詳細検索はこちら

岩谷 久美子 イワタニ クミコ

所属部署名母性看護学・助産学
職名講師
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    母性看護学、助産学に関する研究や分娩、子育て支援に関する研究について主に取り組んでいます。

学位

  • 博士(保健学)

所属学協会

  • 1991年- 2016年日本母性衛生学会 会員
  • 2000年- 2016年日本助産学会 会員
  • 2003年- 2016年日本看護学教育学会 会員
  • 2006年- 2016年日本看護科学学会 会員
  • 2011年- 2016年日本母性看護学会 会員

研究活動情報

論文

  • A descriptive study of student incident characteristics during birth assistance practical training: An educational perspectiveK.Iwatani, K.ShimadaJournal of the Tsuruma Health Science Society40:55-642016年07月
  • Content validity and utility of a proposed safety Management education model for birth assistance in midwifery clinical practiceK.Iwatani, K.ShimadaJournal of the Tsuruma Health Science Society39:13-242016年01月
  • 保健師・助産師が感じる初産婦の「育てにくさ」の背景要因 乳児家庭全戸訪問事業における体験から岩谷久美子, 清輔裕子, 森 寛子母性衛生56:383-3902015年07月
  • The perception of students towards the educational approach of clinical instructors during the maternity nursing clinical practicum:constructing a scale of students' perception and tendency of students' perception according to their backgroundK.Iwatani, K.Shimada, Y.FukumuraJ Tsuruma Health Sci Soc38:85-962014年07月
  • 乳児期までの障害のない子どもを持つ母親の「育てにくさ」の概念分析岩谷久美子, 清輔裕子梅花女子大学紀要3:1-122013年03月
  • 脊髄障害女性のセクシュアリティに関する文献検討岩谷久美子, 辻本裕子, 斉藤早苗, 河野益美梅花女子大学紀要2:1-132012年03月

競争的資金

  • 分娩介助における安全管理教育モデルの具現化:アウトカム指標の開発
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2016年 - 2018年  
    代表者:岩谷久美子
  • 正常分娩の地域分散型医療連携システム構築に向けた基盤づくり
    文部科学省:科学研究費 分担研究 基盤研究(C)
    研究期間:2015年 - 2017年  
    代表者:金森京子(聖泉大学)分担・連携研究者:岩谷久美子


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.