詳細検索はこちら

北田 宗弘 キタダ ムネヒロ

所属部署名糖尿病・内分泌内科学, 寄附研究部/先制分子食料科学研究部
職名准教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    糖尿病血管合併症の発症・進展機序

専門分野

  • 代謝学
  • 腎臓内科学
  • 代謝学
    糖尿病学

学歴

  • 滋賀医科大学 大学院 医学研究科
  • 富山医科薬科大学 医学部

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

  • 1996年日本糖尿病学会 評議員
  • 1997年日本内科学会 会員
  • 1998年日本腎臓学会 会員
  • 2006年人間ドック学会
  • 2011年日本病態栄養学会
  • 2013年日本糖尿病合併症学会 会員
  • 2013年日本抗加齢医学会 会員

経歴

  • 1996年05月- 1997年04月滋賀医科大学付属病院第3内科 研修医
  • 1997年05月- 1999年03月大津赤十字病院内科部 レジデント
  • 1999年04月- 2000年03月社会保険滋賀病院内科 医員
  • 2004年01月- 2006年03月市立長浜病院内分泌・腎臓内科 医長
  • 2008年06月- 2010年06月ジョスリン糖尿病センター 研究員
  • 2006年04月- 2008年05月金沢医科大学生活習慣病センター 助教
  • 2010年07月- 2010年09月金沢医科大学糖尿病・内分泌内科 助教

