詳細検索はこちら

飯塚 秀明 イイヅカ ヒデアキ

所属部署名脳神経外科学
職名教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    脊髄・脊髄疾患、脳腫瘍、末梢神経疾患

専門分野

  • 脳神経外科学

学歴

  • 金沢大学 医学部

学位

  • 医学博士

所属学協会

  • - 2015年日本脊髄外科学会 学会誌副編集長
  • 日本脊髄外科学会 世話人
  • - 2015年日本脊髄外科学会 理事
  • - 2015年日本脊髄障害医学会 評議委員
  • - 2015年日本脳神経外科コングレス 学会誌審査委員
  • - 2015年日本脳神経外科コングレス 評議員
  • - 2015年日本脳神経外科学会総会 学会誌審査委員
  • - 2015年日本脳神経外科学会総会 社員
  • 日本脳神経外科学会総会 評議委員

研究活動情報

論文

  • Endoscopic treatment for arachnoid cyst at the cerebellopontine angle presenting with bilateral trigeminal neuralgia: Case report and literature reviewYasuhiko Hayashi, Sho Takata, Hideaki IizukaInterdisciplinary Neurosurgery22:1008152020年12月
  • Ruptured fungal aneurysm of the peripheral middle cerebral artery caused by Lomentospora infection: A case report and literature reviewSho Takata, Akira Tamase, Yasuhiko Hayashi, Kazushi Anzawa, Akihiro Shioya, Yoshitsugu Iinuma, Hideaki IizukaInterdisciplinary Neurosurgery21:1007432020年09月
  • ラトケ嚢胞における保存的観察群と手術群の後方視的臨床検討立花 修, 中川 淳, 藤井瑞枝, 笹川泰生, 高田 翔, 林 康彦, 古家大祐, 飯塚秀明日本内分泌学会雑誌96:141-1432020年07月
  • A Case of Suprasellar Papillary Glioneuronal Tumor Mimicking CraniopharyngiomaAkira Tamase, Osamu Tachibana, Satoko Nakada, Sohsuke Yamada, Hideaki IizukaNMC Case Report Journal7:85-882020年06月
  • Neurosurgical Cervical Spine Scale(NCSS)飯塚秀明脊椎脊髄ジャーナル33:270-2732020年04月
  • anterior cervical discectomy and fusion (ACDF)におけるTritanium® Cの使用経験玉瀬 玲, 飯塚秀明Stryker`s Infos spine16:162020年
  • Usefulness of MRI Slices Parallel to the Optic Chiasma in a Case with Traumatic Optic Nerve Avulsion after a Bear AttackTamase A, Tachibana O, Iizuka HNeurologia medico-chirurgica59:357-3592019年09月
  • 再発を繰り返す脊髄硬膜内血管皮腫に対し放射線治療が有効であった1例近藤 環, 的場宗孝, 豊田一郎, 道合万里子, 飯塚秀明, 立花 修, 白神俊祐, 中田聡子臨床放射線64:749-7542019年05月
  • Molecular mechanisms underlying the models of neurodevelopmental disorders in maternal immune activation relevant to the placentaTsuyoshi Tsukada, Hiroki Shimada, Hiromi Sakata-Haga, Hideaki Iizuka, Toshihisa HattaCongenital anomalies59:81-872019年05月
  • Pituitary macroadenoma: Accuracy of apparent diffusion coefficient magnetic resonance imaging in grading tumor aggressivenessMariko Doai, Hisao Tonami, Munetaka Matoba, Osamu Tachibana, Hideaki Iizuka, Satoko Nakada, Sohsuke YamadaThe Neuroradiology Journal32:86-912019年04月
  • 頭蓋骨縫合早期癒合症の診断と治療-現状と課題-(赤井卓也), 山下昌信, 飯塚秀明, 黒田 敏脳神経外科ジャーナル28:197-2042019年04月
