詳細検索はこちら

長内 和弘 オサナイ カズヒロ

所属部署名生命科学研究領域
職名教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    間質性肺疾患および慢性閉塞性肺疾患の病態発生における肺胞II型上皮細胞の役割、特に同細胞における肺サーファクタントの産生・輸送・分泌機能について

専門分野

  • 呼吸器内科学
    呼吸器内科学
  • 肺分子生物学
    分子生物学

学位

  • 医学博士

所属学協会

  • 2002年American Society for Biochemistry and Molecular Biology
  • - 2015年呼吸器合同北陸地方会 監事
  • 日本界面医学会 評議員
  • - 2015年日本呼吸器学会 国際委員
  • 日本呼吸器学会 評議員
  • - 2015年日本呼吸器学会 編集委員
  • - 2015年日本肺サーファクタント界面医学会 雑誌編集長
  • - 2015年日本肺サーファクタント界面医学会 評議員
  • - 2015年日本肺サーファクタント界面医学会 理事
  • 2004年- 2015年肺リモデリング研究会 プログラム委員
  • - 2015年白山カンファレンス 事務局

経歴

  • 1991年05月- 1994年03月コロラド大学医学部・National Jewish Center研究所 研究員
  • 1995年07月- 2005年03月金沢医科大学呼吸器内科 講師
  • 2005年04月金沢医科大学呼吸器内科 准教授
  • 1994年04月- 1995年06月山形県立日本海病院 内科医長
  • 1989年11月- 1994年03月山形大学医学部第1内科 助手
  • 1982年05月- 1989年01月山形大学医学部第1内科 医員