研究活動情報

論文

  • A very-low-protein diet ameliorates advanced diabetic nephropathy through autophagy induction by suppression of the mTORC1 pathway in Wistar fatty rats, an animal model of type 2 diabetes and obesity.M.Kitada, Y.Ogura, T.Suzuki, S.Sen, S.M.Lee, K.Kanasaki, S.Kume, D.KoyaDiabetologia59:1307-13172016年06月
  • The protective role of sirt1 in vascular tissue: its relationship to vascular aging and atherosclerosis.M.Kitada, Y.Ogura, D.KoyaAging(Albany NY)8:2290-23072016年10月
  • Rodent models of diabetic nephropathy: their utility and limitations.M.Kitada, Y.Ogura, D.KoyaInternational journal of nephrology and renovascular disease9:279-2902016年11月
  • Oral administration of N-Acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline ameliorates kidney disease in both type 1 and type 2 diabetic mice via a therapeutic regimen.K.Nitta, S.Shi, T.Nagai, M.Kanasaki, M.Kitada, S.P.Srivastava, M.Haneda, K.Kanasaki, D.KoyaBioMed research international2016:9172157-91721572016年03月
  • Effect of antifibrotic microRNAs crosstalk on the action of N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline in diabetes-related kidney fibrosis.S.P.Srivastava, S.Shi, M.Kanasaki, T.Nagai, M.Kitada, J.He, Y.Nakamura, Y.Ishigaki, K.Kanasaki, D.KoyaScientific reports6:29884-298842016年07月
  • Restoration of the hypothalamic-pituitary-adrenal response to hypoglycemia in type 2 diabetes by avoiding chronic hypoglycemia.S.Tsuda, K.Konishi, T.Otoda, T.Nagai, A.Takeda-Watanabe, M.Kanasaki, M.Kitada, A.Nakagawa, M.Nishizawa, K.Kanasaki, D.KoyaInternal medicine55:3471-34732016年
  • The protective effect of a low-protein diet against tubulo-interstitial damage in diabetic kidneysM.Kitada, Y.Ogura, D.KoyaCellular & Molecular Medicine: Open access2:6-72016年05月
  • 特集 腎と多血管病(Polyvascular disease) 【対策】 血糖管理(保存期・透析期を含む)北田宗弘, 古家大祐腎と透析80:119-1242016年01月
  • コラム サーチュインとCKD北田宗弘, 古家大祐最新醫學別冊 診断と治療のABC111:110-1112016年02月
  • 特集 腎臓とアンチエイジング たんぱく質摂取と寿命・メタボリックヘルス北田宗弘アンチ・エイジング医学12:49-542016年02月
  • Ⅹ 糖尿病合併症―発症・進展の分子機序― 3.プロテインキナーゼC経路北田宗弘, 古家大祐日本臨牀 新時代の臨床糖尿病学(下)―より良い血糖管理をめざして―74:61-662016年04月
  • 特集 糖尿病性腎症の克服を目指して~up to date~ 腎症の食事療法北田宗弘Pharma Medica34:31-352016年06月
  • 特集 糖尿病と腎泌尿器疾患 糖尿病性腎症のアンチエイジング―オートファジーを中心に―北田宗弘, 古家大祐腎臓内科・泌尿器科3:550-5562016年06月
  • シンポジウム3:糖尿病合併症の治療~基礎から臨床へのアプローチ~ 糖尿病腎症の治療(食事療法を中心に)北田宗弘糖尿病合併症30:60-632016年06月
  • Sirtuin familyと糖尿病―Sirt1,3,6を中心に北田宗弘, 古家大祐Diabetes Frontier27:271-2802016年06月
  • 第4章 管理・治療 糖尿病細小血管合併症を伴う症例に対する血糖管理の注意点北田宗弘, 古家大祐最新醫學別冊 診断と治療のABC-:162-1712016年10月
  • 糖尿病治療薬の新たな展開-SGLT2阻害薬を中心に- 6.SGLT2阻害薬の腎保護作用(臨床的観点から)北田宗弘, 古家大祐Bio Clinica31:1255-12592016年11月
  • 特集 糖尿病腎症の診断と治療 Up To Date Ⅲ.治療の実践 生活習慣の修正北田宗弘月刊糖尿病7:22-272015年12月
  • 特集 糖尿病治療新時代―糖尿病治療のupdate― Ⅲ.QOLの向上を目指した糖尿病合併症の診断と治療 2.糖尿病性腎症の診断と治療北田宗弘, 古家大祐日本臨牀73:2037-20432015年12月
  • 特集 CKD患者の管理 9.血糖管理北田宗弘, 古家大祐動脈硬化予防14:63-692015年12月
  • 特集 慢性腎臓病レシピ―食の力への期待 【疾病リスク低減効果】糖尿病北田宗弘, 古家大祐腎と透析79:682-6862015年11月
  • 特集 糖尿病の食事療法 up to date 7.糖尿病腎症の食事療法(透析予防・透析期)北田宗弘, 古家大祐月刊糖尿病7:47-522015年09月
  • Interactions of DPP-4 and integrin β1 influences endothelial-to-mesenchymal transitionS.Shi, S.P.Srivastava, M.Kanasaki, J.He, M.Kitada, T.Nagai, K.Nitta, S.Takagi, K.Kanasaki, D.KoyaKidney International.88:479-4892015年09月
  • 解説 レスベラトロールの腎保護効果北田宗弘, 古家大祐腎臓内科・泌尿器科2:115-1222015年07月
  • 糖尿病慢性合併症の発症メカニズム プロテインキナーゼC(PKC)の活性化北田宗弘, 古家大祐最新医学70:1364-13742015年07月
  • 特集 バランスアップの知識をギュッ!食事療法のためのキホンの生化学&栄養学 2 おいしく知ろう!キホンの栄養素 3.たんぱく質北田宗弘, 古家大祐糖尿病ケア12:26-312015年07月
  • 特集 高齢者の腎泌尿器疾患 高齢者の内科疾患 糖尿病性腎症北田宗弘, 古家大祐腎と透析78:862-8672015年06月
  • 特集 糖尿病とオートファジー 糖尿病腎症とオートファジー北田宗弘, 古家大祐内分泌・糖尿病・代謝内科40:459-4642015年06月
  • 特集 泌尿器のアンチエイジング 5.腎臓のアンチエイジング北田宗弘, 古家大祐Progress in Medicine35:967-9722015年06月
  • 特集 糖尿病合併症の早期診断と進展予防 1.腎症の早期診断と進展予防北田宗弘, 古家大祐糖尿病58:234-2372015年04月
  • 特集 時代とともに広がる「糖尿病合併症」の懸念 各論Ⅰ.細小血管障害の診断と治療 糖尿病腎症の治療(腎症前期~顕性腎症期)北田宗弘, 古家大祐診断と治療103:321-3272015年03月
  • Special issue 糖尿病腎症、今後の展望と課題 特集1 糖尿病腎症の疫学的考察北田宗弘, 古家大祐Diabetes Contemporary2:6-112015年03月
  • 特集10 Topics in diabetic complications and diabetes-related diseases―糖尿病合併症と関連疾患の新たなる展望 糖尿病腎症 診断と治療における進歩,今後の展望北田宗弘, 古家大祐糖尿病診療マスター13:16-222015年01月
  • 特集 2型糖尿病診療の新展開2015 糖尿病患者の管理―腎症北田宗弘, 古家大祐臨牀と研究92:56-622015年01月
  • どう診る,どうケアする 糖尿病の合併症 慢性合併症 6.糖尿病を抱える腎障害患者のケア北田宗弘, 古家大祐Modern Physician35:41-452015年01月
  • 特集 糖尿病の合併症治療―CKD・CVDを防ぐために薬はどう使う? 心臓・腎臓を守るための薬の実践的な使い方 貧血北田宗弘, 古家大祐薬事56:75-792014年10月
  • 受賞講演:Young Investigator Award 2) 糖尿病腎症の発症・進展機序の解明北田宗弘糖尿病合併症28:155-1632014年06月
  • メトホルミン投与開始後にビタミンB12欠乏症が顕性化し大球性貧血を示した抗胃壁細胞抗体陽性2型糖尿病の1例北田宗弘, 山﨑雅英, 古家大祐, 宮森弘年Diabetes Frontier25:335-3392014年06月
  • Linagliptin-mediated DPP-4 inhibition ameliorates kidney fibrosis in streptozotocin-induced diabetic mice by inhibiting endothelial-to-mesenchymal transition in a therapeutic regimenK.Kanasaki, S.Shi, M.Kanasaki, J.He, T.Nagai, Y.Nakamura, Y.Ishigaki, M.Kitada, SP.Srivastava, D.KoyaDiabetes.63:2120-21312014年06月
