詳細検索はこちら

初坂 奈津子 ハツサカ ナツコ

所属部署名眼科学, 特別研究部/環境原性視覚病態研究部
職名助教
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    加齢に伴う視機能低下について、眼球の変化、水晶体混濁変化、光の屈折異常や不正乱視の増加、眼球運動の変化など眼光学の分野中心に研究を行なっている。 また、現在増加している子供の近視眼の要因や、白内障眼に対する水晶体混濁と不正乱視との関係を調べており、眼球の変化に対する視機能低下を客観的に評価し、その要因を追求している。

専門分野

  • リハビリテーション科学・福祉工学
    中高齢者の両眼視線解析手法を用いた見え方の質に対する新指標

学歴

  • 金沢工業大学 工学部 人間情報工学科

学位

  • 工学士

所属学協会

  • 2009年国際眼科学会
  • 2009年日本眼科学会
  • 2009年日本眼光学学会
  • 2003年日本生体磁気学会

経歴

  • 2009年04月金沢医科大学眼科学講座 助教

研究活動情報

論文

  • Optical simulation for subsurface nanoglisteningY.Takahashi, T.Kawamorita, N.Mita, N.Hatsusaka, S.Shibata, N.Shibata, E.Kubo, H.SasakiJournal of Cataract and Refractive Surgery41:193-1982015年10月
  • 白内障の混濁病型からの矯正視力およびコントラスト視力予測(遠田詩野), 初坂奈津子, 坂本保夫, 三田哲大, 高橋 舞, 長田ひろみ, 久保江理, 佐々木洋日本白内障学会誌27:68-732015年06月
  • 白内障の混濁病型からの矯正視力およびコントラスト視力予測(遠田詩野), 初坂奈津子, 坂本保夫, 三田哲大, 高橋 舞, 長田ひろみ, 久保江理, 佐々木洋日本白内障学会誌27:68-732015年06月
  • Ⅰ部位別 前眼部 水晶体初坂奈津子臨床眼科68:87-932014年11月
  • Casey Eye Institute (CEI) camera による混濁水晶体画像の評価初坂奈津子, 佐々木一之, 河上 裕, 佐々木麻衣, 佐々木洋臨床眼科68:1413-14202014年10月
  • 日本人での10年間の長期観察例による水晶体透明度指数の予測三田哲大, 初坂奈津子, 渋谷恵理, 坂本保夫, 長田ひろみ, 稲垣伸亮, 柴田奈央子, 矢口裕基, 佐々木一之, 佐々木洋あたらしい眼科28:1503-15072011年10月
  • Evaluation of an Isosceles-Triangle-Coil phantom for magnetoencephalography(D.Oyama), Y.Adachi, N.Hatsusaka, T.Kasahara, M.Yumoto, I.Hashimoto, G.UeharaIEEE transactions on magnetics.47:3853-38562011年10月
  • 皮質白内障眼とWater cleftsの遠視化への影響初坂奈津子, 三田哲大, 渋谷恵理, 藤田信之, 稲垣伸亮, 柴田奈央子, 佐々木一之, 佐々木洋日本眼科学会雑誌115:848-8392011年09月
  • UV-B exposure to the eye depending on solar altitudeH.Sasaki, Y.Sakamoto, C.Schnider, N.Fujita, N.Hatsusaka, DH.Sliney, K.SasakiEye & contact lens.37:191-1952011年04月
  • 台湾人小児および中高齢者の眼軸長と眼屈折初坂奈津子, 岡本綾子, 河合淳至, 山代陽子, 坂本保夫, 田村美華, 中泉裕子, 佐々木一之, HM.Cheng, 佐々木洋眼光学ジャーナル14:23-252011年02月
  • 核白内障と水晶体屈折力初坂奈津子, 佐々木洋あたらしい眼科28:77-782011年01月
  • 紫外線から小児の眼を守る初坂奈津子小児科57:997-10022016年
  • 環境因子(紫外線)と白内障初坂奈津子日本白内障学会誌29:40-442017年
  • 疫学研究入門初坂奈津子日本白内障学会誌30:80-822018年
  • 福島第一原子力発電所事故後3年から5年における緊急作業従事者の水晶体所見初坂奈津子, 結城賢弥, 内野美樹, 坪田一男, 佐々木洋日本白内障学会誌30:57-602018年
  • スポーツにおける紫外線の影響について初坂奈津子, 佐々木洋MB OCULISTA58:32-362018年
  • Distribution of corneal spherical aberration in a Tanzanian population(Asano H), Hiraoka T, Seki Y, Shibata T, Osada H, Saruta T, Hatsusaka N, Fujikake F, Tabata Y, Mhina C, Sanyiwa A, Oshika T, Sasaki HPLoS ONE14:e02222972019年09月
  • Visual Function and Functional Decline in Patients With WatercleftsTanimura N, Hatsusaka N, Miyashita H, Shibata T, Ishida H, Kunisho A, Kubo E, Sasaki HInvestigative ophthalmology & visual science60:3652-36582019年08月
  • Association between ultraviolet radiation exposure dose and cataract in Han people living in China and Taiwan: A cross-sectional studyMiyshita H, Hatsusaka N, Shibuya E, Mita N, Ymazaki M, Shibata T, Ishida H, Ukai Y, Kubo E, Sasaki HPLoS One14:e02153382019年04月
  • 紫外線(UV)がリスクになる水晶体変化は何か?初坂奈津子日本白内障学会誌31:39-422019年07月

受賞

  • 2011年01月 日本臨床眼科学会 第65回日本臨床眼科学会学術展示優秀賞 皮質混濁眼の水晶体乱視-Reykjavik Eye Study-
    初坂奈津子,
  • 2009年12月 CCRG日本側世話人会 CCRG Travel Award Influence of nuclear opacity on intraocular higher-order aberrations
    N.Hatsusaka,

競争的資金

  • 眼部紫外線被ばく量指標としての瞼裂斑程度と老視発症との関係
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2016年 - 2018年  
    代表者:初坂奈津子
  • 眼部紫外線被ばく量指標としての瞼裂斑程度と老視発症との関係
    その他:ノバルティスファーマ眼疾患研究助成
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:初坂奈津子
  • 東京電力福島第一原子力発電所における緊急作業従事者の放射線被ばく量と水晶体混濁発症に関する調査
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金 分担研究 労働安全衛生総合研究事業
    研究期間:2013年 - 2015年  
    代表者:佐々木洋分担・連携研究者:初坂奈津子
  • 東京電力福島第一原子力発電所における緊急作業従事者の放射線被ばく量と水晶体混濁発症に関する調査
    厚生労働省:厚生労働科学研究費補助金 分担研究 労働安全衛生総合研究事業
    研究期間:2013年 - 2014年  
    代表者:佐々木洋分担・連携研究者:初坂奈津子
  • 中高齢者の両眼視線解析手法を用いた見え方の質に対する新指標
    文部科学省:科学研究費 若手研究(B)
    研究期間:2010年 - 2012年  
    代表者:初坂 奈津子


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.