  • The clinicopathological analysis of receptor tyrosine kinases in meningiomas: the expression of VEGFR-2 in meningioma was associated with a higher WHO grade and shorter progression-free survivalSatoko Nakada, Yasuo Sasagawa, Osamu Tachibana, Hideaki Iizuka, Nozomu Kurose, Akihiro Sioya, Xin Guo, Sohsuke Yamada, Takayuki NojimaBrain Tumor Pathology36:7-132019年01月
  • Transsphenoidal Surgery for Elderly Patients with Acromegaly and Its Outcomes: Comparison with Younger Patients(Yasuo.Sasagawa), Yasuhiko.Hayashi, Osamu.Tachibana, Atsushi.Nakagawa, Masahiro.Oishi, Toshinari.Takamura, Hideaki.Iizuka, Mitsutoshi.NakadaWorld Neurosurgery118:e229-e2342018年10月
  • Meningioma with Remarkable Multiple Rosette Formation: A Diagnostically Difficult CaseKenichi.Mizutani, Satoko.Nakada, Akira.Tamase, Osamu.Tachibana, Hideaki.Iizuka, Takanori.Hirose, Sohsuke.YamadaJournal of Medical & Surgical Pathology3:1692018年10月
  • Dynamic CT/MRIが診断に有用であったダンベル型脊椎硬膜外海綿状血管腫の1例大磯一誠, 道合万里子, 利波久雄, 的場宗孝, 飯塚秀明, 中田聡子, 黒瀬 望臨床放射線63:461-4642018年04月
  • 症候性ラトケ嚢胞の再貯留、再発予防に対するデキサメタゾン局所投与の有効性立花 修, 林 康彦, 笹川泰生, 中川 淳, 古家大祐, 中田光俊, 飯塚秀明日本内分泌学会雑誌93:29-312017年10月
  • 内科系症例検討 下垂体機能低下症および抗利尿ホルモン不適切分泌症候群を呈した視床下部腫瘤が5年後、中枢神経系原発悪性リンパ腫と診断された1例藤井瑞枝, 中川 淳, 西澤 誠, 赤井卓也, 山本治郎, 笹川泰生, 立花 修, 飯塚秀明, 古家大祐Progress in Medicine37:294-2952017年02月
  • 中下位頸椎椎間関節貫通スクリュー固定(飯田隆昭), 佐藤秀次, 山本治郎, 飯塚秀明脊椎脊髄ジャーナル30:55-592017年
  • Clinical characteristics of acromegalic patients with empty sella and their outcomes following transsphenoidal surgery(Y.Sasagawa), Y.Hayashi, O.Tachibana, M.Oishi, I.Fukui, H.Iizuka, M.NakadaPituitary20:403-4082017年
  • Carotid artery protrusion and dehiscence in patients with acromegaly(Y.Sasagawa), O.Tachibana, M.Doai, Y.Hayashi, H.Tonami, H.Iizuka, M.NakadaPituitary19:482-4872016年10月
  • Rapid enlargement of an intracranial germ cell tumor after gonadotropin hormone therapy(Y.Sasagawa), O.Tachibana, A.Nakagawa, S.Nakada, T.Nojima, D.Koya, H.IizukaJOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE31:185-1882016年09月
  • 巨大下垂体腺腫に対するハイブリッド二期的手術を考慮した有効性の検討立花 修, 笹川泰生, 正島弘隆, 鳥越 恵一朗, 白神俊祐, 岡本一也, 赤井卓也, 中川 淳, 古家大祐, 中田聡子, 黒瀬 望, 野島孝之, 林 康彦, 中田光俊, 飯塚秀明日本内分泌学会雑誌92:57-592016年07月
  • Learning impairment by minimal cortical injury in a mouse model of Alzheimer's disease.J.Zou, M.Wang, O.Uchiumi, Y.Shui, Y.Ishigaki, X.Liu, N.Tajima, T.Akai, H.Iizuka, N.KatoBrain research1637:56-632016年02月
  • 頚動脈ステント留置術後に多発性分節性脳血管攣縮による低灌流で脳梗塞を合併した1例白神俊祐, 赤井卓也, 高田 久, 飯塚秀明No Shinkei Geka43:1081-10892015年12月
  • De novo aneurysm formation following gamma knife surgery for arteriovenous malformation: A case reportT.Akai, K.Torigoe, M.Fukushima, H.Iizuka, Y.HayashiJournal of neurological surgery reports76: e105-e1082015年07月