  • Clinical therapeutic strategies for early stage of diabetic kidney diseaseM.Kitada, K.Kanasaki, D.KoyaWorld journal of diabetes [electronic resource]5:342-3562014年06月
  • 最新肥満症学-基礎・臨床研究の最前線- Ⅺ. 特論 カロリー制限と長寿との関連性北田宗弘, 古家大祐日本臨床72:682-6872014年05月
  • Evidence-based clinical practice guideline for CKD 2013(Japanese Society of Nephrology), K.Kanasaki, M.Kitada, D.KoyaClinical and experimental nephrology18:346-4232014年05月
  • 特集 Brush Up! CDE 糖尿病合併症事典 Ⅱ 慢性合併症【細小血管障害】腎症 その他の腎疾患(ネフローゼ症候群)北田宗弘, 奥山 宏, 古家大祐糖尿病診療マスター12:255-2592014年04月
  • N-acetyl-seryl-asparatyl-lysyl-proline: a valuable endogenous anti-fibrotic peptide for combating kidney fibrosis in diabetesK.Kanasaki, T.Nagai, K.Nitta, M.Kitada, D.KoyaFrontiers in pharmacology [electronic resource]5:1-112014年04月
  • Interventions against nutrient-sensing pathways represent an emerging new therapeutic approach for diabetic nephropathyD.Koya, M.Kitada, S.Kume, K.KanasakiClinical and experimental nephrology18:210-2132014年04月
  • 特集 CKDにおける食事療法~古くて新しい問題~ 適正エネルギーの考え方北田宗弘, 古家大祐Nephrology Frontier13:30-342014年03月
  • N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline inhibits diabetes-associated kidney fibrosis and endothelial-mesenchymal transitionT.Nagai, M.Kanasaki, SP.Srivastava, Y.Nakamura, Y.Ishigaki, M.Kitada, S.Shi, K.Kanasaki, D.KoyaBioMed research international [electronic resource]2014:696475;1-122014年03月
  • 特集 糖尿病性腎症への新たな挑戦―インクレチン関連薬への期待― Ⅰ 糖尿病性腎症の診断と治療北田宗弘, 古家大祐糖尿病6:6-132014年02月
  • Role of sirtuins in kidney diseaseM.Kitada, S.Kume, D.KoyaCurrent opinion in nephrology and hypertension.23:75-792014年01月
  • Eplerenone ameliorates the phenotypes of metabolic syndrome with NASH in liver-specific SREBP-1c Tg mice fed high-fat and high-fructose diet.(T.Wada), Y.Miyashita, M.Sasaki, Y.Aruga, Y.Nakamura, Y.Ishii, M.Sasahara, K.Kanasaki, M.Kitada, D.Koya, H.Shimano, H.Tsuneki, T.SasaokaAmerican journal of physiology. Endocrinology and metabolism.305:E1415-E14252013年12月
  • 老年医学の展望 腎臓の老化に対するカロリー制限の効果北田宗弘, 久米真司, 古家大祐日本老年医学会雑誌50:734-7392013年11月
  • 特集 尿中バイオマーカー 蛋白尿・アルブミン尿北田宗弘, 古家大祐腎臓36:98-1032013年11月
  • 内科診療にガイドラインを生かす 代謝・内分泌疾患 糖尿病合併症北田宗弘, 古家大祐Medicina50:330-3352013年11月
  • The biological consequence of obesity on the kidney.K.Kanasaki, M.Kitada, M.Kanasaki, D.KoyaNephrology, dialysis, transplantation : official publication of the European Dialysis and Transplant Association - European Renal Association.28suppl 4;1-72013年11月
  • SIRT1 in type 2 diabetes: mechanisms and therapeutic potential.M.Kitada, D.KoyaDiabetes & metabolism journal.37:315-3252013年11月
  • Renal protective effects of resveratrol.M.Kitada, D.KoyaOxidative medicine and cellular longevity2013:568093;1-72013年11月
  • 特集 CKDと動脈硬化 Part5 原因疾患を考慮した心血管疾患発症抑制のための最適医療 2.糖尿病性腎症北田宗弘, 古家大祐動脈硬化予防12:70-762013年10月
  • Ketogenic essential amino acids replacement diet ameliorated hepatosteatosis with altering autophagy-associated molecules.L.Xu, M.Kanasaki, J.He, M.Kitada, K.Nagao, H.Jinzu, Y.Noguchi, H.Maegawa, K.Kanasaki, D.KoyaBiochimica et biophysica acta.1832:1605-16122013年10月
  • Calorie restriction in overweight males ameliorates obesity-related metabolic alterations and cellular adaptations through anti-aging effects, possibly including AMPK and SIRT1 activation.M.Kitada, S.Kume, A.Takeda-Watanabe, S.Tsuda, K.Kanasaki, D.KoyaBiochimica et biophysica acta.1830:4820-48272013年10月
  • 糖尿病の実地診療 治療の進化を臨床現場で生かす セミナー/内科外来における糖尿病の具体的な課題の対処法 糖尿病腎症の診断と治療の進めかた北田宗弘, 古家大祐Medical Practice30:805-8122013年05月
  • 特集:CKD診療ガイド2012を読み解く CKD患者の糖尿病管理北田宗弘, 古家大祐血圧20:476-4802013年05月
  • Three ileus cases associated with the use of dipeptidyl peptidase-4 inhibitors in diabetic patients.K.Kanasaki, K.Konishi, R.Hayashi, H.Shiroeda, T.Nomura, A.Nakagawa, T.Nagai, A.Takeda-Watanabe, H.Ito, S.Tsuda, M.Kitada, M.Fujii, M.Kanasaki, M.Nishizawa, Y.Nakano, Y.Tomita, N.Ueda, T.Kosaka, D.KoyaJournal of diabetes investigation4:673-6752013年05月
  • Sirtuins and renal diseases: relationship with aging and diabetic nephropathy.M.Kitada, S.Kume, A.Takeda-Watanabe, K.Kanasaki, D.KoyaClinical science124:153-1642013年02月
  • Anti-aging molecule, Sirt1: a novel therapeutic target for diabetic nephropathy.(S.Kume), M.Kitada, K.Kanasaki, H.Maegawa, D.KoyaArchives of pharmacal research.36:230-2362013年02月
  • 糖尿病合併高血圧患者を対象としたロサルタン/ヒドロクロロチアジド配合錠の腎機能保護効果とメタボリックシンドロームの関与小西一典, 中野 茂, 永井貴子, 渡邉 愛, 伊藤弘樹, 津田真一, 北田宗弘, 金﨑啓造, 西澤 誠, 中川 淳, 古家大祐血圧20:100-1052013年01月
  • Sirtuins as possible drug targets in type 2 diabetes.M.Kitada, S.Kume, K.Kanasaki, A.Takeda-Watanabe, D.KoyaCurrent drug targets14:622-6362013年01月