研究活動情報

論文

  • 肺原発NUT midline carcinomaの1例加藤 諒, 及川 卓, 水野史朗, 長内和弘, 栂 博久, 湊 宏肺癌55:1080-10852015年12月
  • 成人の睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対する持続気道陽圧療法のアドヒアランス向上の工夫藤本由貴, 西木一哲, 野尻正史, 中瀬啓介, 加藤 諒, 四宮祥平, 東野茉莉, 高原 豊, 齋藤雅俊, 小林 誠, 小島好司, 中川 研, 及川 卓, 高橋昌克, 水野史朗, 長内和弘, 栂 博久金沢医科大学雑誌40:139-1442015年12月
  • Lentiviral vector-mediated delivery of lysophatidylcholine acyltransferase 1 attenuates airway inflammation in ovalbumin-induced allergic asthmatic mice(S.Cheng), H.Chen, A.Wang, M.Xie, J.Xie, K.Osanai, J.Zhao, Y.Xu, W.Xiong, M.ZhouAsian Pacific Journal of Allergy and Immunology33:320-3292015年12月
  • 術後気管支狭窄にアレルギー性気管支肺アスペルギルス症様の病態を合併した1例及川 卓, 加藤 諒, 北楯祥子, 四宮祥平, 高原 豊, 齋藤雅俊, 小島好司, 藤本由貴, 中川 研, 水野史朗, 長内和弘, 栂 博久気管支学 : 日本気管支研究会雑誌37:203-2082015年03月
  • 気管支肺胞洗浄液のセルブロック標本が診断に有用であった肺ランゲルハンス細胞組織球症の1例高原 豊, 中瀬啓介, 野尻正史, 加藤 諒, 四宮祥平, 齋藤雅俊, 小島好司, 藤本由貴, 中川 研, 及川 卓, 水野史朗, 長内和弘, 栂 博久気管支学 : 日本気管支研究会雑誌37:240-2442015年03月
  • Adenovector-mediated gene transfer of lysophosphatidylcholine acyltransferase 1 attenuates oleic acid-induced acute lung injury in ratsM.Zhou, K.Osanai, M.Kobayashi, T.Oikawa, K.Nakagawa, S.Mizuno, Y.Muraki, H.TogaCritical care medicine.42:e716-e7242014年11月
  • A three-microphone acoustic reflection technique using transmitted acoustic waves in the airwayY.Fujimoto, J.Huang, T.Fukunaga, R.Kato, M.Higashino, S.Shinomiya, S.Kitadate, Y.Takahara, A.Yamaya, M.Saito, M.Kobayashi, K.Kojima, T.Oikawa, K.Nakagawa, K.Tsuchihara, M.Iguchi, M.Takahashi, S.Mizuno, K.Osanai, H.TogaJournal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985)115:1119-11252013年09月
  • シタフロキサシン長期投与が有効であった多剤耐性ノカルジア膿胸の1例及川 卓, 加藤 諒, 中川 研, 水野史朗, 長内和弘, 栂 博久日本呼吸器学会雑誌2:424-4282013年07月
  • 市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌による肺化膿症の1例齋藤雅俊, 及川 卓, 中川 研, 水野史朗, 長内和弘, 栂 博久日本呼吸器学会雑誌2:295-2992013年05月
  • アデノベクターによるラット肺へのリソフォスファチジルコリンアシル転移酵素1(LPCAT1)遺伝子デリバリーはオレイン酸肺傷害を抑制する周 敏, 長内和弘, 北楯祥子, 四宮祥平, 東野茉莉, 山谷淳代, 高原 豊, 齋藤雅俊, 小林 誠, 及川 卓, 中川 研, 土原一真, 水野史朗, 黄 正寿, 栂 博久分子呼吸器病17:143-1452013年01月
  • COPD発症・進展にかかわるサイトカイン,プロテアーゼの関与山谷淳代, 長内和弘日本臨床69:1748-17532011年10月
  • 急速に進行し菌球様陰影を呈した肺 Aspergillus niger 症の1例齋藤雅俊, 四宮祥平, 北楯祥子, 高原 豊, 山谷淳代, 小島好司, 藤本由貴, 及川 卓, 中川 研, 土原一真, 井口晶晴, 長内和弘, 栂 博久気管支学33:33-372011年01月
  • Birt-Hogg-Dube' 症候群の姉弟例中川 研, 北楯祥子, 齋藤雅俊, 藤本由貴, 小島好司, 及川 卓, 土原一真, 井口晶晴, 黄 正寿, 長内和弘, 栂 博久, 新井田要臨床放射線56:133-1372011年01月
  • 会長講演 当科における肺サーファクタント研究の軌跡~細胞内輸送を中心として栂 博久, 長内和弘日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌41:1-72010年10月
  • 一般講演 Rab38遺伝子異常によるラット肺胞II型上皮細胞の変化小林 誠, 長内和弘, 北楯祥子, 四宮祥平, 山谷淳代, 高原 豊, 齋藤雅俊, 土原一真, 井口晶晴, 樋口純子, 黄 正寿, 栂 博久日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌41:37-382010年10月
  • Rab38 遺伝子異常によるラット肺胞Ⅱ型上皮細胞の変化小林 誠, 長内和弘, 北楯祥子, 四宮祥平, 山谷淳代, 高原 豊, 齋藤雅俊, 土原一真, 井口晶晴, 樋口純子, 黄 正寿, 栂 博久日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌41:37-82010年10月
  • Altered lung surfactant system in a Rab38-deficient rat model of Hermansky-pudlak syndromeK.Osanai, J.Higuchi, R.Oikawa, M.Kobayashi, K.Tsuchihara, M.Iguchi, J.Huang, D.R.Voelker, H.TogaAmerican journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology.298:L243-L2512010年02月
