詳細検索はこちら

松井 真 マツイ マコト

所属部署名神経内科学
職名教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    臨床神経学に根ざした日常診療から、免疫機序の関与が推定される疾患(神経免疫疾患)における問題点を明確にし、その病態機序の解明と治療法の開発を行う。さらに、基礎免疫学に裏打ちされた最新の理論と手法を用いて、免疫性疾患モデル動物を作成し、病態形成因子の抽出と実験的治療を行い臨床応用へ結びつける。

専門分野

  • 神経内科学

学歴

  • 京都大学 大学院 医学研究科
  • 京都大学 医学部

学位

  • 医学博士

所属学協会

  • 2019年04月日本神経学会専門医テキスト作成準備特別委員会 委員長
  • 2018年04月日本神経免疫学会 教育委員会
  • 2016年08月日本脳卒中学会 評議員
  • 2016年04月日本神経学会 総括ガイドライン委員会
  • 2016年04月- 2017年03月日本神経免疫学会 あり方委員会
  • 2016年04月日本老年医学会 代議員
  • 2016年日本神経学会 評議員
  • 2008年- 2015年日本内科学会 評議員
  • 2007年04月日本神経免疫学会 理事
  • 2007年04月日本神経感染症学会 評議員
  • 2006年07月日本神経治療学会 評議員
  • 2005年07月日本末梢神経学会 評議員
  • 1994年06月- 2015年日本神経学会 代議員
  • 1990年01月American Academy of Neurology Corresponding Active
  • - 2015年日本脳卒中学会 代議員

経歴

  • 2005年06月金沢医科大学脳脊髄神経治療学(神経内科学) 部門教授
  • 1997年01月- 2005年05月国立療養所宇多野病院神経内科 医長
  • 1997年01月- 2005年05月国立療養所宇多野病院神経内科 医長
  • 1993年04月- 1997年09月佐賀医科大学附属病院内科 講師
  • 1993年04月- 1997年09月佐賀医科大学附属病院内科 講師
  • 1991年05月- 1993年03月佐賀医科大学内科学神経筋部門 文部教官助手
  • 1987年04月- 1991年05月京都大学附属病院神経内科 文部教官助手
  • 1987年04月- 1991年05月京都大学附属病院神経内科 文部教官助手