  • 破裂脳動脈瘤に対する開頭手術とコイル塞栓術:当院における治療成績の比較と今後の課題白神俊祐, 赤井卓也, 高田 久, 岡本一也, 飯塚秀明脳卒中37:1-62015年
  • The suppression of maternal-fetal leukemia inhibitory factor signal relay pathway by maternal immune activation impairs brain development in miceT.Tsukada, E.Simamura, H.Shimada, T.Arai, N.Higashi, T.Akai, H.Iizuka, T.HattaPLoS One10:e0129011-e01290112015年
  • Pituitary apoplexy following gonadotropin-releasing hormone agonist administration with gonadotropin-secreting pituitary adenomaY.Sasagawa, O.Tachibana, A.Nakagawa, D.Koya, H.IizukaJournal of Clinical Neuroscience22:601-6032015年
  • Median nerve conduction studies and wrist magnetic resonance imaging in acromegalic patients with carpal tunnel syndromeY.Sasagawa, O.Tachibana, M.Doai, H.Tonami, H.IizukaPituitary18:695-7002015年
  • Diagnostic value of interleukin-10 in cerebrospinal fluid for diffuse large B-cell lymphoma of the central nervous systemY.Sasagawa, T.Akai, O.Tachibana, H.IizukaJournal of neuro-oncology121:177-1832015年
  • 原発性甲状腺機能低下症に対する補充療法により腫瘍サイズが縮小した下垂体偶発腫の1例中川 淳, 立花 修, 飯塚秀明, 古家大祐日内分泌会誌90 Suppl:19-212014年09月
  • Silent somatotroph adenomaが顕性先端巨大症に移行した1例高垣雄太, 永井貴子, 中川 淳, 立花 修, 笹川泰生, 鳥越恵一郎, 渡邉 愛, 伊藤弘樹, 飯塚秀明, 古家大祐日内分泌会誌90 Suppl;12-152014年09月
  • Narrow band imaging-guided endoscopic biopsy for intraventricular and paraventricular brain tumors:clinical experience with 14 casesY.Sasagawa, T.Akai, S.Nakada, H.Minato, O.Tachibana, T.Nojima, H.IizukaActa neurochirurgica.156:681-6872014年
  • 腰部脊柱管狭窄症飯塚秀明神経・精神疾患診療マニュアル 日本医師会誌142:S190-S1912013年10月
  • 頭部慢性硬膜下血腫に合併した腰椎部慢性硬膜下血腫の1例飯田隆昭, 飯塚秀明日本脊髄障害医学会雑誌26:152-1532013年
  • Undifferentiated sarcoma of the cavernous sinus after gamma knife radiosurgery for pituitary adenoma.Y.Sasagawa, O.Tachibana, H.IizukaJournal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia.20:1152-11542013年
  • Oncocytic meningioma presenting with intratumoral hemorrhage.Y.Sasagawa, O.Tachibana, T.Iida, H.IizukaJournal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia.20:1622-16242013年
  • Internal carotid arterial shift after transsphenoidal surgery in pituitary adenomas with cavernous sinus invasion.Y.Sasagawa, O.Tachibana, M.Doai, T.Akai, H.Tonami, H.IizukaPituitary.16:465-702013年
  • 脳動脈瘤を合併した下垂体腺腫の特徴および治療方針に関する検討笹川泰生, 立花 修, 白神俊祐, 高田 久, 赤井卓也, 飯塚秀明脳神経外科40:15-212012年
  • 拡大蝶形骨手術における手術合併症から検討した適応と回避立花 修, 笹川泰生, 岡本一也, 赤井卓也, 飯塚秀明, 中川 淳, 喜多大輔日内誌87:34-36, suppl2011年08月
  • 三叉神経痛による不定愁訴に真武湯が有効であった1例山川淳一, 守屋純二, 元雄良治, 飯塚秀明脳神経外科と漢方 講演記録集420072011年07月
