詳細検索はこちら

大道 裕介 オオミチ ユウスケ

所属部署名解剖学Ⅱ
職名准教授
 
 

研究者基本情報

学歴

  • 愛知医科大学 大学院医学研究科博士課程(基礎医学系専攻)
  • 愛知医科大学 大学院研究生(生理学第二講座,痛み学(ファイザー)寄附講座)
  • 愛知医科大学 大学院研究員(痛み学(ファイザー)寄附講座)

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

  • 日本運動器疼痛学会
  • 日本理学療法士協会
  • 日本解剖学会
  • 日本疼痛学会
  • 国際疼痛学会

委員歴

  • 2018年11月- 2019年07月第41回日本疼痛学会 プログラム委員 大道 裕介

経歴

  • 2021年01月- 現在金沢医科大学 医学部解剖学Ⅱ 准教授
  • 2017年04月- 現在広島大学 医学部 客員准教授
  • 2015年01月- 2020年12月愛知医科大学 看護学部
  • 2015年01月- 2020年12月愛知医科大学 医学部解剖学講座 講師
  • 2007年07月- 2020年12月愛知医科大学病院 痛みセンター 理学療法士
  • 2017年07月- 2017年09月九州大学大学院薬学研究院 ライフイノベーション分野 私学研修員
  • 2008年11月- 2014年12月愛知医科大学 医学部解剖学講座 助教
  • 2011年04月- 2014年03月名古屋大学環境医学研究所 所外研究員
  • 2008年01月- 2008年10月愛知医科大学 医学部痛み学(ファイザー)寄附講座 助教

