詳細検索はこちら

浅野 きみ アサノ キミ

所属部署名成人看護学
職名助教
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    リンパ浮腫の軽減を目的としたさらに有効なケア開発のための基礎的研究

専門分野

  • 基礎看護学

学歴

  • 金沢大学 大学院 医学系研究科

学位

  • 保健学修士

所属学協会

  • 2006年03月日本褥瘡学会 会員
  • 2005年コ・メディカル形態機能学会
  • 2014年看護理工学学会
  • 2015年05月日本創傷・オストミー・失禁管理学会 会員
  • 2016年01月日本集中治療医学会 会員
  • 2016年09月日本創傷治癒学会 会員

研究活動情報

論文

  • Lymph Drainage During Wound Healing in a Hindlimb Lymphedema Mouse Model(Komatsu, Emi);(Nakajima, Yukari);Mukai, Kanae;Urai, Tamae;Asano, Kimi;Okuwa, Mayumi;Sugama, Junko;Nakatani, ToshioLymphatic Research and Biology15:32-382017年03月
  • 肥満マウスにおける円形皮膚全層欠損創の創形保持を目的とした板状皮膚保護材使用の有用性(浦井珠恵),浅野きみ,中島由加里,向井加奈恵,中谷壽男形態・機能15:57-612017年03月
  • Effectiveness of changing the application of Japanese honey to a hydrocolloid dressing in between the inflammatory and proliferative phases on cutaneous wound healing in male mice.(Mukai K), Komatsu E, Yamanishi M, Hutakuchi M, Kanzaka K, Uno Y, Yamazaki S, Kato S, Yamamoto T, Hattori M, Nakajima Y, Urai T, Asano K, Murakado N, Okuwa M, Nakatani TWounds29:1-92017年01月
  • Does Obesity without Hyperglycemia Delay Wound Healing in an Obese Mouse Model Induced by a High-Fat Diet?(Tamae Urai), Yukari Nakajima, Kanae Mukai, Kimi Asano, Mayumi Okuwa, Junko Sugama, Toshio NakataniHealth9:1660-16792017年
  • The Relationship between Cutaneous Wounds Made on Obese Mice or Those with Decreased Body Weight and Serum Leptin Level(T.Urai), Haryanto, K.Mukai, T.Matsushita, K.Asano, Y.Nakajima, M.Okuwa, J.Sugama, T.NakataniHealth8:1015-10282016年
  • Evaluation of effects of topical estradiol benzoate application on cutaneous wound healing in ovariectomized female mice(K,Mukai), T.Urai, K.Asano, Y.Nakajima, T.NakataniPLOS ONE11:1-152016年
  • 未経験者による三角筋筋肉内注射の位置決め器具の使用に関する正確性と簡便性の検討(向井加奈恵),小松恵美,中島由加里,浦井珠恵,浅野きみ,中谷壽男形態・機能14:75-822016年03月
  • Anatomical investigation of position of crossing of superficial branch of radial nerve and cephalic vein and its frequency(K.Mukai), E.Komatsu, T.Urai, Y.Nakajima, K.Asano, N.Ozaki, T.NakataniStructure and Function14:3-112015年08月
  • キトサンオリゴ糖の腹膜腔内投与により誘発される腹膜炎の組織像(向井加奈恵), 浅野 きみ, 中島由加里, 高田佳奈, 原由里子, 浦井珠恵, 松尾淳子, 中谷壽男形態・機能10:73-792012年
  • 大学病院入院患者に発生した消退する発赤の転帰と悪化要因の検討(小西千恵), 須釜淳子, 真田弘美, 大桑麻由美, 紺家 千津子, 西澤知江, 島村 きみ日本褥瘡学会誌12:503-5082010年
  • Relationship between lymphangiogenesis and exudates during wound healing process of mouse skin full thickness wound.Kimi Shimamura, Toshio Nakatani, Aiko Ueda, Junko Sugama, Mayumi OkuwaWound repair and regeneration : official publication of the Wound Healing Society [and] the European Tissue Repair Society.17:598-6052009年
  • 腋窩神経の走行を推定するために,神経に伴行する後上腕回旋動脈の位置をポケット型超音波血流検知器を用いて測定することの有効性の研究島村 きみ, 木元仁美, 黒田知佳子, 中澤悦子, 廣瀬幸恵, 宮嶋美穂, 渡辺奈穂, 山本尚代, 大桑麻由美, 中谷壽男形態・機能7:3-62008年
  • A prospective study of blanchable erythema among university hospital patients(Chie Konishi), Junko Sugama, Hiromi Sanada, Mayumi Okuwa, Tomoe Nishizawa, Kimi ShimamuraInternational Wound Journal5:470-4752008年
  • 1%キトサンオリゴ糖の長期腹腔内投与による皮膚創傷治癒への影響と腹膜炎の誘起島村 きみ, 村中美緒, 井上 歩, 上田葵子, 紺家千津子, 大桑麻由美, 須釜淳子, 中谷壽男形態・機能6:83-872008年
  • 1%キトサンオリゴ糖の腹腔内投与がマウスの皮膚創傷治癒過程におよぼす効果島村 きみ, 村中美緒, 石田陽子, 二山未央, 森摩由美, 紺家千津子, 須釜淳子, 中谷壽男形態・機能5:97-1042007年

受賞

  • 2010年08月 日本褥瘡学会 日本褥瘡学会大浦賞 Relationship between lymphangiogenesis and exudates during the wound-healing process of mouse skin full-thickness wound
    浅野 きみ,

競争的資金

  • マウスを用いたリンパ浮腫発生機序から浮腫軽減や線維化を防止する効果的なケアの開発
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2016年 - 2018年  
    代表者:浅野きみ
  • リンパ浮腫の軽減を目的としたさらに有効なケア開発のための基礎的研究
    文部科学省:科学研究費 研究活動スタート支援
    研究期間:2014年 - 2015年  
    代表者:浅野きみ


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.