  • Altered lung surfactant system in a Rab38-deficient rat model of Hermansky-Pudlak syndromeK. Osanai, J. Higuchi, R. Oikawa, M. Kobayashi, K. Tsuhihara, M. Iguchi, J. Huang, D.R. Voelker, H. TogaAm J Physiol Lung Cell Mol Physiol298:243-2512010年02月
  • 肺サーファクタントの細胞内輸送異常と遺伝性肺疾患長内和弘, 栂 博久日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌40:121-1242009年09月
  • ヘルマンスキー・パドラック症候群長内和弘日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌40:142-1432009年09月
  • Rab38欠損肺胞II型上皮細胞における肺サーファクタント・ホスファチジルコリンの分泌活性小林 誠, 長内和弘, 土原一真, 井口晶晴, 黄 正寿, 栂 博久, 樋口純子分子呼吸器病13:114-1162009年01月
  • Rab38欠損肺胞Ⅱ型上皮細胞における肺サーファクタント・ホスファチジルコリンの分泌活性小林 誠, 長内和弘, 土原一真, 井口晶晴, 黄正寿, 栂博久, 樋口純子分子呼吸器病13:114-1162009年
  • A mulation in rab38 small GTPase causes abnormal lung surfactant homeostasis and aberrant alveolar structure in miceK.Osanai, R.Oikawa, J.Higuchi, M.Kobayashi, K.Tsuchihara, M.Iguchi, J.Huang, H.Toga, D.R.VoelkerThe American journal of pathology.173:1265-12742008年11月
  • Rab38欠損ラット由来初代培養肺胞II型上皮細胞におけるフォスファチジルコリンの分泌活性長内和弘, 小林 誠, 及川理恵子, 三輪知子, 土原一真, 井口晶晴, 黄 正寿, 栂 博久, 樋口純子日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌39:33-342008年10月
  • Analysis and expression of Rab38 in oculocutaneous lung diseaseK.Osanai, D.R. VoelkerMethods in Enzymology438:203-152008年04月
  • 末梢気道上皮に特異的発現を示すRab38Gタンパク質の間質性肺疾患への関与の解明 課題番号15590833長内和弘文部科学省研究費補助金研究成果報告書(研究基盤C2)1-962008年03月
  • 肺炎を繰り返した後、自然喀石した気管支結石の1例及川理恵子, 高原 豊, 山谷淳代, 齋藤雅俊, 小島好司, 舘 由貴, 及川 卓, 中川 研, 土原一真, 井口晶晴, 戸部勇保, 高橋昌克, 黄 正寿, 長内和弘, 栂 博久日本呼吸器学会雑誌46:126-1302008年02月
  • Chocolateマウスに発現される変異Rab38蛋白質(Rab38cht)の特性解析長内和弘, 八田理恵子, 三輪知子, 小林 誠, 土原一真, 井口晶晴, 黄 正寿, 栂 博久, 樋口純子分子呼吸器病12:61-642008年01月
  • Chocolateマウスに発現される変異Rab38蛋白質(Rab38cht)の特性解析長内和弘, 八田理恵子, 三輪知子, 小林 誠, 土原一真, 井口晶晴, 黄正寿, 栂博久, 樋口純子分子呼吸器病12:61-642008年01月
  • Rab38欠損ラット由来初代培養肺胞Ⅱ型上皮細胞における肺サーファクタント・ホス ファチジルコリンの分泌活性長内和弘, 小林 誠, 及川理恵子, 三輪知子, 土原一真日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌39:33-342008年
  • A mutation in Rab38 small GTPase causes abnormal lung surfactant homeostasis and aberrant alveolar structure in miceKazuhiro Osanai, Rieko Oikawa, Junko Higuchi, Makoto Kobayashi, Katsuma Tsuchihara, Masaharu Iguchi, Huang Jongsu, Hirohisa Toga, Dennis R. VoelkerThe American journal of pathology.173:1265-12742008年
  • Rab38遺伝子突然変異動物はヘルマンスキー・パドラック症候群の形質を引き起こす小林 誠, 長内和弘, 八田理恵子, 三輪知子, 関利満, 黄正寿, 栂博久, 樋口純子日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌38:47-492007年
  • Rab38遺伝子突然変異動物はヘルマンスキー・パドラック症候群の形質を引き起こす長内和弘, 八田理恵子, 小林 誠, 三輪知子, 関 利満, 黄 正寿, 栂 博久, 樋口純子日本肺サーファクタント・界面医学会雑誌38:47-492007年
  • Rab38欠損ラットにおける肺病変の検討長内和弘, 八田理恵子, 三輪知子, 戸部勇保, 関 利満, 高橋昌克, 黄 正寿, 栂 博久, 樋口純子分子呼吸器病11:61-632007年
  • Rab38欠損ラットにおける肺病変の検討長内 和弘, 及川理恵子, 三輪知子, 戸部勇保, 関 利満, 高橋昌克, 黄 正寿, 栂 博久, 樋口純子分子呼吸器病11:61-632007年
  • Rab38低分子量Gタンパク質の遺伝子突然変異マウスにおける肺サーファクタント輸送異常と気腫性肺病変長内和弘, 八田理恵子, 井口晶晴, 関 利満, 高橋昌克, 黄 正寿, 栂 博久, 樋口純子分子呼吸器病10:191-1942006年06月
