画編集)
    金﨑啓造, 古家大祐
    医学出版 2011年02月
  • 12 糖尿病性腎症の治療6 食事療法:蛋白制限食は有効か、実際に行うか
    月刊糖尿病別冊Vo3 No.7 糖尿病性腎症とCKD―新たな展開と治療法の選択―(羽田勝計,槇野博史企画編集)
    金﨑啓造, 古家大祐
    医学出版 2011年07月
  • 7 合併症 ②腎症および水・電解質代謝 尿酸(尿酸クリアランスを含む)
    別冊プラクティス 糖尿病を診る ポケット検査事典(島田 朗, 黒瀬 健, 三浦義孝)
    金﨑啓造, 古家大祐
    医歯薬出版 2016年05月
  • 7 合併症 ②腎症および水・電解質代謝 電解質
    別冊プラクティス 糖尿病を診る ポケット検査事典(島田 朗, 黒瀬 健, 三浦義孝)
    金﨑啓造, 古家大祐
    医歯薬出版 2016年05月
  • Ⅲ章 治療方針・治療法 C.代謝異常に伴う腎疾患 1.糖尿病性腎症:病期からみた治療原則
    腎疾患・透析 最新の治療 2017-2019(山縣邦弘,南学正臣編集)
    金﨑啓造
    南江堂 2017年01月
  • 第1章 SGLT2阻害薬への疑問に答えます Q1 SGLT2阻害薬とは,どのような薬なのですか?
    教えて!SGLT2阻害薬の使いかた Q&Aとケーススタディで学ぶ、糖尿病患者への適切で安全な使い方とその根拠(加来浩平編集)
    金﨑啓造, 古家大祐
    羊土社 2017年02月
  • 第1章 SGLT2阻害薬への疑問に答えます Q2 血糖降下作用の実際の程度は?糖毒性への影響は?
    教えて!SGLT2阻害薬の使いかた Q&Aとケーススタディで学ぶ、糖尿病患者への適切で安全な使い方とその根拠(加来浩平編集)
    髙垣雄太, 金﨑啓造, 古家大祐
    羊土社 2017年02月
  • 第1章 SGLT2阻害薬への疑問に答えます Q3 体重が減るのはなぜ?減量目的で使用してよいのですか?
    教えて!SGLT2阻害薬の使いかた Q&Aとケーススタディで学ぶ、糖尿病患者への適切で安全な使い方とその根拠(加来浩平編集)
    平井太郎, 金﨑啓造, 古家大祐
    羊土社 2017年02月
  • 第1章 SGLT2阻害薬への疑問に答えます Q4 お腹が空きやすくなるって本当?
    教えて!SGLT2阻害薬の使いかた Q&Aとケーススタディで学ぶ、糖尿病患者への適切で安全な使い方とその根拠(加来浩平編集)
    髙木 晋, 金﨑啓造, 古家大祐
    羊土社 2017年02月
  • 第1章 SGLT2阻害薬への疑問に答えます Q5 血圧を改善するって本当?
    教えて!SGLT2阻害薬の使いかた Q&Aとケーススタディで学ぶ、糖尿病患者への適切で安全な使い方とその根拠(加来浩平編集)
    平井太郎, 金﨑啓造, 古家大祐
    羊土社 2017年02月
  • 第1章 SGLT2阻害薬への疑問に答えます Q6 脂質を改善するって本当?
    教えて!SGLT2阻害薬の使いかた Q&Aとケーススタディで学ぶ、糖尿病患者への適切で安全な使い方とその根拠(加来浩平編集)
    新田恭子, 金﨑啓造, 古家大祐
    羊土社 2017年02月
  • 第1章 SGLT2阻害薬への疑問に答えます Q7 結局どのような患者に適応になるの?
    教えて!SGLT2阻害薬の使いかた Q&Aとケーススタディで学ぶ、糖尿病患者への適切で安全な使い方とその根拠(加来浩平編集)
    髙木 晋, 金﨑啓造, 古家大祐
    羊土社 2017年02月
  • 第3章 多面的作用~病態および糖尿病関連疾患への効果 3 腎症
    教えて!SGLT2阻害薬の使いかた Q&Aとケーススタディで学ぶ、糖尿病患者への適切で安全な使い方とその根拠(加来浩平編集)
    金﨑啓造, 古家大祐
    羊土社 2017年02月
  • 患者さんとご家族のためのCKD療法ガイド2018
    患者さんとご家族のためのCKD療法ガイド2018
    横山 仁、金﨑啓造 他138名
    東京医学社 2018年12月
  • Pathophysiology of preeclanmpsia Glucose intolerance and insulin resistance: relevance in preeclampsia
    Comprehensive Gynecology and Obstetrics Preeclampsia Basic, Genomic, and Clinical(Shigeru Saito Editor)
    Keizo.Kanasaki
    Springer 2018年

