詳細検索はこちら

藤田 智子 フジタ サトコ

所属部署名医科学
職名講師
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    周産期医学、生殖医学

専門分野

  • 産婦人科学
    産婦人科学

学歴

  • 金沢医科大学 医学部 医学科

所属学協会

  • 2002年日本周産期新生児医学会

研究活動情報

論文

  • 子宮筋腫,子宮腺筋症に対するGn-RH agonist sequential療法の検討高木弘明, 山口直孝, 坂本人一, 藤田智子, 笹川寿之, 牧野田 知エンドメトリオージス研究会会誌35:170-1732014年07月
  • 子宮内膜症および機能性月経困難症に対する漢方薬の効果笹川寿之, 山口直孝, 坂本人一, 藤田智子, 高木弘明, 牧野田 知エンドメトリオージス研究会会誌35:166-1692014年07月
  • 免疫学的視点から考えるHPV関連腫瘍の予防と治療笹川寿之, 山口直孝, 藤田智子, 高木弘明, 牧野田 知日本性感染症学会誌25:27-362014年
  • 子宮内膜症に対するジェノゲスト使用経験の検討高木弘明, 藤田智子, 岡 康子, 早稲田智夫, 富澤英樹, 藤井亮太, 笹川寿之, 牧野田 知日本エンドメトリオーシス学会会誌31:180-1832010年
  • 【産科救急Q&A 一次施設から三次施設までの対応】産科救急スペシャリストの経験から何を学ぶか?墜落分娩富澤英樹, 藤田智子, 牧野田 知救急・集中治療21:1386-13902009年09月
  • 【若年女性の月経異常を診る】[遅発月経・原発無月経 原発無月経の治療藤田智子, 藤井亮太, 牧野田 知臨床婦人科産科63:1033-10372009年08月
  • 【子宮疾患・子宮内膜症の臨床 基礎・臨床研究のアップデート】妊娠・産褥期異常 子宮復古不全富澤英樹, 藤田智子, 高木弘明, 牧野田 知日本臨床67(増刊号5):415-4182009年08月
  • 【完璧!産婦人科ローテート・マニュアル】産婦人科救急現場の研修 子宮外妊娠の診断と処置富澤英樹, 藤田智子, 牧野田知産婦人科の実際55(別冊):280-2852006年09月
  • 本邦初の肝移植後妊娠症例における第2子妊娠・分娩広崎奈津子, 篠倉千早, 藤田智子, 大島恵二, 井浦俊彦, 桑原惣隆, 牧野田 知日本産科婦人科栄養・代謝研究会誌11:80-822005年
  • Analysis of renal artery hemodynamics in normal fetuses using the color Doppler methodT.Iura, S.Makinoda, S.Fujita, S.Matsuzawa, T.Waseda, K.Ohshima, H.TomizawaFetal diagnosis and therapy20:86-902005年
  • 常位胎盤早期剥離症例の子宮壁ならびに胎盤におけるG-CSF, G-CSF受容体の発現についての検討吉田勝彦, 藤田智子, 富澤英樹, 井浦俊彦, 牧野田 知日本妊娠高血圧学会雑誌12:173-1742004年
  • 妊娠35週未満早産患者の入院時白血球数CRP値と分娩までの期間について藤田智子, 大島恵二, 渡邊之夫, 井浦俊彦, 牧野田 知日本産婦人科感染症研究会学術講演会記録集21:34-362004年
  • 当課で最近1年間に経験した18才未満の妊娠・分娩の4症例の問題について井上弘一, 笹倉千早, 藤田智子, 宮崎さつき, 早稲田智夫, 大島恵二, 井浦俊彦, 牧野田知日本産科婦人科栄養・代謝研究会誌9:78-792003年
  • 妊娠初期の異常の管理 子宮外妊娠―手術療法か、薬物療法か―藤田 智子産婦人科の実際2003年
  • 妊娠初期の異常の管理 子宮外妊娠-手術療法か,薬物療法か-藤田智子, 大島恵二, 牧野田知産婦人科の実際52: 1761-17682003年
  • Prenatal diagnosis of the hemodynamics of fetal renal disease by color doppler ultrasoundT. Iura, S. Makinoda, S. Miyazaki, S. Fujita, H. Inoue, N. Hirosaki, N. ImafukuFetal diagnosis and therapy18: 148-1532003年
  • 更年期女性の機能性子宮出血渡邊之夫, 藤田智子, 牧野田知産科と婦人科69: 460-4662002年
  • 乳癌藤田 智子ガイドライン外来診療20022002年
  • Hemodynamic Analysis of a Fetus with Mosaic Trisomy 9 Using a Color Doppler MethodT. Iura, S. Makinoda, S. Fujita, K. Ohshima, T. Waseda, H. Tomizawa, K. Yanagi, M. OzakiKanazawa Ika Daigaku zasshi = Journal of Kanazawa Medical University. Links 27: 147-1522002年
  • Cyclic changes of granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF) mRNA in the human follicle during the normal menstrual cycle and immunolocalization of G-CSF proteinK. Yanagi, S. Makinoda, R. Fujii, S. Miyazaki, S. Fujita, H. Tomizawa, K. Yoshida, T. Iura, *T. Takegami, *T. NojimaHuman reproduction (Oxford, England)17: 3046-30522002年