研究活動情報

論文

  • 【免疫性神経疾患-病態解明と治療の最前線】 多発性硬化症 多発性硬化症の治療松井 真医学のあゆみ255:375-3802015年10月
  • 【免疫性神経疾患-基礎・臨床研究の最新知見-】 免疫性中枢神経疾患 多発性硬化症(MS) 多発性硬化症の治療 多発性硬化症治療ガイドラインの要点松井 真日本臨牀73:181-1862015年09月
  • 糖尿病性神経障害の発症機序真田 充, 松井 真金沢医科大学雑誌40:104-1102015年
  • Intractable cough as Characteristic symptom of neuromyelitis optica and neuromyelitis optica spectrum disorder.M.Fujita-Nakata, R.Tomioka, K.Tanaka, M.Nakanishi, S.Nagayama, R.Takahashi, T.Machiya, T.Hamada, M.MatsuiMultiple Sclerosis Journal22:576-5772015年
  • 妊娠出産を含む生活上の注意点松井 真, 長山成美CLINICAL NEUROSCIENCE32:058-10592014年09月
  • 多発性硬化症の臨床病型と診断基準、鑑別診断富岳 亮, 松井 真日本臨床72:1957-19632014年
  • 多発性硬化症の再発予防:fingolimod と interferon-β松井 真神経治療学31:188-1922014年
  • Japanese guidelines for fingolimod in multiple sclerosis:putting into practiceM.Matsui, Y.Shimizu, H.Doi, R.Tomioka, I.Nakashima, M.Niino, J.KiraClinical & experimental neuroimmunology [electronic resource]5:34-482014年
  • Biomarkers for multiple sclerosisRyo Tomioka, Makoto MatsuiIntern Med53:361-3652014年
  • Biomarkers for multiple sclerosisR.Tomioka, M.MatsuiInternal medicine (Tokyo, Japan)53:361-3652014年
  • MSの病態理解に必要な免疫学松井 真臨床神経学53:898-9012013年11月
  • Relevance of distinct monocyte subsets to clinical course of ischemic stroke patients.(M.Kaito), S.Araya, Y.Gondo, M.Fujita, N.Minato, M.Nakanishi, M.MatsuiPloS one8:e69409;1-92013年08月
  • Guillain-Barre症候群の亜型「咽頭頸部上肢型」長山成美, 松井 真神経内科78:45-492013年06月
  • 進行する嚥下障害と呼吸不全を呈した高齢発症抗SRP抗体陽性ミオパチーの1例河合宇吉郎, 藤田充世, 長山成美, 田中惠子, 松井 真神経内科78:579-5812013年05月
  • 多発性硬化症の診断松井 真, 長山成美日本臨床71:811-8162013年05月
  • 多発性硬化症の新規疾患修飾薬:Disease activity free statusを目指して松井 真神経治療学30:109-1122013年03月
  • MSとNMOはどこが違うか松井 真Pharma Medica31:9-122013年
  • 意識障害で発症したWaldenstromマクログロブリン血症(Bing-Neel症候群)の一例長山成美, 湊奈穂美, 藤田充世, 垣内無一, 中西恵美, 正木康史, 田中惠子, 松井 真日本神経救急学会雑誌25:29-322013年
  • Progressive multifocal leukoencephalopathy developed 26 years,after renal transplantation.S.Nagayama, Y.Gondo, S.Araya, N.Minato, M.Fujita, M.Kaito, M.Nakanishi, K.Tanaka, H.Yamaya, H.Yokoyama, K.Nakamichi, M.Saijo, K.Okamoto, Y.Toyoshima, A.Kakita, M.MatsuiClinical neurology and neurosurgery115:1482-14842013年
  • 神経内科疾患 -画像診断のポイントとピットフォール-松井 真Neuro・Imaging Conference筑後・佐賀症例集16:1-52012年
  • Novel FUS mutation in patients with sporadic amyotrophic lateral sclerosis and corticobasal degenerationS.Nagayama, N.Minato, M.Nakata, M.Kaito, M.Nakanishi, K.Tanaka, M.Arai, H.Akiyama, M.MatsuiJournal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia.19:1738-17392012年
  • Phenytoin at optimum doses ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis via modulation of immunoregulatory cellsN.Hashiba, S.Nagayama, S.Arara, H.Inada, Y.Sonobe, A.Suzumura, M.MatsuiJournal of neuroimmunology.223:112-1192011年04月