  • Rab38低分子量Gタンパク質の遺伝子突然変異マウスにおける肺サーファクタント輸送異常と気腫性肺病変長内 和弘分子呼吸器病10:191-1942006年06月
  • II型肺胞上皮細胞における細胞内蛋白移送と関連疾患の検討長内和弘分子呼吸器病10:155-1592006年06月
  • 注目の研究室 -基礎医学と臨床医学の架け橋的研究をめざしてー長内和弘, 黄 正寿, 栂 博久分子呼吸器病10:386-3872006年05月
  • 治療に難渋した喘息に原因不明の関節痛と発熱を併発した1例井口晶晴, 八田理恵子, 小島好司, 舘 由貴, 及川 卓, 中川 研, 土原一真, 関 利満, 高橋昌克, 石垣昌伸, 長内和弘, 栂 博久Prog. Med.26:211-2182006年01月
  • Pulmonary surfactant transport in alveolar type Ⅱ cellsK.Osanai, C.Tsuchihara, R.Hatta, T.Oikawa, K.Tsuichihara, M.Iguchi, T.Seki, M.Takahashi, J.Huang, H.TogaRespirology (Carlton, Vic.)11:S70-S732006年01月
  • 肺サーファクタントの細胞内処理過程における障害によって引き起こされる肺疾患長内和弘, 八田理恵子, 樋口純子, 土原一真, 及川 卓, 井口晶晴, 関 利満, 高橋昌克, 黄 正寿, 栂 博久, 高橋敬治日本界面医学会雑誌37:4-62006年
  • Stimulation of alveolar epithelial fluid clearance in human lungs by exogenous epinephrineT.Sakuma, K.Osanai34:676-6812006年
  • Stimulation of alveolar epithelial fluid clearance in human lungs by exogenous epinephrineT.Sakuma, X.Gu, Z.Wang, S.Maeda, M.Sugita, M.Sagawa, K.Osanai, H.Toga, L.B.Ware, G.Folkesson, M.A.MatthayCritical care medicine.34:676-6812006年
  • Pulmonary surfactant transport in alveolar type II cellsK.OsanaiRespirology (Carlton, Vic.)11:S70-S732006年
  • マウスにおけるRab38点突然変異は眼皮膚型白皮症と気腫性肺病変を引き起こす:Rab38がヘルマンスキー・パドラック症候群の原因遺伝子である可能性八田理恵子, 長内和弘, 土原千春, 土原一真, 戸部勇保, 井口晶晴, 関 利満, 高橋昌克, 石垣昌伸, 栂 博久, 樋口純子, 高橋敬治日本界面医学会雑誌36:15-172005年11月
  • Expression and characterization of Rab38, a new member of the Rab samll G protein familyK.Osanai, K.Takahashi, K.Nakamura, M.Takahashi, M.Ishigaki, T.Sakuma, H.Toga, T.Suzuki, D.R.VoelkerBiological chemistry.386:143-1532005年02月
  • プロテアーゼ・アンチプロテアーゼ説井口晶晴, 長内和弘Geriatric Medicine 老年医学43:405-4092005年
  • 肺胞Ⅱ型上皮細胞における肺サーファクタントの輸送経路長内和弘, 土原千春, 土原一真, 井口晶晴, 戸部勇保, 高橋昌克, 石垣昌伸, *佐久間勉, 栂 博久, 高橋敬治, 他分子呼吸器病8:237-2412004年
  • 皮膚転移にて診断が確定した肺非定型的カルチノイド腫瘍の1例八田理恵子, 南部静洋, 舘 由貴, 及川 卓, 中川 研, 土原一真, 戸部勇保, 長内和弘, 栂 博久, 他日本呼吸器学会雑誌42:357-3612004年
  • Role of CXC chemokines in ventilator-induced lung injury in ratsH.Toga, K.Tsuchihara, C.Tsuchihara, T.Tobe, M.Iguchi, M.Takahashi, M.Ishigaki, J.Huang, K.Osanai, *T.Fukunaga, *T.Sakuma, K.Takahashi, et al.Journal of Japanese Medical Society for Biological Interface35:9-162004年
  • Rab38の臓器特異的発現と細胞内局在長内和弘, 竹田祐二, 井口晶晴, 戸部勇保, 石垣昌伸, *佐久間勉, 栂 博久, 高橋敬治, 他日本界面医学会雑誌35:54-562004年
  • Maximal inspiratory flow with nasal continuous positive airway pressure in patients with sleep-disordered breathing:relevance to the upper airway reflexJ.Huang, Y.Tachi, *T.Fukunaga, K.Tsuchihara, M.Iguchi, T.Tobe, M.Takahashi, M.Ishigaki, K.Osanai, H.Toga, et al.Japanese Journal of Applied Physiology34:169-1762004年
  • Detection of inspiratory flow limitation with cardiogenic flow oscillation in patients with obstructive sleep apneaJ.Huang, Y.Tachi, *T.Fukunaga, K.Tsuchihara, M.Iguchi, T.Tobe, M.Takahashi, M.Ishigaki, K.Osanai, H.Toga, et al.Japanese Journal of Applied Physiology34:161-1672004年
  • 薬物治療の疑問,難問 5) ステロイド薬治療の対象となる患者は?高橋敬治, 長内和弘, 石垣昌伸, 戸部勇保, 竹田祐二, 中川 研, 及川 卓, 舘 由貴, 八田理恵子, 栂 博久呼吸器科3: 412-4162003年