  • 胎児心拍動陰性胎襄の予後判定-Granulocyte-colony stimulating factor:GSF測定の有用性について藤田 智子産婦の世界2001年
  • 胎児心拍動陰性胎嚢の予後判定-Granulocyte-colony stimulating factor: G-CSF測定の有用性について-富澤英樹, 藤田智子, 井上弘一, 大島恵二, 牧野田 知産婦人科の世界53: 889-8942001年
  • 子宮頸・腟部HPV関連疾患の薬物治療有効性と治療効果に影響する因子についての解析藤田智子金沢医科大学雑誌41:43-502016年
  • Myeloperoxidase in blood neutrophils during normal and abnormal menstrual cycles in women of reproductive ageT.Shibata, J.Sakamoto, Y.Osaka, N.Neyatani, S.Fujita, Y.Oka, H.Takagi, H.Mori, H.Fujita, Y.Tanaka, T.SasagawaInternational Journal of Laboratory Hematology39:169-1742016年12月
  • 寄生筋腫捻転により生じた急性腹症の一例大阪康宏, 坂本人一, 川嶋 笑, 柴田健雄, 藤田智子, 高木弘明, 笹川寿之石川産科婦人科学会雑誌5:27-302016年12月
  • Myeloperoxidase in blood neutrophils during normal and abnormal menstrual cycles in women ofreproductive ageT.Shibata J.Sakamoto Y.Osaka N.Neyatani S.Fujita Y.Oka T.akagi H.Mori H.Fujita Y.Tanaka T.SasagawaInt J Lab Hematol39:169-1742017年04月
  • ジエノゲスト長期投与における体重増加の検討高木弘明, 大阪 康宏, 坂本人一, 柴田健雄, 藤田 智子, 笹川 寿之日本エンドメトリオーシス学会会誌38:141-1442017年07月
  • 子宮頸部・膣前癌病変に対する新しい薬物治療;フェノール組織除去療法笹川寿之, 藤田智子, 大阪康宏, 坂本人一, 柴田健雄, 富澤英樹, 高倉正博, 高木弘明金沢医科大学雑誌42:63-682017年02月
  • Utility of 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography in the differential diagnosis of benign and malignant gynaecological tumoursH.Takagi, J.Sakamoto, Y.Osaka, T.Shibata, S.Fujita and T.SasagawaJ. Med. Imaging Radiat Oncol62:471-4792018年
  • Comparison of the digene hybrid capture 2 and Roche cobas 4800 HPV tests for detection of CIN2+ in a referral population in Japan.T.Sasagawa, T.Maehama, Y.Osaka, J.Sakamoto, T.Shibata, S.Fujita, M.TakakuraJ. Med. Virol.90:927-9802018年05月
  • Single type infection of human papillomavirus as a cause for high-grade cervical intraepithelial neoplasia and invasive cancer in JapanJ.Sakamoto, S.Kamiura, K.Okayama, M.Okodo, T.Shibata, Y.Osaka, S.Fujita, E.Takata, H.Takagi, M.Takakura, T.SasagawaPapillomavirus Res.6:46-512018年12月
  • Malignant Transformation of an Ovarian Endometrioma during Endometriosis Treatment:A Case ReportH.Takagi, E.Takata, J.Sakamoto, S.Fujita, M.Takakura, T.SasagawaCase Rep Obstet Gynecol.4:142018年09月

書籍等出版物

  • 早産患者における在胎期間延長因子
    周産期救急のコツと落し穴
    藤田智子
    中山書店 2004年
  • 乳癌
    ガイドライン外来診療2002 (泉 孝英編)
    藤田智子, 牧野田 知
    日経メディカル開発 2002年
  • A.感染部位別 婦人科感染症の鑑別診断 骨盤・腹腔内の感染症  7:骨盤腹膜炎・肝周囲炎
    産婦人科感染症マニュアル(日本産婦人科感染症学会)
    笹川寿之, 藤田智子
    金原出版 2018年02月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.