  • Phenytoin at optimum doses ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis via modulation of immunoregulatory cellsN.Hashiba-Minato, S.Nagayama, S.Araya, H.Inada, Y.Sonobe, A.Suzumura, M.MatsuiJournal of neuroimmunology.233:112-1192011年04月
  • 限局性皮質異形成を発作起源とする難治性てんかん重積を呈したキャッスルマン病の1例垣内無一, 岩男 悠, 木下英理子, 舟木 洋, 立花 修, 松井 真臨床神経学51:487-4922011年
  • 舌右側の味覚低下で発症し,電気味覚検査で味覚改善の経過を追跡し得た左視床梗塞の1例長山成美, 権藤雄一郎, 垣内無一, 中西恵美, 松井 真脳卒中33:370-3732011年
  • Clinical features of neuromyelitis optica in a large Japanese cohort: comparison between phenotypes(A.Nagaishi), M.Takagi, A.Umemura, M.Tanaka, Y.Kitagawa, M.Matsui, M.Nishizawa, K.Sakimura, K.TanakaJournal of neurology, neurosurgery, and psychiatry.82:1360-13642011年
  • 多発性硬化症の最新の薬物療法状況 -MSの病態はどこまでわかったか?-松井 真難病と在宅ケア16:52-552010年12月
  • 視神経脊髄炎(NMO)「現段階の課題」松井 真バナナチップス67号22-242010年
  • 脱髄性疾患 横断性脊髄炎松井 真CLINICAL NEUROSCIENCE28:108-1092010年
  • Moyamoya disease presenting with an acute confusional state in an elderly patientM.Nakanishi, M.Kaito, Y.Gondo, H.Takada, M.Matsui, G.HiroseJournal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association.247-2502010年
  • CD8+CD11a high cells decreased in multiple sclerosis but not in neuromyelitis optica(M.Matsui), M.Tahara, M.Tanaka, K.Tanaka, M.Matsui, T.KonishiEuropean neurology.63:159-1632010年
  • 多発性硬化症 -臨床疫学-松井 真カレントテラピー27:13-162009年
  • Temporal changes and geographical differences in multiple sclerosis phenotypes in japanese:nationwide survey results over 30 years(M.Osoegawa), J.Kira, T.Fukazawa, K.Fujihara, S.Kikuchi, M.Matsui, T.Kohriyama, G.Sobue, T.Yamamura, Y.Itoyama, T.Saida, K.Sakata, H.Ochi, T.Matsuoka, Y.Ohara, K.Tanaka, (Research Committee of Neuroimmunological Diseases)Multiple sclerosis15:159-1732009年
  • Nationwide survey of acute juvenile female non-herpetic encephalitis in japan:Relationship to anti-N-methyl-d-aspartate receptor encephalitis(S.Kamei), S.Kuzuhara, M.Ishihara, A.Morita, N.Taira, M.Togo, M.Matsui, M.Ogawa, K.Hisanaga, T.Mizutani, S.KunoInternal medicine (Tokyo, Japan)48:673-6792009年
  • Heterogeneity and continuum of multiple sclerosis phenotypes in japanese according to the results of the fourth nationwide survey(T.Ishizu), J.Kira, M.Osoegawa, T.Fukazawa, S.Kikuchi, K.Fujihara, M.Matsui, T.Kohriyama, G.Sobue, T.Yamamura, Y.Itoyama, T.Saida, K.SakataJournal of the neurological sciences280:22-282009年
  • EBウィルス感染と急性散在性脳脊髄炎権藤 雄一郎, 松井 真神経内科71:31-352009年
  • 多発性硬化症の病態はどこまでわかったか?松井 真臨床神経学48:849-8522008年11月
  • 髄液検査松井 真Clinical neuroscience (New York, N.Y.)26:749-7512008年07月
  • 病型と治療選択松井 真日本臨床66:1112-11162008年06月
  • 胃切除後に生じた非アルコール性ペラグラの1例永石彰子, 田邉 洋, 上野正克, 松井 大, 松井 真臨床神経学48:202-2042008年03月
  • Multiple sclerosis immunology for cliniciansM.MatsuiNEUROLOGY ASIA13:195-1982008年
  • Anti-aquaporin 4 antibody test in a large series of Japanese optic-spinal multiple sclerosis and neuromyelitis opticaK.Tanaka, T.Tani, M.Tanaka, M.Nishizawa, K.Sakimura, M.MatsuiNEUROLOGY ASIA13:203-2042008年