  • 鞍上部腫瘍におけるMRI による視交叉変位同定と腫瘍の鞍上伸展、視野障害の発生、程度、回復、および手術摘出度の検討立花 修, 笹川泰生, 白神俊祐, 岡本一也, 飯田隆昭, 赤井卓也, 飯塚秀明日内誌87:7-8, suppl2011年
  • 治療開始後2年以上生存した肺癌原発転移性脳腫瘍の臨床像岡本一也, 赤井卓也, 立花 修, 飯塚秀明定位的放線治療15:129-1342011年
  • トルコ鞍上部頭蓋底腫瘍に対して拡大蝶形骨手術のおこなう際の視交叉穿通枝の同定と温存立花 修, 笹川泰生, 岡本一也, 赤井卓也, 飯塚秀明Journal of neurosurgery.18(2):112011年
  • Multiple inraosseous inflammatory myofibroblastic tumors presenting with an aggressive clinical courseY.Sasagawa, T.Akai, S.Itou, H.IizukaNeurosurgery69:1010-10152011年
  • De novo aneurysm in he feeding artery of a recurrent malignant glioma - case report -Y.Sasagawa, T.Akai, S.Itou, H.IizukaNeurologia medico-chirurgica.51:306-3102011年
  • 頭部外傷後に生じた頭蓋頚椎移行部硬膜下血腫の1例白神俊祐, 赤井卓也, 飯田隆昭, 飯塚秀明No Shinkei Geka38:68-732010年
  • 経動脈的アプローチで静脈洞塞栓ができた硬膜動静脈痩の1例白神俊祐, 高田 久, 赤井卓也, 山本謙二, 岡本一也, 飯田隆昭, 飯塚秀明脳卒中32:68-732010年
  • 全身性IgG4関連疾患における下垂体炎の臨床病理学的検討-IgG4関連下垂体炎として-立花 修, 塚田剛史, 笹川泰生, 岡本一也, 赤井卓也, 飯塚秀明, 中川 淳, 黒瀬 望, 野島孝之日内誌86:13-152010年
  • 頭蓋骨縫合早期癒合症の診断と手術年齢に関する解析赤井卓也, 鳥越恵一朗, 山本治郎, 白神俊祐, 山本謙二, 飯塚秀明, 川上 重彦, 犀川 太小児の脳神経34・380-3842009年10月
  • 頭蓋骨縫合早期癒合症の診断と手術年齢に関する解析赤井卓也, 鳥越恵一朗, 山本治郎, 白神俊祐, 山本謙二, 飯塚秀明, 川上重彦, 犀川 太小児の脳神経34:380-3842009年10月
  • 頭蓋咽頭腫に対する分割定位放射線治療の初期経験岡本一也, 立花 修, 鳥越恵一朗, 赤井卓也, 飯塚秀明定位的放線治療13:39-452009年
  • 鞍上部頭蓋咽頭腫に対する拡大蝶形骨手術の手術成績と頭蓋底修復に関する工夫立花 修, 笹川泰生, 鳥越恵一朗, 塚田剛史, 山本治郎, 白神俊祐, 飯田隆昭, 岡本一也, 赤井卓也, 飯塚秀明日内誌85(Suppl):12-142009年
  • 鞍上部腫瘍の視交叉同定における、経蝶形骨手術アプローチに平行に撮影したheavily T2-weighted imageの有用性立花 修, 塚田剛史, 山本治郎, 白神俊祐, 笹川泰生, 鳥越恵一朗, 飯田隆昭, 岡本一也, 赤井卓也, 飯塚秀明日内誌85(Suppl):63-652009年
  • 椎間孔狭窄症、椎間板ヘルニアに対する後方除圧術(佐藤秀次), 飯塚秀明CLINICAL NEUROSCIENCE27:657-6602009年
  • Multiple cavernous hemangiomas of the skull associated with hepatic lesions -case report-Y.Sasagawa, T.Akai, K.Yamamoto, T.Masuoka, S.Itou, M.Oohashi, H.IizukaNeurologia medico-chirurgica.49:162-1662009年
  • Gamma knife radiosurgery-induced cavernous hemangioma -case report-Y.Sasagawa, T.Akai, S.Itou, H.IizukaNeurosurgery64:1006-10072009年
  • アクロメガリーにおける手根管症候群の病態解析立花 修, 飯田隆昭, 山本治郎, 塚田 剛史, 白神俊祐, 村坂憲史, 笹川泰生, 鳥越恵一朗, 岡本一也, 赤井卓也, 飯塚秀明第4回アクロメガリーフォーラム記録集分冊Ⅲ:92008年10月
  • 非外傷性環軸関節脱臼の診断と治療飯塚秀明, 飯田隆昭脳神経外科ジャーナル17:317-3212008年
  • PET/CT と神経根生検により診断した neurolymphomatosis の1例飯田隆昭, 飯塚秀明日本脊髄障害医学会雑誌21:132-1332008年
  • Intra-Parenchymal tumor biopsy using neuroendoscopy with navigationT.Akai, S.Siraga, Y.Sasagawa, K.Okamoto, O.Tachibana, H.IizukaMinimally invasive neurosurgery : MIN.51:83-862008年
  • Chiasmal and/or optic-nerve apoplexy due to rupture of vascular malformation -Case Report-Y.Sasagawa, T.Akai, T.Sasaki, H.IizukaNeurologia medico-chirurgica.48:460-4652008年