研究活動情報

論文

  • Sequential Expression of Chemokines in Chronic Subdural Hematoma Fluids after Trepanation Surgery.Koji Osuka; Yusuke Ohmichi; Mika Ohmichi; Takahiro Nakura; Kenichiro Iwami; Yasuo Watanabe; Shigeru MiyachiJournal of neurotrauma2021年01月
  • Changes in cardiovascular parameters in rats exposed to chronic widespread mechanical allodynia induced by hind limb cast immobilization.Takahiko Yoshimoto; Hiroki Sakurai; Yusuke Ohmichi; Mika Ohmichi; Atsuko Morimoto; Takahiro Ushida; Jun SatoPloS one16:e02455442021年
  • The superoxide scavenger tempol attenuates DNA oxidative injury and spontaneous pain-like behavior in chronic post-cast pain model rats.Yusuke Ohmichi; Mika Ohmichi; Munekazu NaitoBiochemical and biophysical research communications533:745-7502020年12月
  • Recurrent position and innervation pattern of recurrent peroneal nerve: A cadaveric study.Daisuke Mizuno; Kanae Umemoto; Kaori Fukushige; Yusuke Ohmichi; Takashi Nakano; Munekazu NaitoThe Knee27:1772-17772020年12月
  • Muscle Spindles in the Levator Palpebrae Superioris Muscle of Human Adults.Yasuhiro Takahashi; Yusuke Ohmichi; Patricia Ann L Lee; Munekazu Naito; Takashi Nakano; Hirohiko KakizakiThe Journal of craniofacial surgery2020年11月
  • Physical disuse contributes to widespread chronic mechanical hyperalgesia, tactile allodynia, and cold allodynia through neurogenic inflammation and spino-parabrachio-amygdaloid pathway activation.Yusuke Ohmichi; Mika Ohmichi; Ryoichi Tashima; Koji Osuka; Kaori Fukushige; Dominika Kanikowska; Yugo Fukazawa; Hiromu Yawo; Makoto Tsuda; Munekazu Naito; Takashi NakanoPain161:1808-18232020年08月
  • Analysis of the positional relationship between the left brachiocephalic vein and its surrounding vessels via computed tomography scan: A retrospective study.Hiroki Mitsuoka; Takahiro Arima; Yusuke Ohmichi; Munekazu Naito; Makiyo Hagihara; Takashi Nakano; Hiroyuki IshibashiPhlebology35:416-4232020年07月
  • Expression of Angiopoietins and Angiogenic Signaling Pathway Molecules in Chronic Subdural Hematomas.Taiki Isaji; Koji Osuka; Yusuke Ohmichi; Mika Ohmichi; Munekazu Naito; Takashi Nakano; Kenichiro Iwami; Shigeru MiyachiJournal of neurotrauma2020年06月
  • Anatomical relationship between the sagittal band and extensor tendon of the thumb: a focus on variations of the extensor pollicis brevis tendon insertion.Ryo Takahashi; Yusuke Ohmichi; Naoyuki Hatayama; Shuichi Hirai; Munekazu Naito; Takashi NakanoAnatomical science international95:356-3622020年06月
  • Positional relationship between medial canthal tendon and common canalicular orifice: A cadaveric study.Aric Vaidya; Yusuke Ohmichi; Munekazu Naito; Takashi Nakano; Hirohiko Kakizaki; Yasuhiro TakahashiAnnals of anatomy = Anatomischer Anzeiger : official organ of the Anatomische Gesellschaft227:151432-1514322020年01月
  • The left brachiocephalic vein 'spur': A cadaveric and contrast computed tomography study.Hiroki Mitsuoka; Munekazu Naito; Yusuke Ohmichi; Makiyo Hagihara; Kanae Umemoto; Ikuo Sugimoto; Takashi Nakano; Hiroyuki IshibashiPhlebology34:690-6972019年12月
  • Acupuncture Point "Hegu" (LI4) Is Close to the Vascular Branch from the Superficial Branch of the Radial Nerve.Kanae Umemoto; Munekazu Naito; Kaori Tano; Hayato Terayama; Taro Koike; Mika Ohmichi; Yusuke Ohmichi; Kou Sakabe; Takashi NakanoEvidence-based complementary and alternative medicine : eCAM2019:6879076-68790762019年
  • A case of pancake kidney with a single ureter in the retroperitoneal space.Kasuga Horai; Munekazu Naito; Tomiko Yakura; Yuka Furuya; Yusuke Ohmichi; Mika Ohmichi; Takayoshi Miyaki; Takashi NakanoAnatomical science international93:563-5652018年09月
  • Site specificity of mechanical and structural properties of human fascia lata and their gender differences: A cadaveric study.Shun Otsuka; Tomiko Yakura; Yusuke Ohmichi; Mika Ohmichi; Munekazu Naito; Takashi Nakano; Yasuo KawakamiJournal of biomechanics77:69-752018年08月
  • The Association Between Constipation or Stool Consistency and Pain Severity in Patients With Chronic Pain.Young-Chang Arai; Yukiko Shiro; Yasushi Funak; Kunio Kasugaii; Yusuke Omichi; Hiroki Sakurai; Takako Matsubara; Masayuki Inoue; Kazuhiro Shimo; Hironori Saisu; Tatsunori Ikemoto; Keiko Owari; Makoto Nishihara; Takahiro UshidaAnesthesiology and pain medicine8:e692752018年08月
  • Vascular branches from cutaneous nerve of the forearm and hand: Application to better understanding raynaud's diseaseK. Umemoto; M. Ohmichi; Y. Ohmichi; T. Yakura; N. Hammer; D. Mizuno; M. Naito; T. NakanoClinical Anatomy31:734-7412018年07月
  • Therapeutic effects of diclofenac, pregabalin, and duloxetine on disuse-induced chronic musculoskeletal pain in rats.Yusuke Ohmichi; Mika Ohmichi; Nobuhito Murai; Masaya Yasui; Nobuaki Takeshita; Hidehiro Oshibuchi; Munekazu Naito; Takashi Nakano; Jun SatoScientific reports8:3311-33112018年02月
