詳細検索はこちら

竹下 裕史 タケシタ ヒロシ

所属部署名法医学
職名助教
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    法医学,法医病理,羊水塞栓症

学歴

  • 北里大学

学位

  • 修士(医科学)

所属学協会

  • 2002年04月日本法医学会 会員

経歴

  • 2016年04月金沢医科大学 法医学講座
  • 2004年04月聖マリアンナ医科大学 法医学講座

研究活動情報

論文

  • 精神・神経作用薬服用者における薬物代謝酵素の遺伝子解析(第2報)小林正宗, 竹下裕史, 水上 創, 森晋二郎, 永井智紀, 原 修一, 栗岩ふみDNA多型28:132-1352020年07月
  • 外傷性破裂が疑われた孤立性総腸骨動脈瘤の一剖検例竹下裕史, 小林正宗, 水上 創法医学の実際と研究62:139-1442019年11月
  • 離れた海中から発見された部分遺体のDNA鑑定事例(第2報)小林正宗, 竹下裕史, 水上 創, 久保誠司, 田中 甚, 坂上和弘DNA多型27:167-1692019年07月
  • 離れた海中から発見された部分遺体のDNA鑑定事例小林正宗, 竹下裕史, 水上 創, 久保誠司, 田中 甚, 坂上和弘DNA多型26:145-1472018年
  • 熱湯の中で死亡していた致死的低体温症の一剖検例竹下裕史, 小林正宗, 水上 創法医学の実際と研究60:135-1392017年
  • 急性骨髄性白血病により突然死した成人女性の一剖検例水上 創, 小林正宗, 竹下裕史, 高橋識志, 原 修一, 森晋二郎, 栗岩ふみ, 福永龍繁法医学の実際と研究59:47-522016年
  • Inflammatory responses to neutral fat and fatty acids in multiple organs in a rat model of fat embolism syndrome(M.Takada), S.Chiba, T.Nagai, H.Takeshita, S.Kanno, T.Ikawa, K.Sakamoto, M.Sagi, K.Ichiba, T.MukaiForensic science international254:126-1322015年09月
  • The role of Rho-kinases in IL-1β release through phagocytosis of fibrous particles in human monocytes(S.Kanno), S.Hirano, S.Chiba, H.Takeshita, T.Nagai, M.Takada, K.Sakamoto, T.MukaiArchives of toxicology89:73-852015年01月

競争的資金

  • 筋損傷マーカーおよび体液調節因子の解析による致死的低体温症の新たな評価基準の確立
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2021年 - 2023年  
    代表者:竹下 裕史


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.