  • Anti-aquaporin 4 antibody test in a large series of Japanese optic-spinal multiple sclerosis and neuromyelitis optica田中 惠子, 谷 卓, 田中正美, 西澤正豊, 崎村建司, 松井 真Neurology Asia13:203-2042008年
  • 多発性硬化症松井 真BRAIN MEDICAL19:100-1042007年12月
  • MSでのインターフェロンはとても有用である松井 真CLINICAL NEUROSCIENCE25:9582007年08月
  • ふるえと意識障害長山成美, 松井 真Modern Physician27:69-722007年01月
  • シクロフォスファミドと副腎皮質ステロイドの併用が奏功した非全身性血管炎性ニューロパチーの一例垣内無一, 中多充世, 権藤雄一郎, 中西恵美, 永石彰子, 川村和之, 長山成美, 松井 真末梢神経18:202-2052007年
  • Primary skeletal muscle involvement in chorea-acanthocytosisS.Saiki, K.Sakai, K.Murata, M.Saiki, M.Nakanishi, Y.Kitagawa, M.Kaito, Y.Gondo, T.Kumamoto, M.Matsui, N.Hattori, G.HiroseMovement disorders : official journal of the Movement Disorder Society.22:848-8522007年
  • 多発性硬化症の臨床病理松井 真神経研究の進歩50:571-5812006年08月
  • Varicose veins associated with CADASIL result from a novel mutation in the Notch3 geneS.Saiki, K.Sakai, M.Saiki, Y.Kitagawa, T.Umemori, K.Murata, M.Matsui, G.HiroseNeurology.67:337-3392006年07月
  • 急性多発性神経根炎を合併した多発性筋炎の一例権藤雄一郎, 垣内無一, 中西恵美, 松井 大, 松井 真, 楠 進末梢神経17:215-2182006年
  • 多発性硬化症の検査所見①:MRI画像松井 真Current Insights in Neurological Science0.5916666672006年
  • Vanishing white matter disease -脳がとけていく新しい病気-松井 大, 松井 真金沢医科大学雑誌30:302-3052005年12月
  • 自己免疫神経疾患と髄液の免疫モニタリング松井 真感染・炎症・免疫35:262-2642005年10月
  • 慢性合併症 糖尿病神経障害「糖尿病神経障害の成因」真田 充, 松井 真, 安田 斎日本臨牀74:223-2282016年04月
  • 日本で保険収載されている多発性硬化症疾患修飾薬の使用のしかた松井 真, 長山成美最新医学71:74-802016年
  • 免疫性神経疾患の疫学的動向とその背景松井 真, 長山成美Modern Physician36:609-6122016年
  • Efficacy of intravenous methylprednisolone pulse therapy in patients with multiple sclerosis and neuromyelitis optica(R.Yamasaki),T.Matsushita,T.Fukazawa,K.Yokoyama,K.Fujihara,M.Ogino,T.Yokota,K.Miyamoto,M.Niino,K.Nomura,R.Tomioka,M.Tanaka,I.Kawachi,T.Ohashi,K.Kaida,M.Matsui,Y.Nakatsuji,H.Ochi,H.Fukaura,T.Kansa,A.Nagaishi,K.Togo,H.Mizusawa,H.Murai, J.KiraMultiple Sclerosis Journal22:1337-13482016年
  • A case of Mumps Virus Reinfection Manifesting as Severe Meningitis that Mimicked Tuberculous MeningitisMegumi.Nakanishi, Nobuaki.Uchida, Ukichiro.Kawai, Miki.Oono, Michiyo-Fujita-Nakata, Mitsuru.Sanada, Shigemi.Nagayama, Makoto.MatsuiJournal of Neuroinfectious Diseases8:22017年
  • How to use the new 2017 Japanese guidelines for multiple sclerosis and neuromyelitis optica.Makoto.MatsuiClinical and Experimental Neuroimmunology8:351-3602017年
  • Markers for Guillain-Barre syndrome with poor prognosis:a multi-center stydy(Yuko.Yamagishi), Hidekazu.Suzuki, Masahiro.Sonoo, Satoshi.Kuwabara, Takanori.Yokota, Kyoichi.Nomura, Atsuro.Chiba, Ryuji.Kaji, Takashi.Kanda, Kenishi.Kaida, Shu-ichi.Ikeda, Tatsuro.Mutoh, Ryo.Yamazaki, Hiroshi.Takashima, Makoto.Matsui, Kazutoshi.Nishiyama, Gen.Sobue, and Susumu.KusunokiJournal of the Peripheral Nervous System22:433-4392017年