  • 糖尿病腎症の透析予防:「糖尿病透析指導管理料」を踏まえて 1.「糖尿病透析予防指導管理料」新設の背景と概要北田宗弘, 古家大祐看護技術58:900-9032012年09月
  • 特集:CKDの新しいマネジメント―CKD診療ガイド2012で変わるこれからの診断・管理と治療― 生活習慣病・メタボリックシンドロームのCKDへ与えるインパクト北田宗弘, 古家大祐Mebio29:19-242012年09月
  • 糖尿病性腎症の疫学北田 宗弘, 古家大祐日本臨床 最新臨床糖尿病学(下)70巻・384-3882012年07月
  • PKCの活性化とその阻害薬北田 宗弘, 古家大祐月刊 糖尿病4巻・50-562012年07月
  • 高血糖による代謝異常と糖尿病腎症北田 宗弘, 古家大祐内分泌・糖尿病・代謝内科34巻・489-4962012年06月
  • レスベラトロールはサプリメントとして摂るべき?北田 宗弘, 古家大祐アンチエイジング医学8:254-2582012年04月
  • カロリー制限と長寿に関する話題北田 宗弘, 古家大祐臨床栄養120(4):400-4012012年04月
  • Glomerular VEGF resistance induced by PKCδ/SHP-1 activation and contribution to diabetic nephropathy.Munehiro Kitada, Akira Mima, George L KingThe FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental BiologyApr 16. [Epub ahead of print]2012年04月
  • 内臓脂肪蓄積と2型糖尿病の発症・進展北田 宗弘, 古家大祐, 竹田愛ホルモンと臨床11:933-9412012年03月
  • 変貌する糖尿病治療-腎症-北田 宗弘, 古家大祐臨症と研究89巻1号2012年01月
  • Autophagy as a therapeutic target in diabetic nephropathy(田中敬), 久米真司, 北田 宗弘, 古家大祐Exp Diabetes Res2012;2012:628978. Epub 2011 Oct 19.2012年01月
  • Autophagy as a therapeutic target in diabetic nephropathy(Y.Tanaka), S.Kume, M.Kitada, K.Kanasaki, T.Uzu, H.Maegawa, D.KoyaExperimental diabetes research [electronic resource]e6289782012年01月
  • Elevation of the antifibrotic peptide N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline: a blood pressure-independent beneficial effect of angiotensin I-converting enzyme inhibitorsM.Kanasaki, T.Nagai, M.Kitada, D.Koya, K.KanasakiFibrogenesis & tissue repair [electronic resource]4:25;1-122011年12月
  • Reversal of redox-dependednt inhibition of diacylglycerol kinase by antioxidants in mesangial cells exposed to high glucoseH.Astumi, M.Kitada, K.Kanasaki, D.KoyaMolecular medicine reports.4:923-9272011年09月
  • Dietary restriction ameliorates diabetic nephropathy through anti-inflammatory effects and regulation of the autophagy via restoration of Sirt1 in diabetic Wistar fatty (fa/fa) rats: a model of type 2 diabetesM.Kitada, A.Takeda, T.Nagai, H.Ito, K.Kanasaki, D.KoyaExperimental diabetes research [electronic resource]2011/908185;1-112011年09月
  • Reversal of redox-dependent inhibition of diacylglycerol kinase by antioxidants in mesangial cells exposed to high glucose.渥美 久登, 北田 宗弘, 金崎 啓造, 古家 大祐Molecular Medicine Reports4:923-9272011年07月
  • Glomerular-specific protein kinase C-β-induced insulin receptor substrate-1 dysfunction and insulin resistance in rat models of diabetes and obesity.(美馬 昌), 北田 宗弘, George L KingKidney international.79(8):883-96.2011年04月
  • Resveratrol improves oxidative stress and protects against diabetic nephropathy through normalization of Mn-SOD dysfunction in AMPK/SIRT1-independent pathway.北田 宗弘, 古家 大祐, 久米 真司Diabetes.60(2):634-432011年02月
  • Resveratrol improves oxidative stress and protects against diabetic nephropathy through normalization of Mn-SOD dysfunction in AMPK/SIRT1-independent pathwayM.Kitada, S.Kume, N.Imaizumi, D.KoyaDiabetes.60:634-6432011年02月
  • 特集 内分泌代謝制御と疾患にかかわる蛋白質分解 慢性腎臓病とオートファジー北田宗弘, 久米真司, 田中 敬, 古家大祐内分泌・糖尿病・代謝内科33:344-3512011年
  • Dietary restriction ameliorates diabetic nephropathy through anti-inflammatory effects and regulation of the autophagy via restoration of Sirt1 in Diabetic Wistar fatty (fa/fa) rats, a model of type 2 diabetes.北田 宗弘, 竹田 愛, 永井 貴子, 金崎 啓造, 古家 大祐Exp Diabetes Resin press2011年
  • Molecular mechanisms of diabetic vascular complicationsM.Kitada, Z.Zhang, A.Mima, G.L.KingJournal of diabetes investigation1:77-892010年01月
  • Molecular mechanisms of diabetic vascular complicationsMunehiro Kitada, Zhaoyun Zhang, Akira Mima, George L KingJournal of Diabetes Investigation1(3):77-892010年01月
  • Translocation of glomerular p47phox and p67phox by protein kinase C-beta activation is required for oxidative stress in diabetic nephropathy.Munehiro Kitada, Daiske KoyaDiabetes.52(10):2603-142003年10月
  • Effects of antioxidants in diabetes-induced oxidative stress in the glomeruli of diabetic rats.Daisuke Koya, 北田 宗弘J Am Soc Nephrol14(8 Suppl 3):S250-32003年08月
  • シンポジウム2:糖尿病合併症の疫学と最新の診断法について 糖尿病腎症の疫学と診断―最近の話題―古家大祐, 北田宗弘, 金﨑啓造糖尿病合併症30:39-412016年06月
  • Comparative effects of direct renin inhibitor and angiotensin receptor blocker on albuminuria in hypertensive patients with type 2 diabetes. A randomized controlled trial(T.Uzu), S.Araki, A.Kashiwagi, M.Haneda, D.Koya, H.Yokoyama, Y.Kida, M.Ikebuchi, T.Nakamura, M.Nishimura, N.Takahara, T.Obata, N.Omichi, K.Sakamoto, R.Shingu, H.Taki, Y.Nagai, H.Tokuda, M.Kitada, M.Misawa, A.Nishiyama, H.Kobori, H.Maegawa, The Shiga Committee for Preventing Diabetic NephropathyPLoS ONE11:e0164936-e01649362016年12月