  • 原発性副甲状腺機能亢進症を合併し多発性内分泌腫瘍1型と考えられたTSH産生下垂体腺腫の1例上原啓吾, 中川 淳, 立花 修, 下出祐造, 古澤 都, 木谷隆一, 伊藤智彦, 西澤 誠, 木越俊和, 赤井 卓也, 白神 俊祐, 飯塚 秀明, 古家大祐日内分泌会誌83(Suppl.):97-992007年
  • Treatment of craniosynostosis by distraction osteogenesisT.Akai, H.Iizuka, S.KawakamiPediatric neurosurgery42:288-2922006年06月
  • Treatment of craniosynostosis by distraction osteogenesisT Akai, H Iizuka, S KawakamiPediatric neurosurgeryin press2006年06月
  • 妊娠を契機に発症したシャント機能不全の1例笹川泰生, 佐々木尚, 冨子達史, 赤井卓也, 飯塚秀明脳神経外科34:181-1872006年
  • トルコ鞍拡大を伴わない頭蓋咽頭腫に対する経蝶形骨経視交叉溝アプローチの検討立花 修, 赤井卓也, 白神俊祐, 飯塚秀明, 林 康彦, 濱田 潤一郎日内分泌会誌82 suppl:43-462006年
  • Syndromic craniosynostosis with elbow joint contractureT.Akai, K.Yamamoto, H.Iizuka, S.Kawakami, J.Yoshida, H.Kakimuma, H.Yaguchi, T.OzawaPediatric neurosurgery42:108-1122006年
  • Syndromic craniosynostosis with elbow joint contractureT Akai, K Yamamoto, H Iizuka, S Kawakami, J Yoshida, H Kakinuma, Y Yagichi, T OzawaPediatric neurosurgery42:108-1122006年
  • Malignant fibrous histiocytoma in the craniocervical junction presenting with severe occipitalgiaT.Akai, K.Yamamoto, T.Iida, H. Iizuka, T.NojimaBrain tumor pathology23:101-1052006年
  • 頭蓋骨縫合早期癒合症の診断と診断赤井 卓也, 飯塚 秀明, 川上 重彦, 柿沼 宏明金沢医科大学雑誌30;517-5212005年12月
  • 頭蓋骨縫合早期癒合症の診断と治療赤井卓也, 飯塚秀明, 川上重彦, 柿沼宏明金沢医科大学雑誌30:517-5212005年12月
  • 神経膠芽腫の遺伝子解析による分類-神経膠芽腫の遺伝子異常と変化がもたらす生物学的および臨床学的意義-立花 修, 飯塚秀明金沢医科大学雑誌30:468-4742005年12月
  • Hepatocellular carcinoma and nonalcoholic steatohepatitis developing during long-term administration of valproic acidK.Sato, Y.Ueda, K.Ueno, K.Okamoto, H.Iizuka, S.KatsudaVirchows Archiv : an international journal of pathology.447:996-9992005年12月
  • 複数回の定位放射線治療を行った転移性脳腫瘍の検討岡本一也, 飯塚秀明, 飯田隆昭, 高田 久, 赤井卓也定位的放線治療9:21-272005年08月
  • アテトーゼ型脳性麻痺に伴う頚椎病変に対する一期的前方後方除圧固定術飯田隆昭, 飯塚秀明日本脊髄障害医学会雑誌18:70-712005年
  • 頭蓋骨縫合早期癒合症と発達遅滞ーFGFR 遺伝子異常の検討ー赤井卓也, 山本謙二, 飯塚秀明, *川上重彦, *柿沼宏明, 他小児の脳神経29:224-2282004年
  • 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療後の組織所見岡本一也, 赤井卓也, 飯塚秀明定位的放線治療8:9-162004年
  • Recurrent meningioma with metastasis to the skin incision-case report-T.Akai, S.Shiraga, H.Iizuka, *M.Kishibe, *S.Kawakami, *Y.UedaNeurologia medico-chirurgica.44:600-6022004年
  • High mobiloty Group I-C protein in astrocytoma and glioblastomaT.Akai, *Y.Ueda, Y.Sasagawa, *T.Date, *S.Katuda, H.Iizuka, et al.Pathology, research and practice.200:619-6242004年
  • Calcification on the ventricle wall associated with a shunt tubeS.Sakai, T.Akai, T.Iida, H.IizukaNeurologia medico-chirurgica.44:674-6762004年