  • 気道炎症にかかわる酸化ストレスの関与長内和弘日本臨床61: 2119-21252003年
  • The in vitro epithelial repair capacity in acid-injured alveolar cell modelM. Ishigaki, *T. Sakuma, Y. Tachi, R. Hatta, T. Oikawa, K. Nakagawa, Y. Takeda, M. Iguchi, T. Tobe, Y. Nambu, K. Osanai, H. Toga, K. Takahashi, N. Ohya, et al.Journal of Japanese Medical Society for Biological Interface34: 69-702003年
  • Mechanical stress on type II alveolar epithelial cells and production of CXC chemokinesH. Toga, K. Tsuchihara, M. Hida, K. Nakamura, C. Tsuchihara, T. Tobe, M. Iguchi, M. Ishigaki, Y. Nambu, K. Osanai, T. Sakuma, K. TakahashiJournal of Japanese Medical Society for Biological Interface34: 77-802003年
  • 胸部高分解能CTにて肺腺癌との鑑別が問題となった肺内リンパ節の1例八田理恵子, 南部静洋, 前坊義正, 舘 由貴, 及川 卓, 中川 研, 鈴木 智, 長内和弘, 栂 博久, 高橋敬治, 大谷信夫, 上田善道日本呼吸器学会雑誌40: 980-32002年
  • 肺サーファクタントの機能とその破綻長内和弘臨床病理50: 365-3692002年
  • 新 Rab 低分子量Gタンパク質 (Rab38) のラット肺における発現および局在長内和弘, 井口晶晴, 高橋敬治, 鈴木 智, 戸部勇保, 南部静洋, *佐久間勉, 栂 博久, 大谷信夫, 他日本界面医学会雑誌33: 62-642002年
  • 咳嗽の病態生理と治療法長内和弘, 高橋敬治JOHNS18: 2023-20262002年
  • オキシダント・アンチオキシダント仮説長内和弘現代医療34: 31-362002年
  • Time-dependent effect of pneumonectomy on alveolar epithelial fluid clearance in rat lungs*T. Sakuma, *M. Sagawa, M. Hida, Y. Nambu, K. Osanai, H. Toga, K. Takahashi, N. Ohya, et al.The Journal of thoracic and cardiovascular surgery.124: 668-6742002年
  • II型肺胞上皮細胞における肺サーファクタントの細胞内輸送経路長内和弘, 高橋敬治, 井口晶晴, 戸部勇保, 石垣昌伸, 南部静洋, 栂 博久, 大谷信夫, *佐久間勉臨床呼吸生理34: 69-732002年
  • Pulmonary surfactant phosphatidylcholine transport bypasses Brefeldin A sensitive compartment of alveolar type (]G0002[) cellsOSANAI KazuhiroBiochim Biophys Acta-Moll Cell Biol Lipid1531:222-92001年07月
  • 院内呼吸器感染症の対策-肺結核と人工呼吸器関連肺炎高橋敬治, 長内和弘, 南部静洋, 栂 博久内科87: 1084-10872001年
  • 肺サーファクタントの生理学高橋敬治, 長内和弘, 黄 正寿THE LUNG9: 402-4152001年
  • 気道分泌物吸引法(和田 功), 長内和弘, 高橋敬治, 他Medical Practice18 (増): 612-6152001年
  • 急性肺損傷の病態-感染症の立場から-高橋敬治, 鈴木 智, 土原一真, 土原千春, 戸部勇保, 笠倉尚人, 栂 博久, 長内和弘, 南部静洋, 他化学療法の領域17: 161-1712001年
  • 急性肺損傷の病態-感染症の立場から-(高橋敬治), 長内和弘化学療法の領域17:161-1712001年
  • Pulmonary surfactant phosphatidylcholine transport bypasses the brefeldin A sensitive compartment of alveolar typeⅡ cellsK. Osanai, et al.Biochimica et biophysica acta-molecular and cell biology of lipids1531: 222-2292001年
  • Inducible nitric oxide synthase expression and nuclear factor-κ B activation in alveolar typeⅡ cells in lung injuryH. Toga, *Y. Ueda, K. Osanai, M. Ishigaki, *S. Katsuda, K. Takahashi, N. Ohya, et al.Experimental lung research.27: 485-5042001年
  • Expression and localization of a novel Rab small G protein(Rab38)in the rat lungOSANAI KazuhiroAm. J. Pathol.158:1665-752001年
  • Expression and Localization of a novel Rab small G protein (Rab 38) in the rat lungK. Osanai, M. Ishigaki, K. Takahashi, Y. Nambu, *T. Sakuma, H. Toga, N. Ohya, et al.The American journal of pathology.158: 1665-16752001年
  • Effect of hypoxia on alveolar fluid transport capacity in rat lungs*T. Sakuma, M. Hida, Y. Nambu, K. Osanai, H. Toga, K. Takahashi, N. Ohya, et al.Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985)91: 1766-17742001年
