詳細検索はこちら

真田 充 サナダ ミツル

所属部署名神経内科学
職名准教授
 
 

研究者基本情報

研究

    研究の概要:
    電気生理学的手法を用いた末梢神経疾患の病態解明に関する研究

学位

  • 博士(医学)

所属学協会

  • 2017年04月日本神経学会 代議員
  • 2017年04月日本末梢神経学会 評議員
  • 2017年04月日本糖尿病合併症学会 評議員
  • 2017年04月日本認知症学会 会員
  • 2016年04月日本神経学会 代議員
  • 2016年04月日本末梢神経学会 評議員
  • 2016年04月日本糖尿病合併症学会 評議員
  • 1998年04月日本脳卒中学会 会員
  • 1998年04月日本生理学会 会員
  • 1995年06月日本内科学会 会員
  • 1995年06月日本糖尿病学会 会員

経歴

  • 2005年07月- 2011年03月滋賀医科大学 神経内科 助教
  • 2011年04月- 2015年03月独立行政法人国立病院機構紫香楽病院 神経内科 その他
  • 2015年04月- 2015年12月金沢医科大学 神経内科 講師
  • 2016年01月金沢医科大学 神経内科 准教授

研究活動情報

論文

  • Relationship of systemic inflammation and cellular immunity with advancement of cognitive decline in patients with Alzheimer's diseaseUkichiro.Kawai, Nobuaki.Uchida, Miki.Oono, Michiyo.Fujita-Nakata, Megumi.Nakanishi, Mitsuru.Sanada, Shigemi.Nagayama and Makoto.MatsuiClinical&Experimental Neuroimmunology9:182-1882018年08月
  • Rheumatoid meningitis developed in patient with stable rheumatoid arthritis and myasthenia gravis-detailed analysis of intracranial inflammation using flow cytometryMiki.Oono, Yoshimasa.Fujita, Nobuaki.Uchida, Ukichiro.Kawai, Michiyo.Fujita-Nakata, Megumi.Nakanishi, MItsuru.Sanada, Shigemi.Nagayama and Makoto.MatsuiJournal of Neuroinflammation15:151-1562018年05月
  • A case of Mumps Virus Reinfection Manifesting as Severe Meningitis that Mimicked Tuberculous MeningitisMegumi.Nakanishi, Nobuaki.Uchida, Ukichiro.Kawai, Miki.Oono, Michiyo-Fujita-Nakata, Mitsuru.Sanada, Shigemi.Nagayama, Makoto.MatsuiJournal of Neuroinfectious Diseases8:22017年
  • 血管内皮機能検査真田 充自律神経54:234-2372017年
  • 第3章 大血管合併症とその関連疾患の病態・診断・治療 -脳血管障害の病態・診断・治療-真田 充最新醫學 別冊 診断と治療のABC124000:123-1302017年
  • Clinical phenotype and segregation of mitochondrial 3243A>G mutation in 2pairs of monozygotic twins(K.Maeda), H.Kawai, M.Sanada, T.Terashima, N.Ogawa, R.Idehara, T.Makiishi, H.Yasuda, S.Sato, K.Hoshi, H.Yahikozawa, K.Nishi, Y.Itoh, K.Ogasawara, K.Tomita, H.P.Indo, H.MajimaJAMA Neurology73:990-9932016年08月
  • 慢性合併症 糖尿病神経障害「糖尿病神経障害の成因」真田 充, 松井 真, 安田 斎日本臨牀74:223-2282016年04月
  • Autopsy case of severe generalized dystonia and static ataxia with marked cerebellar atrophy(R.Miyamoto), H.Sumikura, T.Takeuchi, M.Sanada, K.Fujita, T.Kawarai, H.Mure, R.Morigaki, S.Goto, S.Murayama, Y.Izumi, R.KajiNeurology85:1522-15242015年10月
  • 神経障害に伴う疼痛真田 充, 安田 斎最新医学70:124-1292015年07月
  • 糖尿病性神経障害の発症機序真田 充, 松井 真金沢医科大学雑誌40:104-1102015年
  • Inactivation of TNF-α ameliorates diabetic neuropathy in mice. Am J Physiol Endocrinol Metab. 301:E844-852, 2011.Yamakawa I, Kojima H, Terashima T, Katagi M, Oi J, Urabe H, Sanada M, Kawai H, Chan L, Yasuda H, Maegawa H, Kimura H.Am J Physiol Endocrinol Metab.301:844-8522011年04月
  • Multiple cerebral aneurysms caused by HIV-associated vasculopathy.Sanada M, Koizumi Y, Hodohara K, Kawai H.Internal Medicine49:2029-20302010年08月
  • Cholinergic modulation of periaqueductal grey neurons: does it contribute to epileptogenesis after organophosphorus nerve agent intoxication?Sanada M, Zheng F, Huth T, Alzheimer C.Toxicology233:199-2082007年11月
  • Cytosolic Ca2+ under high glucose with suppressed Na+/K+ pump activity in rat sensory neurons.Sanada M, Matsuura H, Omatsu-Kanbe M, Sango K, Kashiwagi A, Yasuda H.Neuroreport15:197-2012004年06月
  • Increase in intracellular Ca2+ and calcitonin gene-related peptide release through metabotropic P2Y receptors in rat dorsal root ganglion neurons.Sanada M, Yasuda H, Omatsu-Kanbe M, Sango K, Isono T, Matsuura H, Kikkawa R.Neuroscience111:413-4222002年06月

書籍等出版物

  • 虚血再灌流時皮膚血管拡張反応;血管内皮機能検査
    自律神経機能検査第5版(日本自律神経学会)
    真田 充, 松井 真, 安田 斎
    文光堂 2015年10月
  • 真田充. 急激な血糖管理後に発症した糖尿病性筋萎縮症への対処.
    糖尿病性神経障害:基礎から臨床のすべて
    真田充
    中山書店 2013年06月


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.