受賞

  • 2016年05月 日本糖尿病学会 日本糖尿病学会リリー賞 内皮細胞DPP-4が演じる病理学的意義の解明
    金﨑啓造
  • 2016年11月 日本医師会 日本医師会医学研究奨励賞 血管内皮の恒常性維持機構破綻がもたらす臓器線維化機構の解明
    金﨑啓造
  • 2015年06月 日本腎臓学会 第58回日本腎臓学会学術総会 Clinical and Experimental Nephrology Best Citation Award, Review Article: corresponding author Role of the endothelial-to-mesenchymal transition in renal fibrosis of chronic kidney disease.(慢性腎臓病の腎線維化における内皮細胞-間葉細胞分化の役割)
    金﨑啓造
  • 2015年11月 日本糖尿病合併症学会 第30回日本糖尿病合併症学会 Young Investigator Award 糖尿病腎の線維化分子機構とそれを標的とした治療戦略の開発
    金﨑啓造
  • 2014年 金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 The biological consequence of obesity on the kidney.Nephrology
    金﨑 啓造
  • 2014年07月 日本腎臓学会 第57回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞 Linagliptin を用いた Dipeptidyl Peptidase-4 阻害 による糖尿病マウス腎線維化に対する治療効果 における microRNA29 意義
    金﨑 啓造
  • 2014年11月 万有生命科学振興国際交流財団 万有医学奨励賞優秀賞 メタボリックシンドローム・妊娠高血圧腎症に共通の分子機構解明と新規治療戦略の開発
    金﨑 啓造,
  • 2013年 金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 Pathophysiology of the aging kidney and therapeutic interventions. Hypertens Res, 35(12):1121-8, 2012.
    金﨑啓造,
  • 2012年 金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 Biology of obesity: lesson from animal models of obesity. Journal of Biomedicine and BiotechnologyVolume 2011 (2011), Article ID 197636, 11 pagesdoi:10.1155/2011/197636.
    金﨑啓造,
  • 2012年02月 第22回 腎と妊娠研究会 第22回 腎と妊娠研究会 学術奨励賞 PIGFノックアウトにおける妊娠中の生理的なsFlt1上昇は妊娠高血圧腎症様表現型をしない
    金﨑 啓造

競争的資金

  • 血管内皮の恒常性維持機構破綻がもたらす臓器線維化機構の解明
    その他:平成28年度日本医師会医学研究奨励賞
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:金崎啓造
  • カテコール代謝不全がもたらす糖代謝異常の統合的理解
    その他:2016年度ノバルティスファーマ研究助成
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:金崎啓造
  • 抗線維化ペプチド薬の開発
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 橋渡し研究加速ネットワークプログラム
    研究期間:2015年 - 2015年  
    代表者:金﨑啓造
  • 糖尿病腎の線維化分子機構解明と新規治療戦略の開発
    その他:(公財)内藤記念科学振興財団 内藤記念科学奨励金・研究助成
    研究期間:2015年 - 2015年  
    代表者:金﨑啓造
  • COMT不全がもたらす健康被害の分子機構解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2014年 - 2016年  
    代表者:金﨑啓造分担・連携研究者:金崎めぐみ
  • 抗線維化ペプチド薬の開発
    その他公的機関:橋渡し研究加速ネットワークプログラム
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:金﨑啓造
  • 糖尿病腎線維化機構における「尿」から再吸収された「糖」の意義を解明する。
    その他:(公財)日本糖尿病財団ベーリンガー/リリー糖尿病研究助成金
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:金﨑啓造
  • カテコール代謝不全がもたらす糖代謝異常の統合的理解と新規治療戦略開発
    その他:ノボ ノルディスク ファーマ インスリン研究助成
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:金﨑啓造
  • 臓器線維化を止める
    その他:(財)武田科学振興財団ビジョナリーリサーチ助成金
    研究期間:2013年 - 2013年  
    代表者:金﨑啓造
  • COMT不全のもたらす代謝異常の統合的理解と治療戦略の開発
    その他:(公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団調査研究助成金
    研究期間:2013年 - 2013年  
    代表者:金﨑啓造
  • COMT阻害剤投与により惹起される代謝異常全体像の把握
    文部科学省:科学研究費 分担研究 基盤研究(C)
    研究期間:2012年 - 2014年  
    代表者:金 一暁(滋賀医科大学)分担・連携研究者:金﨑啓造
  • メタボリック症候群治療の新たな分子標的:妊娠高血圧腎症と共通の分子機構に注目して
    その他:(財)武田科学振興財団医学系研究奨励金
    研究期間:2012年 - 2012年  
    代表者:金﨑啓造
  • メタボリックシンドローム・妊娠高血圧腎症に共通の分子機構解明と新規治療戦略の開発
    その他:(公財)万有生命科学振興国際交流財団研究助成
    研究期間:2012年 - 2012年  
    代表者:金﨑啓造
  • COMT不全とホモシステイン相互作用が演じる病理学的意義の解明
    文部科学省:科学研究費 若手研究(B)
    研究期間:2011年 - 2013年  
    代表者:金﨑啓造
  • 転写因子Stox1の生物学的・病理学的意義の検討
    その他:(財)ノバルティス科学振興財団研究奨励金
    研究期間:2011年 - 2011年  
    代表者:金﨑啓造
  • 脂肪肝に対するCOMT不全の是正を介したオートファジー誘導治療戦略の開発
    その他:(財)第一三共生命科学研究振興財団研究助成
    研究期間:2011年 - 2011年  
    代表者:金﨑啓造
  • メタボリック症候群・脂肪肝に対する新規治療法開発:妊娠高血圧腎症と共通の分子機構に注目して
    その他:(財)小野医学研究財団小野医学研究奨励助成
    研究期間:2011年 - 2011年  
    代表者:金﨑啓造
  • ACE阻害薬の糖尿病性腎症治療における重要性の再検証:抗線維化ペプチドAcSDKP集積の観点より
    その他:(公財)臨床薬理研究振興財団研究奨励金
    研究期間:2011年 - 2011年  
    代表者:金﨑啓造
  • メタボリック症候群・脂肪肝発症機構の検討
    その他:(財)上原記念生命科学財団研究助成金
    研究期間:2010年 - 2010年  
    代表者:金﨑啓造
  • ltransferase-2methoxyestradiol不全と葉酸およびホモシステイン代謝異常との相互作用検討
    その他:(財)かなえ医薬新興財団研究助成
    研究期間:2010年 - 2010年  
    代表者:金﨑啓造


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.