  • Denopamine, a β1-adrenergic agonist, increases alveolar fluid clearance in ex vivo rat and guinea pig lungs*T. Sakuma, C. Tsuchihara, M. Ishigaki, K. Osanai, Y. Nambu, H. Toga, K. Takahashi, N. Ohya, et al.Journal of applied physiology (Bethesda, Md. : 1985)90: 10-162001年
  • Denopamine, a β1-adrenergic agonist increases alveolar fluid clearance in ex vivo rat and guinea pig lungsOSANAI KazuhiroJ. Appl. Physiol.2001年
  • COPDと新しい呼吸機能検査黄 正寿, 高橋敬治, *福永寿晴, 長内和弘, 南部静洋, 栂 博久, 大谷信夫治療学35: 1189-11942001年
  • Beta1-Adrenoceptor simulation by high-dose terbutaline downregulates terbutaline-stimulated alveolar fluid clearance in ex vivo rat lung*T. Sakuma, C. Tsuchihara, M. Ishigaki, K. Osanai, Y. Nambu, H. Toga, K. Takahashi, N. Ohya, et al.Experimental lung research.27: 453-4682001年
  • Beta1-Adrenergic Agonist is a Potent Stimulator of Alveolar Fluid Clearance in Hyperoxic Rat LungsOSANAI KazuhiroJpn. J. Pharmacology2001年
  • Beta1-Adrenergic Agonist a potent stimulator of alveolar fluid clearance in hyperoxic rat lungsT. Sakuma, M. Hida, Y. Nambu, K. Osanai, H. Toga, K. Takahashi, N. OhyaJapanese journal of pharmacology.85: 161-1662001年
  • Apotosis of alveolar typeⅡ cells in acute respiratory distress syndromeH. Toga, H. Kasakura, T. Tobe, *Y. Ueda, G. H. Yang, Y. Nambu, K. Osanai, *T. Sakuma, K. Takahashi, N. Ohya, et al.日本界面医学会雑誌32: 24-252001年
  • エンドトキシンとNO合成酵素遺伝子高橋敬治, 戸部勇保, 笠倉尚人, 栂 博久, 長内和弘, 南部静洋, 大谷信夫, 佐久間勉THE LUNG8:316-3262000年
  • エンドトキシンとNO合成酵素遺伝子長内 和弘2000年
  • Permeabilized rat alveolar typeⅡ cellからのフォスファチジルコリンの分泌長内和弘, 高橋敬治, 土原千春, 石垣昌伸, 岡田恒人, 南部静洋, 佐久間勉, 栂 博久, 大谷信夫, 他日本界面医学会雑誌31:26-322000年
  • Pemeabilized Rat Alueolar Type (]G0002[) Cellsからのフォスファチヅルコリンの分泌長内 和弘日本界面医学会雑誌2000年
  • Lung deflation impairs alveolar epithelial fluid transport in ischemic rabbit and rat lungsT.Sakuma, K.OsanaiTransplantation69:1785-17932000年
  • Lung deflation impairs alveolar epithelial fluid transport in ischemic rabbit and rat lungsT.Sakuma, C.Tsukano, M.Ishigaki, Y.Nambu, K.Osanai, H.Toga, K.Takahashi, N.Ohya, et al.Transplantation.69:1785-17932000年
  • Expression and localization of a novel rat small G protein in the rat lungOSANAI KazuhiroThe FASEB Journal2000年
  • 肺線維症とリモデリンブ高橋敬治, 長内和弘BIO Clinica14:778-7821999年
  • 咳嗽・喀痰・息切れ長内 和弘総合臨床1999年
  • オキシダント・アンチオキシダント不均衡による肺組織傷害長内 和弘日本臨床1999年
  • 特発性肺線維症に合併したびまん性誤嚥性細気管支炎の1例井口 晶晴, 岡崎 浩, 石垣 昌伸, 岡田 恒人, 野口 哲彦, 長内 和弘, 栂 博久, 高橋 敬治, 大谷 信夫, 上田 善道気管支学20:600-6041998年11月
  • Trafficking of newly synthesized surfactant protein A in isolated rat alveolar type (]G0002[) cellsOSANAI KazuhiroAm. J. Respir. Cell Mol Biol.19:929-351998年
  • Effects of interleukin-1β ow DNA synthesis in rat alveolar type (]G0002[) cells in primary cultureYang GH, OSANAI KazuhiroRespirology (Carlton, Vic.)4:139-451998年
  • 肺気腫の形成機序-特異な炎症終末像長内 和弘臨床医1997年
  • 特集-気管支喘息治療薬の使い分け-テオフィリン製剤長内 和弘臨床と薬物治療1996年
  • 気管支喘息治療薬の使い分け-テオフィリン製剤長内 和弘臨床と薬物療法1996年