  • Rationale and design of the standard versus intensive statin therapy for hypercholesterolemic patients with diabetic retinopathy (EMPATHY) study: a randomized controlled trial(K.Ueshima), H.Itoh, N.Kanazawa, I.Komuro, R.Nagai, M.Takeuchi, T.Yamazaki; EMPATHY study group: D.Koya, A.Nakagawa, M.Nishizawa, M.Kitada, S.Tsuda, K.KonishiJournal of Atherosclerosis and Thrombosis23:976-9902016年08月
  • Regulating Autophagy as a Therapeutic Target for Diabetic Nephropathy.Munehiro.Kitada, Yoshio.Ogura, Itaru.Monno, Daisuke.KoyaCurrent Diabetes Reports17:532017年07月
  • Anagliptin ameliorates albuminuria and urinary liver-type fatty acid-binding protein excretion in patients with type 2 diabetes with nephropathy in a glucose-lowering-independent manner.Munehiro.Kitada, Shin-ichi.Tsuda, Kazunori.Konishi, Ai.Takeda-Watanabe, Mizue.Fujii, Keizo.Kanasaki, Makoto.Nishizawa, Atsushi.Nakagawa, Daisuke.KoyaBMJ Open Diabetes Research & Care5:e0003912017年07月
  • Cyclic and intermittent very low-protein diet can have beneficial effects against advanced diabetic nephropathy in Wistar fatty (fa/fa) rats, an animal model of type 2 diabetes and obesityMunehiro.Kitada, Yoshio.Ogura, Taeko.Suzuki, Itaru.Monno, Keizo.Kanasaki, Ai.Watanabe, Daisuke.KoyaNEPHROLOGY22:1030-10342017年12月
  • Deficiency in catechol-o-methyltransferase is linked to a disruption of glucose homeostasis in miceMegumi.Kanasaki, Swayam Prakash.Srivastava, Fan.Yang, Ling.Xu, Sumiyo.Kudoh, Munehiro.Kitada, Norikazu.Ueki, Hyoh.Kim, Jinpeng.Li, Satoru.Takeda, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaSCIENTIFIC REPORTS7:79272017年08月
  • FGFR1 is critical for the anti-endothelial mesenchymal transition effect of N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline via induction of the MAP4K4 pathwayJinpeng.Li, Sen.Shi, Swayam Prakash.Srivastava, Munehiro.Kitada, Takako.Nagai, Kyoko.Nitta, Miyuki.Kohno, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaCELL DEATH and DISEASE8:e29652017年08月
  • The Effect of Piceatannol from Passion Fruit (Passiflora edulis) Seeds on Metabolic Health in HumansMunehiro.Kitada, Yoshio.Ogura, Hiroko.Maruki-Uchida, Masahiko.Sai, Taeko.Suzuki, Keizo.Kanasaki, Yuna.Hara, Hiromi.Seto, Yuka.Kuroshima, Itaru.Monno, Daisuke.KoyaNUTRIENTS9:11422017年10月
  • 特集 糖尿病性腎症の現況と進展阻止対策―生活習慣の修正と薬物療法 糖尿病性腎症治療における蛋白質制限の意義北田宗弘, 古家大祐Current Therapy35:60-642017年01月
  • 話題 糖尿病腎症における蛋白質制限北田宗弘, 古家大祐内分泌・糖尿病・代謝内科44:228-2332017年03月
  • 特集:糖尿病性腎症 糖尿病性腎症:治療の進歩北田宗弘, 古家大祐日本腎臓学会誌59:74-782017年03月
  • 誌上ディベート カロリー制限VSたんぱく質制限 たんぱく質制限は健康寿命の延伸につながる 古家大祐, 北田宗弘アンチ・エイジング医学13:259-2622017年04月
  • 特集 糖尿病の治療と合併症の最近の話題 糖尿病腎症北田宗弘, 古家大祐成人病と生活習慣病47:475-4812017年04月
  • 特集1 糖尿病腎症を詳しく知る北田宗弘さかえ57:5-112017年05月
  • アンチエイジング研究―世界の趨勢と日本 実践と問題点 カロリー制限北田宗弘, 古家大祐医学のあゆみ261:681-6852017年05月
  • 特集 糖尿病腎症―予後改善とレミッションを目指して― 腎症の病期に応じた糖尿病食事療法―たんぱく質制限の意義とその課題―北田宗弘, 古家大祐プラクティス34:248-2532017年05月
  • シンポジウム6:糖尿病合併症の臓器連関 摂取栄養素バランスとメタボリックヘルスの観点から糖尿病腎症に対する食事療法を考える北田宗弘, 古家大祐糖尿病合併症31:179-1822017年05月
  • MAP 眼で見る糖尿病合併症北田宗弘最新醫學別冊 診断と治療のABC124 糖尿病合併症124:7-132017年07月
  • 糖尿病腎症に対する新たな治療戦略 食事介入による糖尿病腎症治療の可能性北田宗弘Diabetes Update6:51-522017年07月
  • 顕性腎症を有する2型糖尿病患者におけるAST-120の血管内皮機能および動脈硬化改善効果小西一典, 中野 茂, 永井貴子, 渡邉 愛, 北田宗弘, 金﨑啓造, 西澤 誠, 中川 淳, 古家大祐Diabetes Frontier28:461-4662017年08月
  • 特集 糖尿病性腎症重症化予防にむけて 糖尿病透析予防管理のためのチーム医療北田宗弘, 古家大祐医学のあゆみ263:574-5772017年11月
  • 特集 糖尿病を有する慢性腎臓病患者のマネジメント Ⅲ.糖尿病合併腎障害に対する血糖コントロール各論 4.経口血糖降下薬北田宗弘, 古家大祐月刊糖尿病9:95-1032017年11月
  • 特集 糖尿病介入研究と動脈硬化 1.EMPA-REG OUTCOME:Empagliflozin(SGLT2阻害薬)追加使用の心血管合併症への影響~糖尿病診療に与えたインパクト~北田宗弘, 古家大祐動脈硬化予防16:5-112017年12月
  • A Low-Protein Diet for Diabetic Kidney Disease: Its Effect and Molecular Mechanism, an Approach from Animal StudiesMunehiro.Kitada, Yoshio.Ogura, Itaru.Monno, Daisuke.KoyaNutrients10:10(5). pii: E544. doi: 10.3390/nu10050544.2018年04月
  • 特集 糖尿病性腎症のup-to-dade 1.糖尿病性腎臓病を今どうとらえるべきか?北田宗弘, 古家大祐糖尿病61:520-5232018年08月
  • Renal mitochondrial oxidative stress is enhanced by the reduction of Sirt3 activity, in Zucker diabetic fatty ratsYoshio.Ogura, Munehiro.Kitada, Itaru.Monno, Keizo,Kanasaki, Ai.Watanabe, Daisuke.KoyaRedox Report23:153-1592018年12月
  • FGFR1 is essential for N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline regulation of mitochondrial dynamics by upregulating microRNA let-7b-5pQiongying.Hu, Jinpeng.Li, Kyoko.Nitta, Munehiro.Kitada, Takako.Nagai, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaBiochemical and Biophysical Research Communications495:2214-22202018年01月
  • A low-protein diet exerts a beneficial effect on diabetic status and prevents diabetic nephropathy in Wistar fatty rats, an animal model of type 2 diabetes and obesityMunehiro.Kitada, Yoshio.Ogura, Taeko.Suzuki, Itaru.Monno, Keizo.Kanasaki, Ai.Watanabe, Daisuke.KoyaNutrition & Metabolism15:15:20.doi: 10.1186/s12986-018-0255-1. eCollection 2108.2018年03月