  • CT and MRI findings of xanthoma in the orbital region*M.Matoba, *H.Tonami, *M.Kuginuki, *I.Yamamoto, T.Akai, H.IizukaRadiation medicine.22:116-1192004年
  • 頭蓋頚椎移行部病変の診断と治療飯塚秀明脳神経外科速報13: 512-5232003年
  • 頚髄損傷の急性期管理のガイドライン飯塚秀明, 他脊椎脊髄ジャーナル16: 417-4242003年
  • 進行性水頭症を呈した先天性筋強直性ジストロフィーの女児例*小林あずさ, *柿沼宏明, *高橋弘昭, *赤井卓也, *飯塚秀明, 他小児科診療66: 1414-14162003年
  • Long-term outcome for surgically treated cervical spondylotic radiculopathy and myelopathy(S. Kadoya), H. Iizuka, et al.Neurologia medico-chirurgica.43: 228-2412003年
  • 頚椎前方除圧固定術 (顕微鏡使用) 頚椎症の手術療法飯塚秀明, 飯田隆昭, *角家 暁脊椎脊髄ジャーナル15: 564-5682002年
  • Modulation of tissue-plasminogen activator expression by platelet activating factor in heman glioma cellsT. Akai, H. Iizuka, et al.J. Neurooncol.59: 193-1982002年
  • Histopathological study of autopsy cases with compressive myelopathy due to epidural malignancy, cervical ossification of the posterior longitudinal ligament and cervical spondylosisH. Iizuka, T. Iida, K. Okamoto, H. Takata, T. AkaiKanazawa Ika Daigaku zasshi = Journal of Kanazawa Medical University. Links 27: 117-1212002年
  • Effects of L* protein of Theiler's murine encephalomyelitis virus (TMEV) on tis biological activities*Y. Ohara, *T. Himeda, K. Asakura, J. Yamamoto, H. IizukaKanazawa Ika Daigaku zasshi = Journal of Kanazawa Medical University. Links 27: 108-1112002年
  • Changes in regional cerebtal blood flow in irradiated regions and cerebral blood folw in irradiated regions and normal brain after stereotactic radiosurgery*S. Taki, *K. Higashi, *M. Oguchi, *H. Tamamura, *S. Tsuji, *D. Ohta, *H. Tonami, *I. Yamamoto, K. Okamoto, H. IizukaAnnals of nuclear medicine.16: 273-2772002年
  • A comparative study of the treatment of chronic subdural hematoma-Burr hole drainage versus burr holo irrigationY. Okada, T. Akai, K. Okamoto, T. Iida, H. Takata, H. IizukaSurgical neurology57: 405-4102002年
  • A case of Beare-Stevensen Cutis gyrate syndrome confirmed bu mutation analysis of the fibroblast growth factor receptor 2 geneT. Akai, H. Iizuka, *M. Kishibe, *S. Kawakami, *A. Kobayashi, et al.Pediatric neurosurgery37: 97-992002年
  • 頭蓋頚椎移行部疾患の手術に伴う合併症飯塚秀明, 飯田隆昭脊椎脊髄ジャーナル14: 1083-10852001年
  • Tumor-like accumulation on TI-201 SPECT in subacute hemorrhagic cerebral infarction*Y. Arisaka, *Y. Kodama, *K. Higashi, *S. Taki, *M. Oguchi, *H. Tonami, *I. Yamamoto, H. Takata, H. IizukaClinical nuclear medicine.26: 357-3582001年