  • Visual recognition of mirror, video-recorded, and still images in rats.Tomiko Yakura; Hiroki Yokota; Yusuke Ohmichi; Mika Ohmichi; Takashi Nakano; Munekazu NaitoPloS one13:e01942152018年
  • Jaw Exercise Therapy and Psychoeducation to Reduce Oral Parafunctional Activities for the Management of Persistent Dentoalveolar Pain.Izumi Makino; Young-Chang Arai; Shuichi Aono; Masayuki Inoue; Hiroki Sakurai; Yusuke Ohmichi; Kazuhiro Shimo; Makoto Nishihara; Jun Sato; Noboru Hatakeyama; Takako Matsubara; Tatsunori Ikemoto; Takahiro UshidaPain research & management2018:5042067-50420672018年
  • Integration of a Kampo medicine, Nijutsuto, and Western medical treatment in the treatment of long-term frozen shoulder refractory to Western medical treatment: a case series.Young-Chang Arai; Kazuhiro Shimo; Masayuki Inoue; Hiroki Sakurai; Yusuke Ohmichi; Takako Matsubara; Makoto Nishihara; Takashi Kawai; Tatsunori Ikemoto; Shinsuke InoueJournal of evidence-based complementary & alternative medicine20:157-612015年04月
  • Sex differences in the branching position of the nerve to the abductor digiti minimi muscle: an anatomical study of cadavers.Daisuke Mizuno; Munekazu Naito; Shogo Hayashi; Yusuke Ohmichi; Mika Ohmichi; Takashi NakanoJournal of foot and ankle research8:22-222015年
  • The efficacy of a multidisciplinary group program for patients with refractory chronic painMasayuki Inoue; Shinsuke Inoue; Tatsunori Ikemoto; Young-Chang P. Arai; Masatoshi Nakata; Atsuko Miyazaki; Makoto Nishihara; Takashi Kawai; Noboru Hatakeyama; Setsuko Yamaguchi; Kazuhiro Shimo; Hirofumi Miyagawa; Tomomi Hasegawa; Hiroki Sakurai; Yoshinobu Hasegawa; Yusuke Ohmichi; Takahiro UshidaPAIN RESEARCH & MANAGEMENT19:302-3082014年11月
  • Activated spinal astrocytes are involved in the maintenance of chronic widespread mechanical hyperalgesia after cast immobilization.Mika Ohmichi; Yusuke Ohmichi; Hitoshi Ohishi; Takahiko Yoshimoto; Atsuko Morimoto; Yuqiang Li; Hiroki Sakurai; Takashi Nakano; Jun SatoMolecular pain10:6-62014年01月
  • Treadmill running and static stretching improve long-lasting hyperalgesia, joint limitation, and muscle atrophy induced by cast immobilization in rats.Atsuko Morimoto; Handriadi Winaga; Hiroki Sakurai; Mika Ohmichi; Takahiko Yoshimoto; Yusuke Ohmichi; Takuya Matsui; Takahiro Ushida; Tadashi Okada; Jun SatoNeuroscience letters534:295-3002013年02月
  • The effect of celiac plexus block on heart rate variability.Young-Chang P Arai; Atsuko Morimoto; Hiroki Sakurai; Yusuke Ohmichi; Shuichi Aono; Makoto Nishihara; Jun Sato; Takahiro Ushida; Shinsuke Inoue; Makoto Kurisuno; Yuji KobayashiJournal of anesthesia27:62-52013年02月
  • 痛みセンターにおける慢性痛に対する心理療法の適用と有効性水谷 みゆき; 鈴木 千春; 大道 裕介; 櫻井 博紀; 森元 温子; 西原 真理; 牛田 亨宏; 新井 健一; 佐藤 純Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌27:175-1882012年08月
  • Two-week cast immobilization induced chronic widespread hyperalgesia in rats.Y Ohmichi; J Sato; M Ohmichi; H Sakurai; T Yoshimoto; A Morimoto; T Hashimoto; K Eguchi; M Nishihara; Y-C P Arai; H Ohishi; K Asamoto; T Ushida; T Nakano; T KumazawaEuropean journal of pain (London, England)16:338-482012年03月
  • Fuku shin, a kampo diagnostic procedure, could be one of useful diagnostic tools for anxiety disorders and depression.Arai YC P; Nishihara M; Sato J; Ushida T; Morimoto A; Sakurai H; Ohmichi Y; Makino I; Suzuki CInternational Journal of Genuine Traditional Medicine2:pp15.1-15.32012年
  • Frequency components of systolic blood pressure variability reflect vasomotor and cardiac sympathetic functions in conscious rats.Takahiko Yoshimoto; Kunihiro Eguchi; Hiroki Sakurai; Yusuke Ohmichi; Tatsuyuki Hashimoto; Mika Ohmichi; Atsuko Morimoto; Yoshiko Yamaguchi; Takahiro Ushida; Satoshi Iwase; Junichi Sugenoya; Takao KumazawaThe journal of physiological sciences : JPS61:373-832011年09月
  • Low rather than high dose lipopolysaccharide 'priming' of muscle provides an animal model of persistent elevated mechanical sensitivity for the study of chronic pain.Yoshiko Yamaguchi; Tatsuyuki Hashimoto; Hiroki Sakurai; Takahiko Yoshimoto; Yusuke Ohmichi; Atsuko Morimoto; Kohei Harimoto; Mika Ohmichi; Kunihiro Eguchi; Takao KumazawaEuropean journal of pain (London, England)15:724-312011年08月
  • 寒さを感じなくなった慢性痛患者に対する環境温曝露試験櫻井 博紀; 佐藤 純; 吉本 隆彦; 大道 裕介; 森本 温子; 新井 健一; 牛田 享宏Pain research : the journal of the Japanese Society for the Study of Pain = 日本疼痛学会誌26:11-182011年03月
  • 治療に難渋している慢性的な腰痛及び下肢痛に対する集学的アプローチの1例大須賀 友晃; 牛田 享宏; 新井 建一; 山口 力; 大道 裕介; 水谷 みゆき愛知医科大学医学会雑誌38:77-782010年12月
  • 筋侵害性モデルの若齢処置から慢性痛発症要因を探る検討櫻井 博紀; 橋本 辰幸; 大道 裕介; 吉本 隆彦; 山口 佳子; 熊澤 孝朗浜松大学保健医療学部紀要1:65-692010年03月
  • 慢性腰痛に対する各科のアプローチ 症例を通して 治療に難渋している慢性的な腰痛の一例大鳥 精司; 竹下 克志; 大須賀 友晃; 牛田 享宏; 新井 建一; 大道 裕介; 水谷 みゆき; 竹林 庸雄; 河野 達郎; 細井 昌子; 木村 慎二日本運動器疼痛研究会誌1:16-182009年10月
  • 筋侵害性モデルラットにおける長期痛み行動亢進への生後発達の関わり櫻井 博紀; 山口 佳子; 橋本 辰幸; 大道 裕介; 吉本 隆彦; 菅屋 潤壹; 熊澤 孝朗PAIN RESEARCH24:37-442009年02月
  • 筋傷害による慢性痛症モデル動物開発の試み橋本 辰幸; 櫻井 博紀; 大道 裕介; 吉本 隆彦; 江口 国博; 山口 佳子; 熊澤 孝朗PAIN RESEARCH20:15-202005年02月