  • 初代培養ラット肺胞II型上皮細胞における新合成フォスファチジルコリンの層状封入体への細胞内輸送におけるゴルジ装置の役割長内 和弘日本界面医学会雑誌1996年
  • How to use therapeutic drugs for bronchial asthma-theophylline derivativesOSANAI Kazuhiro1996年
  • Cloning of a novel small G protein expressed in type (]G0002[) alveolar epithelial cellsOSANAI Kazuhiro1996年
  • (]G0002[)型肺胞上皮細胞に発現されている新低分子量G蛋白質のクロ-ニング長内 和弘国際科学振興財団RMCB研究会抄録集1996年
  • 呼吸器疾患-states of arts-各種細胞の機能と代謝 マクロファ-ジ長内 和弘医学のあゆみ(別冊)1991年
  • Respiratory Disease - states of arts - function and metabolism of various cells macrophagesOSANAI KazuhiroIgaku no Ayumi(supplement)1991年
  • Changes of lung surfactant and pressure-volume curve in bleomycin・induced pulmonary fibrosisOSANAI KazuhiroJ. Appl. Physiol.70:1300-81991年
  • 喫煙と肺機能長内 和弘呼吸と循環1990年
  • Smoking and lung functionOSANAI KazuhiroKokyu to Junkan1990年
  • The effect of cigarette smoke on bleomycin-induced pulmonary fibrosis in hamstersOSANAI KazuhiroAm. Rev. Respir. Dis.(Am J Respir Crit Care Med)138:1276-12811988年
  • Sirt1 expression is associated with CD31 expression in blood cells from patients with chronic obstructive pulmonary disease.R.Kato, S.Mizuno, M.Kadowaki, K.Shiozaki, M.Akai, K.Nakagawa, T.Oikawa, M.Iguchi, K.Osanai, T.Ishizaki, N.F.Voelkel, H.TogaRespiratory research17:139-1512016年
  • ゲフィチニブ投与にて病勢の進行を緩和し得た非喫煙者のEGFR遺伝子変異陽性混合型小細胞肺癌の1例高原 豊, 野尻正史, 小島好司, 水野史朗, 長内和弘, 栂 博久肺癌56:124-1292016年
  • 胸腔鏡下胸膜生検にて診断しえた広範な胸膜進展を伴うEGFR陽性偽中皮腫性肺癌の1例高原 豊, 西木一哲, 中瀬啓介, 加藤 諒, 四宮祥平, 齋藤雅俊, 小島好司, 藤本由貴, 中川 研, 及川 卓, 水野史朗, 長内和弘, 栂 博久気管支学38:183-1892016年
  • p53 Signaling Pathway Polymorphisms Associated With Emphysematous Changes in Patients With COPDShiro.Mizuno, Takeshi.Ishizaki, Maiko.Kadowaki, Masaya.Akai, Kohei.Shiozaki, Masaharu.Iguchi, Taku.Oikawa, Ken.Nakagawa, Kazuhiro.Osanai, Hirohisa.Toga, Jose.Gomez-Arroyo, Donatas.Kraskauskas, Carlyne.D.Cool, Herman.J.Bogaard, Norbert.F.VoelkelCHEST152:58-692017年07月
  • 繰り返す月経時喀血の鑑別診断に苦慮した肺動静脈奇形の1例高原 豊, 加藤 諒, 中川 研, 水野史朗, 長内和弘, 栂 博久日本呼吸器学会誌6:215-2192017年05月
  • Exogenous gene transfer of Rab38 small GTPase ameliorates aberrant lung surfactant homeostasis in Ruby ratsKazuhiro.Osanai, Keisuke.Nakase, Takashi.Sakuma, Kazuaki.Nishiki, Masafumi.Nojiri, Ryo.Kato, Masatoshi.Saito, Yuki.Fujimoto, Shiro.Mizuno, Hirohisa.TogaRespiratory Research18:702017年04月
  • 再投与によって診断されたパゾパニブによる薬剤性肺障害の1例高原 豊, 中瀬啓介, 齋藤雅俊, 水野史朗, 長内和弘, 栂 博久日本呼吸器学会誌6:468-4722017年11月
  • ADRB2 gene polymorphism and emphysema heterogeneity can modulate bronchodilator response in patients with emphysemaNojiri Masafumi;Mizuno Shiro;Nishiki Kazuaki;Kato Ryo;Nakagawa Ken;Oikawa Taku;Iguchi Masaharu;Osanai Kazuhiro;Ishizaki Takeshi;Toga HirohisaPulmonary pharmacology & Therapeutics48:80-872018年02月
  • Rab38 Mutation and the Lung Phenotype.Osanai KazuhiroInternational journal of molecular sciences19:1-182018年07月
  • ラット実験アミオダロン肺障害モデルにおける肺サーファクタント恒常性の変化中瀬啓介, 長内和弘, (北楯祥子), 佐久間貴士, 西木一哲, 野尻正史, 加藤 諒, 高原 豊, 齋藤雅俊, 小島好司, 藤本由貴, 及川 卓, 中川 研, 水野史朗, 栂 博久分子呼吸器病22:99-1012018年03月