  • Nivolumab-related myasthenia gravis with myositis and myocarditis in Japan(Shigeaki.Suzuki), Nobuhisa.Ishikawa, Fumie.Konoeda, Nobuhiko.Seki, Satoshi.Fukushima, Kikuko.Takahashi, Hisashi.Uhara, Yoshikazu.Hasegawa, Shinichiro.Inomata, Yasushi.Otani, Kenji.Yokota, Takashi.Hirose, Ryo.Tanaka, Norihiro.Suzuki, Makoto.Matsui,Neurology89:1127-11342017年
  • Validation of the Brief International Cognitive Assessment for Multiple Selerosis in Japan(Masaaki Niino),Toshiyuki Fukazawa,Jun-ichi Kira,Tatsusada Okuno,Masahiro Mori,Nobuo Sanjyo,Takashi Ohashi,Hikoaki Fukaura,Juichi Fujimori,Yuko Shimizu,Nobuhiro Mifune,Yusei Miyazaki,Eri Takahashi,Seiji Kikuchi,Dawn Langdon,RaIph HB Benedict and Makoto MatsuiMultiple Sclerosis Journal Experimental ,Translational Clinical000:20552173177489722017年
  • 第1章 物がかすんでみえます.右目を動かすと痛みます長山成美, 松井 真内科119:582-5862017年
  • これだけは知っておきたい神経内科の診断学松井 真レジデントノート18:2988-29942017年
  • 神経疾患の治療法 免疫修飾治療松井 真, 中西恵美神経疾患治療ストラテジー-:20-262017年
  • Nationwide epidemiological stydy of neuromyelitis optica in Japan(Katsuichi.Miyamoto), Kazuo.Fujihara, Jun-ichi.Kira, Nagato.Kuriyama, Makoto.Matsui, Akiko.Tamakoshi, Susumu.KusunokiJOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY89:667-6682018年06月
  • Rheumatoid meningitis developed in patient with stable rheumatoid arthritis and myasthenia gravis-detailed analysis of intracranial inflammation using flow cytometryMiki.Oono, Yoshimasa.Fujita, Nobuaki.Uchida, Ukichiro.Kawai, Michiyo.Fujita-Nakata, Megumi.Nakanishi, MItsuru.Sanada, Shigemi.Nagayama and Makoto.MatsuiJournal of Neuroinflammation15:151-1562018年05月
  • Relationship of systemic inflammation and cellular immunity with advancement of cognitive decline in patients with Alzheimer's diseaseUkichiro.Kawai, Nobuaki.Uchida, Miki.Oono, Michiyo.Fujita-Nakata, Megumi.Nakanishi, Mitsuru.Sanada, Shigemi.Nagayama and Makoto.MatsuiClinical&Experimental Neuroimmunology9:182-1882018年08月
  • Japanese guidelines for dimethyl fumarate(Masaaki.Niino), Takashi.Ohashi, Hirofumi.Ochi, IChiro.Nakashima, Yuko.Shimizu and Makoto.MatsuiClinical&Experimental Neuroimmunology9:235-2432018年11月
  • Cognition with magnetic resonansce imaging findings and social activities in patients with multiple sclerosis in a Japanese cohort(Masaaki Niino), Toshiyuki Hukazawa, Jun-ichi Kira, Tatsusada Okuno, Masahiro Mori, Nobuo Sanjyo, Takashi Ohashi, Hikoaki Fukaura, Juichi Fujimori, Yoko Shimizu, Nobuhiro Mihune, Yusei Miyazaki, Eri Takahashi, Seiji Kikuchi, Dawn Langdon, Ralph H.B,Benedict and Makoto MatsuiClinical and Experimental Neuroimmunology10:41-482019年
  • Gene expression profile data of the developing small intestine of Id2-deficient miceKentaro Mori, Kota Tamada, Hisanori Kurooka, Makoto Matsui, Toru Takumi, Yoshifumi YokotaData in brief24:1037172019年
  • 多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドラインupdate長山成美, 松井 真脳神経内科91:30-392019年07月

