詳細検索はこちら

平田 英周 ヒラタ エイシュウ

所属部署名病理学Ⅰ
職名講師
 
 

研究者基本情報

連絡先等

研究

    研究の概要:
    がんの進展や治療抵抗性に関わるメカニズムを、特に腫瘍微小環境の再編集に着目して明らかにする。

専門分野

  • 腫瘍生物学
  • 脳神経外科学

学歴

  • 京都大学 医学部
  • 京都大学大学院 医学研究科

学位

  • 博士(医学)

研究活動情報

論文

  • Extrinsic factors can mediate resistance to BRAF inhibition in central nervous system melanoma metastases(H.Seifert), E.Hirata, M.Gore, K.Khabra, C.Messiou, J.Larkin, E.SahaiPigment Cell & Melanoma Research29:92-1002016年01月
  • Future perspective of single-molecule FRET biosensors and intravital FRET microscopy.E.Hirata, E.KiyokawaBiophysical Journal111:1103-11112016年09月

競争的資金

  • 脳転移肺がん細胞の薬剤応答と初期耐性のキネティクス解析に基づく新規治療法の開発
    文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)
    研究期間:2017年 - 2019年  
    代表者:平田英周
  • 低悪性度グリオーマのリプログラミング技術を用いたエピゲノム解析
    文部科学省:科学研究費 分担研究 基盤研究(C)
    研究期間:2016年 - 2018年  
    代表者:荒川芳輝(京都大学)分担・連携研究者:平田英周
  • 脳転移がん細胞の休眠維持・破綻機構の解明
    その他:平成28年度(第45回)かなえ医薬振興財団 研究助成金
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:平田英周
  • 脳転移がん細胞の休眠維持・破綻機構の解明と新規治療法の開発
    日本医療研究開発機構(AMED):AMED研究費 次世代がん医療創生研究事業
    研究期間:2016年  
    代表者:平田英周分担・連携研究者:飯塚秀明
  • 力学的ストレスを生体内で可視化する
    その他:(公財)武田科学振興財団 2016年度医学系研究奨励
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:平田英周
  • 脳転移がん細胞の休眠維持・破綻の機構解明
    その他:(公財)北國がん研究振興財団 北國がん基金
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:平田英周
  • 脳転移がん細胞の休眠維持・破綻機構の解明
    その他:(公財)内藤記念科学振興財団 内藤記念特定研究助成金
    研究期間:2016年 - 2016年  
    代表者:平田英周
  • 脳転移がん細胞の休眠維持・破綻の機構解明
    その他:(公財)日本脳神経財団 平成27年度学術助成(一般公募)
    研究期間:2015年 - 2015年  
    代表者:平田英周
  • 脳転移がん細胞の休眠維持と破綻の機構解明
    その他:(公財)上原記念生命科学財団 研究助成金
    研究期間:2015年 - 2015年  
    代表者:平田英周


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.