書籍等出版物

  • 痛み学への誘い:序論. 痛み学 -臨床のためのテキスト
    名古屋大学出版会 2010年
  • 動いて改善.NHKきょうの健康9月号「ひざ・腰・肩の長引く痛み」
     2010年
  • 難治性疼痛に対する病態と治療. 慢性腰痛に対する集学的アプローチ. 中村耕三(総編集), 山下敏彦(専門編集). 腰痛クリニカルプラクティス. 整形外科臨床パサージュ1
    中山書店 2010年
  • 痛み学への誘い:序論. ペイン-臨床痛み学テキスト
    エンタプライズ 2007年

受賞

  •  愛知医科大学 名誉ベストティーチャー(基礎部門)
  •  愛知医科大学 ベスト授業賞(基礎部門)
  •  愛知医科大学 ベスト授業賞(基礎部門)
  •  愛知医科大学 ベスト授業賞(基礎部門)
  •  ポリモーダルクラブ学術優秀賞

競争的資金

  • 身体不活動による病的疼痛の光遺伝学的解析と理学療法効果の科学的検証
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2019年04月 - 2022年03月  
    代表者:大道 裕介; 内藤 宗和; 大道 美香
  • 習慣的運動による慢性痛予防機序の基礎的解明
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2017年04月 - 2021年03月  
    代表者:大道 美香; 内藤 宗和; 大道 裕介; 安井 正佐也
  • 慢性痛を防ぐ集学的治療の基盤開発―理学療法における精神薬物療法の併用法の検討―
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2016年04月 - 2019年03月  
    代表者:大道 裕介; 大道 美香; 安井 正佐也; 内藤 宗和; 押淵 英弘; 矢倉 富子
  • 機能性身体症候群にみられる病的疼痛と疲労の発症メカニズムの解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2016年04月 - 2019年03月  
    代表者:安井 正佐也; 大道 裕介; 大道 美香; 校條 由紀
  • 運動器慢性痛の発症予防プログラム開発のための基盤構築
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2014年04月 - 2017年03月  
    代表者:大道 美香; 大道 裕介; 内藤 宗和; 安井 正佐也
  • 運動器不活動後の広範囲慢性痛に対する新たな理学療法戦略構築のための基礎研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間:2013年04月 - 2017年03月  
    代表者:大道 裕介
  • 運動器不活動に伴う慢性痛発症予防に向けた運動処方開発のための基盤研究
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2011年 - 2013年  
    代表者:大道 美香; 大道 裕介; 大石 仁; 大迫 洋治
  • 病的疼痛行動を示す関節拘縮モデル動物の疼痛情報処理神経ネットワークの解析
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(B)
    研究期間:2010年 - 2012年  
    代表者:牛田 享宏; 大迫 洋治; 西上 智彦; 大道 裕介; 大道 美香
  • 運動器不活動に伴う慢性痛の病態責任解明に基づく新しい理学療法戦略
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(B)
    研究期間:2010年 - 2012年  
    代表者:大道 裕介
  • 慢性痛の発症とその維持に関わる因子を探る
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究期間:2008年 - 2010年  
    代表者:岩瀬 敏; 熊澤 孝朗; 大石 仁; 櫻井 博紀; 江口 国博; 牛田 享宏; 小崎 康子; 吉本 隆彦; 山口 佳子; 森本 温子; 大道 裕介; 大道 美香; 岩瀬 敏
  • 下肢不動化に伴う慢性痛の神経可塑性機序解明と治療に関する基礎的検討
    日本学術振興会:科学研究費助成事業 若手研究(スタートアップ)
    研究期間:2008年 - 2009年  
    代表者:大道 裕介

社会貢献活動情報

社会貢献活動



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.