  • Report of changing signal intensity on follow-up MRI in a case of hypothalamic hematoma*H. Tonami, *K. Higashi, K. Okamoto, H. IizukaJournal of computer assisted tomography.25: 130-1322001年
  • 頭蓋縫合早期癒合症と発達遅滞赤井卓也, 飯塚秀明, *川上重彦, *柿沼宏明小児の脳神経25:437-4412000年
  • 第3脳室発生のchordoid gliomaの1例*中野万里子, *朝倉善史, *山下 学, *寺内利恵, *黒瀬 望, *野島孝之, 飯塚秀明日本臨床細胞学会雑誌39:208-2122000年
  • 神経内視鏡手術及び定位放射線治療の併用が有用であった再発頭蓋内咽頭腫の1例坂井聡太郎, 赤井卓也, 岡本一也, 飯塚秀明金沢医科大学雑誌25:161-1652000年
  • 扉 モンテ・クリスト伯飯塚秀明脳神経外科28:104-1052000年
  • むち打ち損傷による頭痛・眼症状等の発症機序飯塚秀明日本医事新報3949:1582000年
  • Treatments of the orbital hyperterolism*S.Kawakami, *N.Ishikura, T.Akai, H.IizukaCraniofacial Surg.8:265-2662000年
  • L* protein of Theiler's murine encephalomyelitis virus is required for virus growth in a murine macrophage-like cell line*M.Obuchi, J.Yamamoto, *T.Odagiri, *M.N.Uddin, H.Iizuka, *Y.OharaJournal of virology.74:4898-49012000年
  • L* protein of Theiler's murine encephalomyelitis virus is required for virus growth in a murine macrophage-like cell line(M.Obuchi), J.Yamamoto, T.Odagiri, M.N.Uddin, H.Iizuka, Y.OharaJournal of virology.74:4898-49012000年
  • Currarino triad に見られた仙骨前悪性腫瘍(anaplastic ependymoma)の1例*河野美幸, *伊川廣道, *北谷秀樹, 飯塚秀明, *野島孝之小児がん37:69-732000年
  • Chordoid glioma of the third ventricle: CT and MR findings*H.Tonami, *M.Kamehiro, *M.Oguchi, *K.Higashi, *I.Yamamoto, *T.Nojima, K.Okamoto, T.Akai, H.IizukaJ.Comput.Assist.Tomogr.24:336-3382000年
  • A case of large craniofacial arteriovenous malformation*N.Ishikura, *S.Kawakami, *T.Heshiki, T.Akai, H.IizukaCraniofacial Surg.8:297-2992000年
  • Theiler's murine encephalomyelitis virus(TMEV) subgroup strain-specific infection in neural and non-neural cell lines(M.Obuchi), J.Yamamoto, M.N.Uddin, T.Odagiri, H.Iizuka, Y.OharaMicrobiology and immunology.43:885-8921999年
  • Expression of lymphotoxin gene inserted into Theiler's murine encephalomyelitis virus(M.Obuchi), T.Odagiri, H.Iizuka, Y.OharaMicrobiology and immunology.43:83-861999年
  • Migrated disc in the lumbar spinal canal. Case report.Akai T, Iizuka H, Okamoto K, Kato MNeurologia medico-chirurgica.39:693-6951999年
  • L* protein of the DA strain of Theiler's murine encephalomyelitis virus is important for virus growth in a murine macrophage-like cell line(H.Takata), M.Obuchi, J.Yamamoto, T.Odagiri, R.P.Roos, H.Iizuka, Y.OharaJ. Virol.72:4950-19551998年
  • Theiler's murine encephalomyelis virus subgronp strain-specific infection in a murine macrophge-like cell lineY.Ohara, M.Obuchi, T.Takegami, T.Murayama, H.Takada, H,IizukaJournal of virology.729-7331997年