  • Severe electrolytes disorders with the interstitial kidney alterations in the patient with the history of total thyroidectomy and parathyroidectomy: possible role of vitamin D deficiencyEmi.Kawakita, Keizo.Kanasaki, Taro.Hirai, Shin-ichi.Tsuda, Ai.Watanabe, Kyoko.Nitta, Munehiro.Kitada, Yoshio.Ogura, Yuta.Takagaki, Mizue.Fujii, Takako.Nagai, Keiji.Shimada, Susumu.Takagi, Yuiko.Mizunuma, Itaru.Monno, Shino.Fujimoto, Hiroshi.Minato, Nobuhiko.Miyatake, Atsushi.Nakagawa, Daisuke.KoyaClinical Case Reports6:983-9892018年04月
  • A ketogenic amino acid rich diet benefits mitochondrial homeostasis by altering the AKT/4EBP1 and autophagy signaling pathways in the gastrocnemius and soleusJinpeng.Li, Megumi.Kanasaki, Ling.Xu , Munehiro.Kitada, Kenji.Nagao, Yusuke.Adachi, Hiroko.Jinzu, Yasushi.Noguchi, Miyuki.Kohno, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaBiochimica et Biophysica Acta-General Subjects1862:1547-15552018年07月
  • Ipragliflozin improves mitochondrial abnormalities in renal tubules induced by a high-fat dietSusumu.Takagi, Jinpeng.Li, Yuta.Takagaki, Munehiro.Kitada, Kyoko.Nitta, Toshiyuki.Takasu, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaJournal of Diabetes Investigation9:1025-10322018年09月
  • SIRT3 deficiency leads to induction of abnormal glycolysis in diabetic kidney with fibrosisSwayam Prakash.Sirvastava, Jinpeng.Li, Munehiro.Kitada, Hiroki.Fujita, Yuichiro.Yamada, Julie E. Goodwin, Keizo.Kanasaki, Daisuke.KoyaCell Death & Disease9:doi:10.1038/s41419-018-1057-02018年09月
  • 特集 腎臓と栄養 【総説】慢性腎臓病に対する食事療法における適正エネルギー摂取量とは?北田宗弘, 古家大祐栄養-Trends of Nutrition-3:5-82018年03月
  • 特集 糖尿病Q&A 糖尿病腎症にたんぱく質制限はどの時期から考慮すべきか?北田宗弘, 古家大祐成人病と生活習慣病48:478-4822018年04月
  • FORUM 合併症I ―腎症―COMPLICATION I 第1回 腎症治療~最近の話題~北田宗弘, 古家大祐プラクティス35:416-4202018年07月
  • FORUM 合併症I ―腎症―COMPLICATION I 第2回 糖尿病性腎臓病北田宗弘, 古家大祐プラクティス35:545-5472018年07月
  • FORUM 合併症I―腎症― COMPLICATION I第3回 糖尿病腎症における食事療法;たんぱく質制限について考える北田宗弘, 古家大祐プラクティス35:675-6772018年11月
  • 糖尿病診療の標準化と情報発信(森川浩子), 任 和子, 北田宗弘, 古家大祐BIO Clinica33:1313-13192018年11月
  • 糖尿病診療の標準化と情報発信(森川浩子), 任 和子, 北田宗弘, 古家大祐アレルギーの臨床38:1347-13532018年12月
  • Inhibition of Dipeptidyl Peptidase-4 Accelerates Epithelial-Mesenchymal Transition and Breast Cancer Metastasis via the CXCL12/CXCR4/mTOR AxisYang Fan, Takagaki Yuta, Yoshitomi Yasuo, Ikeda Takayuki, Li Jinpeng, Kitada Munehiro, Kumagai Asako, Kawakita Emi, Shi Sen, Kanasaki Keizo, Koya DaisukeCancer research79:735-7462019年02月
  • N-Acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-proline is a potential biomarker of renal function in normoalbuminuric diabetic patients with eGFR ≥ 30 ml/min/1.73 m2Nitta Kyoko, Nagai Takako, Mizunuma Yuiko, Kitada Munehiro, Nakagawa Atsushi, Sakurai Masaru, Toyoda Masao, Haneda Masakazu, Kanasaki Keizo, Koya DaisukeClinical and Experimental Nephrology23:1004-10122019年08月
  • Dipeptidyl peptidase-4 plays a pathogenic role in BSA-induced kidney injury in diabetic miceTakagaki Yuta, Shi Sen, Katoh Makoto, Kitada Munehiro, Kanasaki Keizo, Koya DaisukeScientific reports9:75192019年05月
  • The impact of dietary protein intake on longevity and metabolic healthKitada Munehiro, Ogura Yoshio, Monno Itaru, Koya DaisukeEBioMedicine43:632-6402019年05月
  • βklotho is essential for the anti-endothelial mesenchymal transition effects of N-acetyl-seryl-aspartyl-lysyl-prolineGao Rongfen, Kanasaki Keizo, Li Jinpeng, Kitada Munehiro, Okazaki Toshiro, Koya DaisukeFEBS open bio9:1029-10382019年05月
  • Effect of switching to teneligliptin from other dipeptidyl peptidase-4 inhibitors on glucose control and renoprotection in type 2 diabetes patients with diabetic kidney diseaseKitada Munehiro, Ogura Yoshio, Nitta Kyoko, Fujii Mizue, Kanasaki Keizo, Konishi Kazunori, Iida Yasuo, Nakagawa Atsushi, Koya DaisukeJournal of diabetes investigation10:706-7132019年05月
  • Proposal of classification of "chronic kidney disease (CKD) with diabetes" in clinical settingKitada Munehiro, Koya DaisukeDiabetology international10:180-1822019年07月
  • クリニカルトピックス 医療の標準化とアクセプタビリティリサーチ(森川浩子), 任 和子, 北田宗弘, 古家大祐BIO Clinica34:106-1102019年01月
  • 特集 腎と栄養・代謝 肥満と腎臓病北田宗弘, 古家大祐腎臓内科・泌尿器科9:34-402019年01月
  • 特集 健康長寿を目指した食事療法の設定根拠とその実際 糖尿病性腎症患者の食事療法―低蛋白質食を中心に―北田宗弘, 古家大祐内分泌・糖尿病・代謝内科49:46-502019年07月
  • 特集 糖尿病の食事療法を極める 蛋白質の摂取量と糖尿病の管理―糖尿病性腎症における低蛋白質食を考える―北田宗弘, 古家大祐月刊糖尿病11:47-522019年11月
  • 糖尿病の療養指導Q&A 日本糖尿病学会と日本腎臓学会の専門医間の紹介基準 日本糖尿病学会と日本腎臓学会の専門医間の紹介基準について具体的に教えてください北田宗弘, 古家大祐プラクティス36:754-7562019年11月
  • 1 高血糖・低血糖 高血糖・低血糖のしくみと治療・ケア 4 高血糖と慢性合併症の関係北田宗弘, 古家大祐糖尿病ケア16:982-9852019年11月
  • Sirtuins and Type 2 Diabetes: Role in Inflammation, Oxidative Stress, and Mitochondrial FunctionKitade Munehiro, Ogura Yoshio, Monno Itaru, Koya DaisukeFrontiers in Endocrinology10:1872019年03月