書籍等出版物

  • 虚血再灌流時皮膚血管拡張反応;血管内皮機能検査
    自律神経機能検査第5版(日本自律神経学会)
    真田 充, 松井 真, 安田 斎
    文光堂 2015年10月
  • 急性散在性脳脊髄炎
    神経内科研修ノート(鈴木則宏)
    長山成美, 松井 真
    株式会社 診断と治療社 2015年01月
  • 多発性硬化症・視神経脊髄炎の再発予防と最新治療
    神経疾患最新の治療 2015~2017(小林祥泰,水澤英洋,山口修平)
    松井 真
    南江堂 2015年01月
  • 重症筋無力症/ランバート・イートン
    わかりやすい内科学 第4版
    松井 真
    文光堂 2014年02月
  • 多発性硬化症・急性散在性脳脊髄炎
    わかりやすい内科学 第4版
    松井 真
    文光堂 2014年02月
  • 多発性硬化症 multiple sclerosis(MS)
    今日の治療指針(北原光夫、福井次矢)
    松井 真
    医学書院 2013年
  • 免疫調節薬
    今日の神経疾患治療指針 第2版(水澤英洋、梶 龍兒、吉良潤一、齊藤延人、神田 隆、鈴木則宏)
    長山成美, 松井 真
    医学書院 2013年
  • 免疫性中枢神経疾患の鑑別診断
    免疫性神経疾患ハンドブック(楠 進)
    松井 真
    南江堂 2013年
  • 視神経脊髄炎
    今日の神経疾患治療指針 第2版(水澤英洋、梶 龍兒、吉良潤一、齊藤延人、神田 隆、鈴木則宏)
    長山成美, 松井 真
    医学書院 2013年
  • 脳卒中
    カラダ大辞典クロスマガジン 生命への畏敬
    松井 真
    公益財団法人橘勝会 2012年12月
  • 急性散在性脳脊髄炎
    今日の治療指針2012年版
    松井 真
    医学書院 2012年
  • 多発性硬化症の病態と診断  -臨床疫学-
    多発性硬化症と視神経脊髄炎 アクチュアル・脳・神経疾患の臨床
    松井 真
    中山書店 2012年
  • MSの臨床症候学
    多発性硬化症(MS)と視神経脊髄炎(NMO)の基礎と臨床
    松井 真
    医薬ジャーナル社 2012年
  • 感染性疾患
    神経内科学テキスト(改訂版3版)
    松井 真
    南江堂 2011年04月
  • 脱髄疾患の分類と診断
    からだの科学
    松井 真
    中外医学社 2010年
  • 第3章 神経のいろいろな病気 多発性硬化症
    図説 カラダ大辞典③
    松井 真
    金沢医科大学 2010年
  • 第1章 症状からのアプローチ 運動麻痺・筋力低下,感覚障害
    図説 カラダ大辞典③ 神経の病気
    松井 真
    金沢医科大学 2010年
  • 橋中心性髄鞘破壊
    今日の診断指針 第6版
    松井 真
    医学書院 2010年
  • C.感染症  3. 脳膿瘍に対する治療法は
    EBM 神経疾患の治療  2009-2010
    長山成美, 松井 真
    中外医学社 2009年
  • 日本人多発性硬化症の特性からみた治療上の問題点:視神経脊髄型多発性硬化症
    多発性硬化症の診断と治療
    松井 真
    新興医学出版社 2008年01月
  • 多発性硬化症
    看護に役立つ疾患・症候事典:病態がわかるケアがわかる(永井良三)
    松井 真
    メヂカルフレンド社 2008年04月
  • 神経疾患とサイトカイン
    医学のあゆみ(別冊:サイトカインと疾患,今西二郎・編)
    松井 真
    医歯薬出版 2000年
  • たかが頭痛されど頭痛
    臨床診断のピットフォール(只野壽太郎・松井征男・編)
    松井 真
    医歯薬出版 1998年
  • ほろ苦きブラデイ髄液(メアリー)
    臨床検査のピットフォール(只野壽太郎・編)
    松井 真
    医歯薬出版 1996年
  • Neurologic Aspects of Autoimmunity
    Molecular Autoimmunity (Talal, N. ed.)
    Matsui M
    Academic Press 1991年
  • 急性散在性脳脊髄炎
    今日の治療指針2016年版(vol.58)
    松井 真
    医学書院 2016年01月
  • 免疫性神経疾患のガイドラインにはどのようなものがあり、どう使うのがよいか
    アクチュアル 脳・神経疾患の臨床「免疫性神経疾患 -病態と治療のすべて-」
    松井 真
    中山書店 2016年03月
  • Multiple Sclerosis:Diagnosis and Treatment
    Neuroimmunological Diseases
    M.Matsui
    Springer Japan 2016年
  • 多発性硬化症・視神経脊髄炎
    日常診療に活かす 診療ガイドラインUP-TO-DATE2016-2017
    長山成美, 松井 真
    メディカルレビュー社 2016年02月
  • MSはどのように診断しますか。診断ガイドラインにはどのようなものがあり、どう利用すればいいでしょうか。
    神経内科 Clinical Questions&Pearls  中枢脱髄性疾患
    中西恵美,松井 真
    中外医学社 2018年02月
  • 多発性硬化症・視神経脊髄炎
    日常生活に活かす診療ガイドライン UP-TO-DATE 2018-2019
    長山成美, 松井 真
    株式会社メディカルレビュー社 2018年01月