書籍等出版物

  • 外傷
    EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針 第4版 編集 田村 晃,松谷雅生,清水輝夫,辻 貞俊,塩川芳昭,成田善孝
    飯塚秀明, 鳥越恵一郎
    メジカルビュー社 2016年03月
  • Posterior approach to lumbar spine
    若手脳神経外科医が経験したい手術アプローチ 専門医としての第一歩(伊達 勲)
    飯塚秀明, 飯田隆昭, 佐藤秀次
    メジカルビュー社 2015年05月
  • 先天巨大症の手術に際して、術中GH迅速測定は全摘出術の指標になりうるか
    脳腫瘍の外科-Multimodality 時代の脳腫瘍の外科-(河本圭司編)
    立花 修, 白神俊祐, 村坂憲史, 笹川泰生, 岡本一也, 赤井卓也, 飯塚秀明, 中川 淳, 古家大祐
    メディカ出版 2009年
  • 腰椎変性疾患
    脳神経外科アドバンス 監修:久保田 紀彦
    飯田隆昭, 飯塚秀明
    診断と治療社 2008年
  • 脊椎・脊髄の外傷
    脳神経外科アドバンス(久保田紀彦編集)
    飯塚秀明, 飯田隆昭
    診断と治療社 2008年
  • 中下位頚椎間関節貫通スクリュー固定
    脳神経外科医のための脊椎外科
    飯田隆昭, 飯塚秀明
    メジカルビュー社 2008年
  • キアリ奇形
    脳神経外科アドバンス 監修:久保田 紀彦
    飯田隆昭, 飯塚秀明
    診断と治療社 2008年
  • 頚椎症に対する前方アプローチと後方アプローチの長所と短所は何か?どのように使い分けるのか?
    脳神経外科 専門医にきく最新の臨床(片山容一、川又達朗編)
    飯田隆昭, 飯塚秀明
    中外医学社 2006年05月
  • 外傷EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針
    脊椎・脊髄疾患(田村 晃、松谷雅生、清水輝夫編)
    飯塚秀明
    中山書店 2006年
  • 脊椎・脊髄疾患各論ー外傷性疾患ー
    脳神経外科学体系 Vol.11(脊椎・脊髄疾患、末梢神経・自律神経疾患)、山浦 章 総編集
    飯塚秀明
    中山書店 2005年
  • 神経外傷における検査ー予後の判定・脊椎・脊髄外傷ー、神経外傷各論-腰椎・仙椎損傷-、後遺症-脊椎・脊椎外傷-
    脳神経外科体系 Vol.12(神経外傷・感染・炎症性疾患)、山浦 章総編集
    飯塚秀明
    中山書店 2005年
  • 胸・腰椎損傷
    脳神経外科疾患の手術と適応 第2版 (阿部 弘,菊池晴彦,他編)
    飯塚秀明
    朝倉書店 2003年
  • 脊椎・脊髄疾患ー外傷
    EBMに基づく疾患の脳神経基本治療指針 (田村 晃,他編)
    飯塚秀明
    メジカルビュー社 2002年
  • Instrumentation Surgery-頭蓋頚椎移行部病変
    脊椎・脊髄外科の最前線 (花北順哉,他編)
    飯塚秀明
    先端医療技術研究所 2002年
  • 外傷性疾患 1.後頭
    上位頸椎の臨床(片岡 治 他,編)
    飯塚秀明
    南江堂 2000年
  • 脊椎手術解剖アトラス
    臨床整形外科
    飯塚秀明
    医学書院 2017年11月

競争的資金

  • 脳転移がん細胞の休眠維持・破綻機構の解明と新規治療法の開発
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 次世代がん医療創生研究事業
    研究期間:2016年 - 2017年  
    代表者:平田英周分担・連携研究者:飯塚秀明
  • 慢性圧迫による脊髄白質病変の実験的検討-遅発性軸索変性と脱髄の関与-
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:1999年 - 2000年  
    代表者:飯塚秀明
  • 慢性圧迫骨髄における脱髄病変の実験的検討
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:1996年 - 1997年  
    代表者:飯塚秀明
  • 悪性神経膠腫に対する選択的動注化学療法の検討
    その他:(財)橘勝会試験研究助成
    研究期間:1994年 - 1994年  
    代表者:飯塚秀明


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.