書籍等出版物

  • Ⅷ 糖尿病腎症 2.早期腎症期
    糖尿病最新の治療2016-2018(羽田勝計, 門脇 孝, 荒木栄一編集)
    北田宗弘, 古家大祐
    南江堂 2016年02月
  • 第2章 糖尿病性腎症の治療はどうするの? B 腎症の個別治療はどうするか? 4 血糖コントロール
    あなたも名医!糖尿病性腎症をどう治療する?外来でここまでやろう!(海津嘉蔵編集)
    北田宗弘, 古家大祐
    日本医事新報社 2016年02月
  • 第1章 糖尿病性腎症診療のロードマップ ③糖尿病性腎症の治療フローチャート
    糖尿病性腎症エキスパートブック―State of the Art(前川 聡, 古家大祐, 牧野雄一編集)
    北田宗弘
    南江堂 2016年03月
  • 第12章 代謝疾患 12.糖尿病腎症
    内分泌代謝専門医ガイドブック 改訂第4版(成瀬光栄, 平田結喜緒, 島津 章編集)
    北田宗弘
    診断と治療社 2016年04月
  • 第Ⅱ章 腎症の成因・評価・診断 4.腎症の新規バイオマーカー
    糖尿病腎症の治療のポイント~早期腎症から透析療法まで~(稲葉雅章監修, 絵本正憲, 森 克仁編者)
    北田宗弘, 古家大祐
    医薬ジャーナル 2016年08月
  • Chapter3 女性の健康を阻害するcommon disease 4.慢性腎臓病
    女性医療のすべて(太田博明編集)
    北田宗弘, 古家大祐
    メディカルレビュー社 2016年10月
  • 5章 合併症の成因・病態・治療 8.糖尿病腎症の治療
    糖尿病学(門脇 孝, 荒木栄一, 稲垣暢也, 植木浩二郎,羽田勝計, 綿田裕孝編集)
    北田宗弘, 古家大祐
    西村書店 2015年05月
  • 第2章 糖尿病腎症の成因・病態、病期に応じた治療
    ナースのための糖尿病透析予防支援ガイド(一般社団法人日本糖尿病教育・看護学会編)
    北田宗弘, 古家大祐
    日本看護協会出版会 2015年06月
  • Ⅱ. Clinical nephrology B. 尿細管・間質障害 2. 腎疾患とSirt1―尿細管質病変における役割―
    Annual Review 腎臓 2015(冨野康日己,柏原直樹,成田一衛編集)
    北田宗弘, 古家大祐
    中外医学社 2015年01月
  • 第4章 CKD患者へのアプローチ Q42 糖尿病合併CKD患者のフォローはどうしたらよいでしょうか?/COLUMN シスタチンC(Cys-C)/第5章 CKDの治療 Q57 CKD患者の糖尿病治療薬はCKDステージG4では減量または中止すべきでしょうか?/COLUMN CGM(continuous glucose monitoring)による薬剤の選択と評価
    CKD診療ガイド2012 Q&A(今井圓裕)
    北田宗弘, 古家大祐
    診断と治療社 2013年01月
  • 第3章 糖尿病合併症~慢性合併症 ④糖尿病腎症 第1期と第2期
    どこが違う?どう違う?図解でくらべる・わかる!糖尿病の病態・治療・ケア(清野弘明)
    北田宗弘, 古家大祐
    メディカ出版 2013年09月
  • 第2部 分子標的治療薬/阻害薬ライブラリー 糖尿病腎症治療薬/PKCβ阻害薬
    糖尿病の分子標的と治療薬辞典 糖尿病・代謝疾患治療薬のターゲット分子と作用機序,薬効のすべて(春日雅人、綿田裕孝、松本道宏)
    北田宗弘, 古家大祐
    羊土社 2013年06月
  • Ⅱ.初期研修医でもこれだけは知っておきたい 3.CKD患者の糖尿病管理はここが違う
    患者を末期腎不全にしないためのCKD診療のコツ(今井圓裕)
    北田宗弘, 古家大祐
    文光堂 2013年05月
  • The use of calorie restriction mimetics to study aging
    Biological Aging: Methods and Protocols Second Edition (Trygve O. Tollefsbol Editor)
    M. Kitada, D. Koya
    Humana Press 2013年
  • 網膜症の臨症研究(内科的治療)血圧管理のエビデンス:DIRECT
    糖尿病網膜症のすべて
    北田宗弘, 古家大祐
    中山書店 2012年02月
  • 糖尿病血管合併症の分子メカニズムについて簡単に教えて下さい
    糖尿病と血管合併症に関する100の質問
    北田宗弘, 古家大祐
    メディカルレビュー 2012年05月
  • 3章 三大合併症およびその関連疾患の症状・診断・管理:腎症の症状・診断
    ヴィジュアル糖尿病臨床のすべて 糖尿病合併症―鑑別ポイントとベスト管理法(荒木栄一編集)
    北田宗弘
    中山書店 2011年06月
  • 第4章 糖尿病性腎症の発症・進行の原因は?これを阻止する方法はあるか?
    知りたいことがよくわかる 糖尿病性腎症教室 第2版(飯田喜俊,羽田勝計編集)
    北田宗弘, 古家大祐
    医歯薬出版 2010年09月
  • 第Ⅱ部 糖尿病の合併症と対策. 第2章 糖尿病性腎症. 1 成因
    新しい糖尿病学と透析医療(渡邉有三、羽田勝計、馬場園哲也)
    北田宗弘, 古家大祐
    株式会社 日本メディカルセンター 2007年06月
  • Ⅲ章 治療方針・治療法 C. 代謝異常に伴う腎疾患 1. 糖尿病性腎症 b. 晩期糖尿病性腎症の管理と注意点の実際
    腎疾患・透析最新の治療2008-2010年版(飯野靖彦、槇野博史、秋澤忠男)
    北田宗弘, 古家大祐
    南江堂 2007年12月
  • Ⅵ章 治療上の注意点,患者指導 3.糖尿病透析患者の管理
    腎疾患・透析 最新の治療 2017-2019(山縣邦弘,南学正臣編集)
    北田宗弘, 古家大祐
    南江堂 2017年01月
  • 6 トピックス 4-心血管イベントに関する糖尿病治療薬の最新のエビデンス
    高齢者における糖尿病治療薬の使い方 新たなカテゴリー別目標値への適切な対応のために(稲垣暢也編集)
    北田宗弘, 古家大祐
    フジメディカル出版 2017年06月
  • なるほど!そうだったのか!糖尿病教室Q&A
    なるほど!そうだったのか!糖尿病教室Q&A(金沢医科大学 内分泌・代謝科編集)
    新田恭子, 北田宗弘, 古家大祐
    金沢医科大学出版局 2017年06月
  • 食事療法の基本 Q-15 たんぱく質の割合と質について教えてください.また,割合と質はなぜ重要なのでしょうか?
    臨床栄養別冊 栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ vol.7 糖尿病の最新食事療法のなぜに答える 基礎編(本田佳子,佐野喜子,曽根博仁,大橋 健編集)
    北田宗弘,古家大祐
    医歯薬出版 2017年10月
  • 第13章 糖尿病 22 糖尿病腎症
    内分泌代謝科専門医研修ガイドブック(一般社団法人日本内分泌学会編集)
    北田宗弘,古家大祐
    診断と治療社 2018年05月
  • Part5 エビデンスからSGLT2阻害薬の位置づけを検証する 2.腎機能のエビデンスからSGLT2阻害薬の位置づけを検証する
    SGLT2阻害薬のすべて 第2版(稲垣暢也編集)
    小倉慶雄,北田宗弘,古家大祐
    先端医学社 2018年05月
  • 機能性とメカニズム 第12章 レスベラトロールの神経・腎臓保護効果
    バイオテクノロジーシリーズ レスベラトロールの基礎と応用 《普及版》(坪田一男監修)
    北田宗弘,古家大祐
    シーエムシー出版 2019年03月
  • 4章 慢性合併症の病態とその治療 3.糖尿病腎症 4)糖尿病腎症に対する食事療法
    糖尿病治療のニューパラダイム 第4巻 糖尿病に合併する病態とその治療(加来浩平, 宇都宮一典, 綿田裕孝, 松田昌文, 池上博司編集)
    小倉慶雄, 北田宗弘, 古家大祐
    医薬ジャーナル社 2019年03月
  • 第2章 糖尿病合併症のしくみ 6.腎臓の構造とはたらき
    糖尿病ケア 2019春季増刊 病気のしくみ・合併症・治療による変化がわかる 糖尿病の病態生理イラスト図鑑(細井雅之編集)
    北田宗弘, 古家大祐
    メディカ出版 2019年03月
  • Ⅲ 食事療法 4.糖尿病腎症合併時
    糖尿病最新の治療 2019-2021(門脇 孝,荒木栄一,綿田裕孝編集)
    北田宗弘, 古家大祐
    南江堂 2019年02月