競争的資金

  • 神経免疫疾患のエビデンスによる診断基準・重症度分類・ガイドラインの妥当性と患者QOLの検証
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)
    研究期間:2017年 - 2019年  
    代表者:松井 真
  • 免疫性ニューロパチーの治療反応性予測に基づく有効な治療戦略の構築
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 分担研究 難治性疾患実用化研究事業
    研究期間:2015年 - 2016年  
    代表者:楠 進(近畿大学)分担・連携研究者:松井 真
  • 多発性硬化症生体試料バンクを活用したアジア人特有の遺伝環境因子探索による病態解明
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 分担研究 難治性疾患実用化研究事業
    研究期間:2015年 - 2016年  
    代表者:吉良潤一(九州大学)分担・連携研究者:松井 真
  • 抗Neurofascin155抗体関連中枢・末梢神経障害症候群(CCPD/CIDP)の診療ガイドライン作成のための定量的抗体測定法の開発と基盤エビデンスの構築
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 分担研究 難治性疾患実用化研究事業
    研究期間:2015年 - 2016年  
    代表者:吉良潤一(九州大学)分担・連携研究者:松井 真
  • 免疫性ニューロパチーの治療反応性予測に基づく有効な治療戦略の構築
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金 分担研究 難治性疾患克服研究事業
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:楠 進(近畿大学)分担・連携研究者:松井 真
  • 多発性硬化症生体試料バンクを活用したアジア人特有の遺伝環境因子探索による病態解明
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金 分担研究 難治性疾患克服研究事業
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:吉良潤一(九州大学)分担・連携研究者:松井 真
  • エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)
    研究期間:2014年 - 2016年  
    代表者:松井 真
  • 免疫性神経疾患に関する調査研究
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金 分担研究 難治性疾患克服研究事業
    研究期間:2008年 - 2013年  
    代表者:楠 進(近畿大学)分担・連携研究者:松井 真
  • 神経疾患の診断・治療・予防に関する包括的臨床研究
    厚生労働省:国立精神・神経センター精神・神経疾患研究委託費
    研究期間:2006年 - 2008年  
    代表者:久野貞子(国立精神・神経センター武蔵病院)分担・連携研究者:松井 真
  • ガレクチン9抗体を利用した多発性硬化症モデル動物におけるアレルギー反応機序の解析
    文部科学省:科学研究費 萌芽研究
    研究期間:2005年 - 2006年  
    代表者:松井 真
  • 免疫性神経疾患に関する調査研究
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金 分担研究 難治性疾患克服研究事業
    研究期間:2005年 - 2007年  
    代表者:吉良潤一分担・連携研究者:松井 真


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.