書籍等出版物

  • 第7章がんについてよくある質問 がんと疑われたとき、診断されたとき、がんではないかと心配?
    図説カラダ大辞典②がん
    長内和弘
    金沢医科大学出版局 2010年06月
  • 第2章病理・病態生理 病態生理
    新しい診断と治療のABC1 呼吸器1慢性閉塞性肺疾患改訂第2版(泉 孝英編集)
    長内和弘, 山谷淳代
    最新医学社 2010年12月
  • Analysis and expression of Rab38 in oculocutaneous lung disease
    Small GTPases in disease, Part A
    K.Osanai, D. R. Voelker
    Academic Press 2008年04月
  • Case 78, case 90
    呼吸器疾患ケーススタディ (泉 孝英 編)
    長内和弘
    南江堂 2003年
  • 8章一般処置・対処法
    新・図解日常診療手技ガイドー縮刷版ー (和田 攻,大久保昭行,矢崎義雄,大内尉義 編)
    長内和弘, 高橋敬治
    文光堂 2003年
  • 慢性閉塞性肺疾患の病態生理
    新しい診断と治療のABC 慢性閉塞性肺疾患-慢性気管支炎・肺気腫- (泉 孝英編)
    高橋敬治, 栂 博久, 長内和弘, 南部静洋
    最新医学社 2001年
  • 呼吸機能検査の評価Q&A
    呼吸(佐々木孝夫他編)
    長内和弘
    レスピレーションリサーチファンデーション 2000年

競争的資金

  • 気管支喘息の気道炎症におけるリゾリン脂質と同アシル基転移酵素の役割の解明
    その他:ノバルティスファーマ研究助成
    研究期間:2017年 - 2017年  
    代表者:長内和弘
  • 急性肺傷害におけるリゾリン脂質の解析と同アシル基転移酵素遺伝子導入の効果
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2015年 - 2017年  
    代表者:長内和弘
  • 肺サーファクタント輸送異常による間質性肺炎の病態解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2011年 - 2013年  
    代表者:長内和弘
  • 末梢気道上皮に特異的発現を示すRab38Gタンパク質の間質性肺疾患への関与の解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2003年 - 2006年  
    代表者:長内和弘
  • 肺におけるRab38低分子量Gタンパク質の発現と局在
    その他:RMCB研究会助成金
    研究期間:2003年 - 2003年  
    代表者:長内和弘
  • Rab低分子量Gタンパク質による細胞内小胞輸送機構を標的にした癌細胞への新たな分子標的治療戦略の構築 
    その他:(財)北國がん研究振興財団北國がん基金研究助成金
    研究期間:2003年 - 2003年  
    代表者:長内和弘
  • 肺胞Ⅱ型上皮細胞での肺サーファクタントの合成・輸送・分泌に関わるシグナル伝達機構
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:1998年 - 1999年  
    代表者:長内和弘
  • 肺胞Ⅱ型上皮細胞に発現されている低分子量Gタンパク質の細胞生物学的機能の解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:1996年 - 1997年  
    代表者:長内和弘

研究シーズ

  • 低分子量Gタンパク質(Rab)
  • 肺胞上皮細胞
  • 肺サーファクタント
  • Small G Protein(Rab)
  • Alveolar epithelial cell
  • Lung surfactant
  • 急性呼吸窮迫症候群


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.