受賞

  • 2017年07月 金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 A very-low-protein diet ameliorates advanced diabetic nephropathy through autophagy induction by suppression of the mTORC1 pathway in Wistar fatty rats, an animal model of type 2 diabetes and obesity.
    北田宗弘
  • 2015年07月 金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 Role of sirtuins in kidney disease
    北田宗弘
  • 2014年 金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 Calorie restriction in overweight males ameliorates obesity-related metabolic alterations and cellular adaptations through anti-aging effects
    北田宗弘
  • 2013年09月 日本糖尿病合併症学会 第28回日本糖尿病合併症学会Young Investigator Award 糖尿病腎症の発症・進展機序の解明
    北田宗弘,
  • 2012年 金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 Resveratrol improves oxidative stress and protects against diabetic nephropathy through normalization of Mn-SOD dysfunction in AMPK/SIRT1-independent pathway. Diabetes. 60(2):634-643,2011.
    北田宗弘
  • 2019年 金沢医科大学医学会 金沢医科大学医学会「論文表彰」 A low-protein diet exerts a beneficial effect on diabetic status and prevents diabetic nephropathy in Wistar fatty rats
    北田 宗弘

競争的資金

  • S-アデノシルメチオニン(SAM)代謝の変異の糖尿病腎症の病態に果たす役割の解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2017年 - 2019年  
    代表者:北田宗弘
  • S-アデノシルメチオニン(SAM)代謝の変異の糖尿病腎症の病態に果たす役割の解明
    その他:ノバルティスファーマ研究助成
    研究期間:2017年 - 2017年  
    代表者:北田宗弘
  • たんぱく質制限の2型糖尿病腎症抑制効果の機序の解明~メチオニン制限と抗老化の観点から~
    その他:2016年度ノバルティスファーマ研究助成2016年度ノバルティスファーマ研究助成
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:北田宗弘
  • 糖尿病腎症の発症・進展におけるミトコンドリア恒常性の破綻と治療標的としてのサーチュインの意義の解明
    その他:(公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団調査研究助成金
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:北田宗弘
  • 血管内皮Sirt1による抗老化制御機構の解明
    その他:(一社)日本老年医学会ノバルティス老化および老年医学研究基金研究助成
    研究期間:2014年 - 2014年  
    代表者:北田宗弘
  • 高度たんぱく質制限の尿細管オートファジー活性化を介した糖尿病腎症抑制機序の解明
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2012年 - 2014年  
    代表者:北田宗弘
  • 血管内皮細胞Sirt1の高脂肪負担による内皮機能障害と耐糖能障害に対する改善効果とその機序の解明
    その他:ノボ ノルディスク ファーマ インスリン研究助成
    研究期間:2012年 - 2012年  
    代表者:北田宗弘


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.