詳細検索はこちら

清川 悦子 キヨカワ エツコ

所属部署名病理学Ⅰ
職名教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    FRETの原理に基づく蛍光バイオセンサーを発現するマウスや細胞を用いて、生きた状態での細胞内情報伝達を可視化する。また、「操作する」技術も併せ、疾患の際の細胞形態や動態を制御する分子機構の解明を行い、病理診断の分子基盤の解明し、臨床検体を用いて検証する。特に、上皮細胞の接着・極性に注目し、腺癌で見られる形態とそれを制御する分子機構、レンズ上皮の接着維持に必須な分子DOCK5に注目する。

専門分野

  • 実験病理学

学歴

  • 浜松医科大学 大学院
  • 浜松医科大学 医学部

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

  • 2000年日本細胞生物学会
  • 2011年日本病理学会 学術評議委員
  • - 2015年日本病理学会 評議委員

経歴

  • 1995年04月- 1997年03月財団法人 日本エイズ財団 リサーチ・レジデント
  • 1997年04月- 2000年02月国立感染症研究所 感染病理部 厚生技官(研究員)
  • 2000年03月- 2004年09月理化学研究所 スフィンゴ脂質機能研究チーム 研究員
  • 2001年12月- 2005年03月科学技術振興機構/さきがけ研究21個人研究型「組織化と機能」領域 研究員
  • 2005年04月- 2006年03月大阪大学 微生物病研究所 情報伝達分野 助手
  • 2006年04月- 2007年03月京都大学大学院医学研究科 基礎病態学講座病態生物医学専攻 助手
  • 2007年04月- 2008年06月京都大学大学院 生命科学研究科 高次生命科学専攻 生体制御学分野 助教
  • 2008年07月- 2011年07月京都大学大学院医学研究科 基礎病態学講座 病態生物医学分野 講師
  • 2011年08月金沢医科大学 病理学I 教授(現職)

研究活動情報

論文

  • Upregulation of multiple signaling pathways by Dock5 deletion in epithelial cellsXiaohe Xu, Hisayoshi Yoshizaki, Yasuhito Ishigaki, Eri Kubo, Hiroshi Minato, Etsuko KiyokawaMolecular Vision23:1081-10922017年12月
  • An autocrine / paracrine circuit of growth differentiation factor (GDF) 15 has a role for maintenance of breast cancer stem-like cells(Asako.Sasahara), Kana.Tominaga, Tatsunori.Nishimura, Masao.Yano, Etsuko.Kiyokawa, Miki.Noguchi, Masakuni.Noguchi, Hajime.Kanauchi, Toshihisa.Ogawa, Hiroshi.Minato, Keiichiro.Tada, Yasuyuki.Seto,, Arinobu.Tojo, Norioko.GotohOncotarget8:24869-248812017年04月
  • FGF2 antagonizes aberrant TGFβ regulation of tropomyosin: role for posterior capsule opacity.E.Kubo, S.Shibata, T.Shibata, E.Kiyokawa, H.Sasaki, Dhirendra P.SinghJournal of Cellular and Molecular Medicine21:916-9282017年
  • Activation of Erk in ileal epithelial cells engaged in ischemic-injury repairHaruna Takeda, Etsuko KiyokawaScientific Reports7:164692017年
  • Future perspective of single-molecule FRET biosensors and intravital FRET microscopy.E.Hirata, E.KiyokawaBiophysical Journal111:1103-11112016年09月
  • Comparative lipid analysis in the normal and cancerous organoids of MDCK cells.H.Yoshizaki, H.Ogiso, T.Okazaki, E.KiyokawaJournal of Biochemistry159:573-5842016年06月
  • Propolis, a constituent of honey, inhibits the development of sugar cataracts and high-glucose-induced reactive oxygen species in rat lensesT.Shibata, S.Shinnsuke, N.Shibata, E.Kiyokawa, H.Sasaki, DP.Singh, E.KuboJournal of Ophthalmologydoi: 10.1155/2016/1917093.:0-02016年
  • CRISPR-Cas9システムを用いたTpm2ノックアウトマウスによる後発白内障研究柴田哲平, 柴田伸亮, 柴田奈央子, 清川悦子, 伊川正人, 佐々木洋, 久保江理日本眼科学会雑誌120:50-512016年
  • Regulation of Ripply1 expression in MDCK organoidsH.Yoshizaki, Y.Kuwajima, H.Minato, E.KiyokawaBiochemical and Biophysical Research Communications468:337-3422015年12月
  • 【細胞シグナル操作法】分子からみたシグナル操作法 Gタンパク質 Rhoファミリー相川あかね, 清川悦子生体の科学66:404-4052015年10月
  • Heterogeneity in ERK activity as visualized by in vivo FRET imaging of mammary tumor cells developed in MMTV-Neu mice(Y.Kumagai), H.Naoki, E.Nakasho, Y.Kamioka, E.Kiyokawa, M.MatsudaOncogene.34:1051-10572015年
  • Activated K-RAS and its effect on morphological appearance.E.Kiyokawa, H.MinatoJournal of biochemistry.156:137-1452014年06月
  • In vivo imaging reveals PKA regulation of ERK activity during neutrophil recruitment to inflamed intestines(R.Mizuno), Y.Kamioka, K.Kabashima, M.Imajo, K.Sumiyama, E.Nakasho, T.Ito, Y.Hamazaki, Y.Okuchi, Y.Sakai, E.Kiyokawa, M.MatsudaThe Journal of experimental medicine.211:1123-11362014年
  • Insufficient ability of Rac1b to perturb cystogenesis(Moshifumi Mori), Michiyuki Matsuda, Etsuko KiyokawaSmall GTPases4: 9-152013年
  • Chimaerin suppresses Rac1 activation at the apical membrane to maintain the cyst structure(S.Yagi), M.Matsuda, E.KiyokawaPloS onee522582012年12月
  • FRETバイオセンサーによって明らかとなった上皮構造維持における低分子量Gタンパク質Rac1の役割清川悦子生化学84:947-9512012年11月
  • 脂質の局在を可視化するFRETバイオセンサー清川悦子金沢医科大学雑誌37:59-652012年08月
  • 細胞内シグナルのin vivo イメージング清川悦子, 松田道行病理と臨床30:712-7182012年07月
  • Activated ras protein accelerates cell cycle progression to perturb Madin-Darby canine kidney cystogenesis(A.Sakurai), M.Matsuda, E.KiyokawaThe Journal of biological chemistry.287:31703-317112012年06月
  • A genetically encoded Forster resonance energy transfer (FRET) biosensor for two-photon excitation microscopy.(熊谷 悠香), 上岡 裕治, 八木 俊輔, 松田 道行, 清川 悦子Anal. Biochem.413(2), 192-1992011年06月
  • Heterogeneity of Phosphatidic Acid Levels and Distribution at the Plasma Membrane in Living Cells as Visualized by a Forster Resonance Energy Transfer (FRET) Biosensor.(西岡 照子), Miachael A Frohman, 松田 道行, 清川 悦子The Journal of biological chemistry.285 (46): 35979-359872010年09月
  • Spatiotemporal Regulation of Small GTPases as Revealed by Probes Based on the Principle of Forster Resonance Energy Transfer (FRET)清川 悦子, 青木 一洋, 中村 岳史, 松田 道行Annu. Rev. Pharmacol. Toxicol.51: 337-3582010年01月
  • Rapid Turnover Rate of Phosphoinositides at the Front of Migrating MDCK Cells.(T.Nishioka), K.Aoki, K.Hikake, H.Yoshizaki, E.Kiyokawa, M.MatsudaMolecular biology of the cell.19(10) pp.4213-232008年10月
  • Collagen VI suppresses fibronectin-induced enteric neural crest cell migration by downregulation of focal adhesion proteins.S.Nishida, H.Yoshizaki, Y.Yasui, T.Kuwahara, E.Kiyokawa, M.KohnoBiochemical and Biophysical Research Communications495:1461-14672018年01月
  • The roles of 18F-FDG-PET/CT and US-guided FNAC in assessment of axillary nodal metastases in breast cancer patients.Y.Nakano, M.Noguchi, M.Yokoi-Noguchi, Y.Ohno, E.Morioka, T.Kosaka, T.Takahashi, H.MinatoBreast cancer24:121-1272017年01月
  • Tropomyosin 2 heterozygous knockout in mice using CRISPR-Cas9 system displays the inhibition of injury-induced epithelial-mesenchymal transition, and lens opacityTeppei Shibata, Shinsuke Shibata, Yasuhito Ishigaki, Etsuko Kiyokawa, Masahiko Ikawa, Dhirendra P. Singh, Hiroshi Sasaki, Eri KuboMechanisms of Ageing and Development171:24-302018年04月
  • FGF2はTGFβによるトロポミオシン制御機構を抑制する:後嚢混濁における役割久保江理、柴田伸亮、柴田哲平、清川悦子、佐々木洋、Dhirendra P. Singh日本白内障学会誌30:872018年
  • Active K‐RAS induces the coherent rotation of epithelial cells: A model for collective cell invasion in vitroEishu Hirata, Takehiko Ichikawa, Shin‐ichi Horike, Etsuko KiyokawaCancer Science109:40452018年12月
  • CRISPR-Cas9 システムを用いたTpm2ノックアウトマウスによる白内障研究柴田哲平, 石垣靖人, 柴田伸亮, 清川悦子, 伊川正人, Dhirendra P Singh, 佐々木洋, 久保江理日本白内障学会誌31:30-322019年07月
  • Clinicopathological significance of heterogeneic Ezrin expression in poorly differentiated clusters of colorectal cancersAkane Aikawa, Hideto Fujita, Takeo Kosaka, Hiroshi Minato, Etsuko KiyokawaCancer Science110:2667-26752019年06月
  • ERK Activity Imaging During Migration of Living Cells In Vitro and In VivoHirata Eishu, Kiyokawa EtsukoInternational journal of molecular sciences20:6792019年02月
  • Semaphorin signaling via MICAL3 induces symmetric cell division to expand breast cancer stem-like cells(Tominaga K), Minato H, Murayama T, Sasahara A,Nishimura T, Kiyokawa E, Kanauchi H, Shimuzu S, Sato A, Nishioka K, Tsuji E, Yano M, Ogawa T, Ishii H, Mori M, Akashi K, Okamoto K, Tanabe M, Tada K, Tojo A, Gotoh NProceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America116:625-6302019年01月

受賞

  • 2011年11月 日本病理学会 日本病理学会学術研究賞 生きた細胞・組織における極性形成の機構の解明
    清川 悦子,
  • 2000年06月 浜松医科大学同窓会 第5回浜松医科大学同窓会学術奨励賞 CrkのSH3結合蛋白DOCK180はRaclを活性化する。
    清川 悦子,

競争的資金

  • 大腸癌先進部の細胞塊の代謝とリンパ管浸潤
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2017年 - 2019年  
    代表者:清川悦子
  • マイクロキメリズムと癌化の検証
    文部科学省:科学研究費 挑戦的萌芽研究
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:清川悦子
  • がん幹細胞を標的とした根治療法の開発
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 分担研究 次世代がん研究事業
    研究期間:2015年 - 2015年  
    代表者:後藤典子(金沢大学)分担・連携研究者:清川悦子
  • HDAC阻害薬の薬力学的効果の新しい指標の探索
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 分担研究 革新的がん医療実用化研究事業
    研究期間:2015年 - 2015年  
    代表者:矢野聖二(金沢大学)分担・連携研究者:清川悦子
  • 脈管内腺構造の回転と浸潤・転移
    文部科学省:科学研究費 新学術領域研究
    研究期間:2014年 - 2015年  
    代表者:清川悦子
  • BIM遺伝子多型陽性癌におけるHDAC阻害薬の耐性克服効果を最適化する薬力学的効果の指標を探索する研究
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金 分担研究 革新的がん医療実用化研究事業
    研究期間:2014年 - 2015年  
    代表者:矢野聖二分担・連携研究者:清川悦子
  • がん幹細胞を標的とした根治療法の開発
    その他公的機関:科学技術試験研究委託事業次世代がん研究シーズ戦略育成プログラム
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:後藤典子(金沢大学)分担・連携研究者:清川悦子
  • レンズ上皮細胞の形態維持機構の解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2013年 - 2015年  
    代表者:清川悦子
  • 類器官培養における癌浸潤モデルの構築と蛍光イメージング
    文部科学省:科学研究費 新学術領域研究
    研究期間:2012年 - 2013年  
    代表者:清川悦子
  • 細胞内情報伝達系の多次元FRETイメージング
    文部科学省:科学研究費 分担研究 新学術領域(研究領域提案型)
    研究期間:2011年 - 2014年  
    代表者:松田道行(京都大学)分担・連携研究者:清川悦子
  • 活性化型Rasによって引き起こされる内腔浸潤と可動性の亢進の分子機構の解明
    その他:(財)持田記念医学薬学研究振興財団研究助成
    研究期間:2011年 - 2011年  
    代表者:清川悦子
  • 細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング
    文部科学省:科学研究費 分担研究 新学術領域研究
    研究期間:2010年 - 2014年  
    代表者:松田道行(京都大学)分担・連携研究者:清川悦子
  • 基底様乳癌の類器官モデル構築と形態形成機構の解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2010年 - 2012年  
    代表者:清川悦子


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.